五日目(月) 火水木天海が音楽家だった件

エピソード文字数 3,147文字

「――――って訳で改めてユッキーもツッキーも、陶芸部を大いに盛り上げるための火水木天海をどうぞ宜しく!」
「……こちらこそ」
「宜しく頼むよ天海君」

 適当な自己紹介を終え、昨日の宣言通り火水木が陶芸部へと入部した。部員が四人になることは歓迎だが、一対三という男女比率は立ち位置の危険を感じさせられる。

「……じゃあマミも、レッツ陶芸」
「オッス! オナシャス部長!」

 新入部員ができてウキウキな冬雪が粘土の塊を準備。人に見られるのが苦手な阿久津&教える域に達してない俺は特に手伝いもせず、読書に傍観といつも通りの部活動だ。

「まず荒練り」
「オッスオッス!」

 双子の妹だけあって、発言の所々にガラオタな兄の影響を感じる。
 随分と威勢の良い返事をしているが、順調なのは荒練りまでだ。菊練り入門の厳しさを味わうがいい。



 ―― 三十分後 ――



「……マミ、筋が良い」
「マジっ?」
「……マジ」

 何ということでしょう。
 そこには匠に褒められている新入部員の姿が。予想通り菊練りという初見殺しには苦戦していたものの、電動ろくろによる成形は割と上手にできているではありませんか。

「アイツ、器用だな」
「キミが不器用なだけじゃないかい?」
「勘違いするな阿久津。俺はまだ本気を出してないだけだ」
「強がりを言う暇があるなら、一緒に練習するべきだと思うけれどね」
「…………(携帯のマナーモード解除)」

『ターン! オッ、オーッ? タッ! クローズ! オーッ?』

「っ! げほっ! えほっ!」

 ガラケーのなきごえ。こうかはばつぐんだ。
 耳が痛くなった時に使えるなと思いつつ、貴重な阿久津の笑う姿を充分に堪能する。

「まあ、後輩ができる来年の四月までには上達するさ」
「だそうだよ音穏」
「……録音してなかった」

 あれ、ちょっと信用されなさすぎじゃね俺?
 少なくとも、今日は陶芸をする気にはならない。そういえばキノコを放置したままだったと思い出し、干してある窯場へと気分転換がてら回収に向かった。

「…………ふぅ」

 火の点いていない静かなガス窯の前で小さく溜息を吐く。悩みの種は言わずもがなだ。
 姉貴に聞いた話から察すると、恐らく300円とはこのストラップのことに間違いない。
 記憶には残ってないがそれが事実だとすると、気になるのは渡した相手が俺じゃなく姉貴だった件。可能性として考えられるのは、既に俺が辞めていて渡せなかった……とか?

「へー。ここが窯場なんだ」
「!」

 エプロンに粘土を付けたままの火水木が、興味津々に辺りを見回しながら現れる。同じエプロン姿でも胸の大きい女子が付けると、何かこう……違った良さがあるな。

「よう、お疲れさん」
「片付けがまだだけどね。ネックは何してんの?」
「忘れ物の回収」
「何でストラップなんて忘れるのよ?」
「色々あったんだから仕方ないだろ。それよりお前、映画見て俺が泣いたことは二人に絶対言うなよ?」
「えー、どうしよっかなー? 頼むなら頼み方ってものがあるんじゃない?」
「マジで勘弁してくださいお願いします。何でもしますから」
「ん? 今何でもって言ったよね?」

 それ絶対に言うと思ったわ。
 小悪魔めいた笑みを浮かべる火水木。これがあのガラオタだったら、間違いなく拳を握り締めていたと思う。

「そういうお前だって、一回目にアキトと見た時は泣いてたんじゃないのか?」
「な、泣いてないわよっ! ってかアンタこそ、それユメノンに言わないでよねっ!」
「は? 何を?」
「アタシがあの映画、実は二回目だったってこと! ユメノン、知らないんだから」

 確かに既に一度見たと言ったら、普通は誘われないもんな。
 嘘を吐いてまでコイツが映画を見に行った理由は、相生同様に『彼女の名は』が好きだったからか、はたまた別の理由なのかは聞かないでおこう。

「じゃあお互い内緒ってことで」
「そうね。ところでそっちのストラップ、もしかしてクラリ君じゃない?」
「知ってるのか?」
「だってアタシ、オーケストランが好きで吹奏やってたし」
「ん? お前吹奏楽部だったのか?」
「中学時代はね。こう見えて、割と楽器とか得意なんだから」
「ふーん……」
「アンタ、絶対信じてないでしょ? ちょっとそこで待ってなさい」

 中々に鋭い火水木は、そう言い残すなり駆け足で窯場を去っていく。やたらと絡んでくる面倒な新入部員の扱いに悩んでいると、一分もしないうちに小さなオカリナを手にした少女が戻ってきた。

