一般小説作品詳細

俺の彼女が120円だった件

81|恋愛・ラブコメ|連載中|128話|460,425文字

学園, 幼馴染, 恋愛, 青春, 陶芸, 成長, 男主人公, 一人称, 現代, 高校生, 純愛, 美少女

8,023 views

生徒総数は約2500人。一学年につき800人以上のマンモス校、屋代(やしろ)学園。
財閥や理事長の子も、誰もが知るようなアイドルも存在しない。大きい以外は至って普通の学校に通う米倉櫻(よねくらさくら)もまた、両親と共に暮らす普通の高校一年生だ。
幼馴染かつ片想いの相手、阿久津水無月(あくつみなづき)と過ごす進展の無い毎日。
そんなある日、櫻は運命的な出会いを果たす。

『夢野蕾(ゆめのつぼみ) ¥120』

コンビニで出会った店員のネームプレートに、どういう訳か値札が貼りついていた。


これは現実味のある懐かしさと面白さを描いたライトノベル。
思春期の男女による思い出と青春、そして成長の物語……。

(毎日午後8時に更新中。長編ですがエタることなく完結します)

もくじ

登場人物紹介

米倉櫻《よねくらさくら》


本編主人公。一人暮らしなんてことは全くなく、家族と過ごす高校一年生。

成績も運動能力も至って普通の小心者。中学時代のあだ名は根暗。

幼馴染へ片想い中だった時に謎のコンビニ店員と出会い、少しずつ生活が変わっていく。


「お兄ちゃんは慣れない相手にちょっぴりシャイなだけで、そんなあだ名を付けられた過去は忘れました。そしてお前は今、全国約5000世帯の米倉さんを敵に回しました」

夢野蕾《ゆめのつぼみ》


コンビニで出会った際、120円の値札を付けていた謎の少女。

接客の笑顔が眩しく、透き通るような声が特徴的。


「 ――――ばいばい、米倉君――――」

阿久津水無月《あくつみなづき》


櫻の幼馴染。トレードマークは定価30円の棒付き飴。

成績優秀の文武両道で、遠慮なく物言う性格。アルカスという猫を飼っている。


「勘違いしないで欲しいけれど、近所の幼馴染であって彼氏でも何でもない。彼はボクにとって腐れ縁というか、奴隷というか、ペットというか、遊び道具みたいなものでね」

冬雪音穏《ふゆきねおん》


陶芸部部長。常に眠そうな目をしている無口系少女。

とにかく陶芸が好き。暑さに弱く、色々とガードが緩い。


「……最後にこれ、シッピキを使う」

小説情報

俺の彼女が120円だった件

守田野圭二  sutano

執筆状況
連載中
エピソード
128話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
学園, 幼馴染, 恋愛, 青春, 陶芸, 成長, 男主人公, 一人称, 現代, 高校生, 純愛, 美少女
総文字数
460,425文字
公開日
2018年08月24日 18:29
最終更新日
2018年12月11日 20:00
応援コメント数
0

応援コメント一覧

応援コメントはありません

作者プロフ

守田野圭二  sutano

書籍化目指して頑張っております。
ツイッター→ https://twitter.com/nig0117

この作者の他の作品

小説

生徒総数は約2500人。一学年につき800人以上のマンモス校、屋代(やしろ)学園。...

81|恋愛・ラブコメ|連載中|128話|460,425文字

2018年12月11日 20:00 更新

学園, 幼馴染, 恋愛, 青春, 陶芸, 成長, 男主人公, 一人称, 現代, 高校生, 純愛, 美少女

TOP