「何でそんなの持ってるんだよ?」
「ずっと昔に兄貴から貰ったプレゼントなんだけど、色々便利だから持ち歩いてるの」

 何だかんだ言って、あのロリコンも妹に溺愛だったんじゃねーか。
 息を整えた後で、火水木がオカリナに唇を当てた。

「――――」

 静かな窯場にオカリナが響く。
 静かな入りから奏でられる旋律。その響きは例えるなら故郷を思わせるような感覚で、どこか儚く寂しげだが心を落ち着かせる音色だった。
 時々小さな息継ぎが聞こえる中、幻想へ魅入られ更なる深みを味わうために瞼を閉じる。
 気付けば火水木が一曲吹き終わり、自然と拍手をしている自分がいた。

「凄いな……知らない曲なのに、何て言うか物凄く胸に響いたよ」
「少しは見直した? 言っておくけどオカリナだけじゃなくて、ピアノは勿論ヴァイオリンだっていけるんだから。吹部の時はフルートだったし」
「そんなにできるなら、何で吹奏楽を続けなかったんだ?」
「屋代の吹部ってスパルタじゃない? アタシ、堅苦しいのは嫌なの。だから緩そうなパソコン部に入ったんだけど、何かオタサーの姫扱いされて面倒臭くて」

 それで辞めようとしたから、あの日アキトがパソコン部に呼ばれてたって訳か。
 これだけの演奏ができるなら、音楽部へ見学に行ったのも納得がいく。音楽が好きな癖にリコーダーしか吹けない俺からすれば、火水木の演奏能力は正直羨ましかった。

「なあ、他にも色々聴かせてくれよ」
「別にいいけどその前に一つ、ネックに聞いておきたいことがあるのよね」
「ん? 何だ?」
「単刀直入に聞くけど、アンタってユメノンのこと避けてない?」
「べ、別に避けてなんかないっての!」
「ツンデレみたいな反応とかいいから、正直に答えなさい」

 真剣な目をしている火水木だが、仮に俺が避けているとしたらそれは完全に無意識だ。
 どう答えるべきか少し考えた後で、胸に溜まっていた空気を吐き出してから口を開く。

「嘘は吐いてない。ただ、ちょっと接し方に困ってるところはあるな」
「何でよ? アタシみたいに、普通に話せばいいじゃん」
「そう簡単にはいかない事情が色々とあるんだよ」
「ふーん…………そっか」

 てっきり掘り下げてくるかと思いきや、火水木は納得したらしく妙な笑顔を見せた。

「そういうことなら、その色々な事情とやらをさっさと片付けなさいよ」
「ああ。ちょっとした用事もできたし、明日には俺の方から会いに行くさ」
「宜しい! ではもう一曲吹いてしんぜよう!」
「あ、ちょい待った。どうせなら阿久津達にも聞かせたいから、向こうで頼めるか?」
「ほいほいっと」

 Uターンする火水木と共に、静かな窯場を後にする。傍から見ていた彼女が避けていると思ったなら、恐らく本人はそれ以上に感じていたのかもしれない。
 幼稚園時代の仲良しを忘れていた小学二年生の俺の分と合わせて、彼女には明日謝りに行こう。300円の答えでもある、とっておきのプレゼントを用意して。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

米倉櫻《よねくらさくら》


本編主人公。一人暮らしなんてことは全くなく、家族と過ごす高校一年生。

成績も運動能力も至って普通の小心者。中学時代のあだ名は根暗。

幼馴染へ片想い中だった時に謎のコンビニ店員と出会い、少しずつ生活が変わっていく。


「お兄ちゃんは慣れない相手にちょっぴりシャイなだけで、そんなあだ名を付けられた過去は忘れました。そしてお前は今、全国約5000世帯の米倉さんを敵に回しました」

夢野蕾《ゆめのつぼみ》


コンビニで出会った際、120円の値札を付けていた謎の少女。

接客の笑顔が眩しく、透き通るような声が特徴的。


「 ――――ばいばい、米倉君――――」

阿久津水無月《あくつみなづき》


櫻の幼馴染。トレードマークは定価30円の棒付き飴。

成績優秀の文武両道で、遠慮なく物言う性格。アルカスという猫を飼っている。


「勘違いしないで欲しいけれど、近所の幼馴染であって彼氏でも何でもない。彼はボクにとって腐れ縁というか、奴隷というか、ペットというか、遊び道具みたいなものでね」

冬雪音穏《ふゆきねおん》


陶芸部部長。常に眠そうな目をしている無口系少女。

とにかく陶芸が好き。暑さに弱く、色々とガードが緩い。


「……最後にこれ、シッピキを使う」

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み