六日目(火) 夢野蕾が悪戯っ娘だった件

エピソード文字数 3,227文字

「…………………………はい?」

 外れって、何が?
 言葉の意味がわからずにいると、少女は立ち上がり笑顔を見せる。それはコンビニで見せる営業スマイルでもなければ、先程見せた無邪気なものでもない。
 例えるなら小悪魔というべきか……そういう類のニヤリとしたほくそ笑みだった。

「120円の時は、米倉君が私に桜桃ジュースをプレゼントしてくれたお返しだったでしょ? 今回の300円も同じ、私からのお返しだよ?」
「ちょ、ちょっとタイム。えっと…………」
「米倉君が私にお礼するんじゃなくて、私が米倉君にお礼したいの。300円のね」
「でもそれならクラクラは? 昔の呼び方ってのは――――」
「間違ってないよ」

 俺の唇を、少女の人差し指が優しく抑える。
 二週間ちょっと前、120円の桜桃ジュースを受け取った時と何一つ変わらない。

「私はクラクラの彼女であって、米倉君とは友達だから」
「…………?」

 いまいち言ってる意味が分からない。
 まるで俺とクラクラが別人みたいな言い草に悩んでいると、少女は呆れ半分に笑った。

「米倉君って真面目だよね」
「え?」
「そんな理由で、私の呼び方に悩んでたんでしょ?」
「なっ?」

 どうやら気付かれていたらしい。
 俺の心が見透かしていた少女は、こちらが言い訳する前に口を開く。

「私の一言なんて、そこまで気にしないでいいってば。わざと気になることばかり口にする、ただの構ってちゃんだよ。米倉君が思ってるより、ずっと性格悪いんだから」
「そうなのか?」
「うん。借りてた120円を、十年間返さないくらいにね」

 それは性格が悪いとは違う気がする。そもそもあれは貸したというより、あげたつもりだったんだけどな。

「じゃあ練習! 米倉君の好きな呼び方でいいから、私のこと呼んでみて?」
「ゆ、夢野さん」
「それは駄目」
「何故にっ?」
「だって米倉君、水無月さんのこと何て呼んでるの?」
「え? 阿久津だけど……」
「冬雪さんは?」
「冬雪」
「火水木天海」
「火水木」
「福沢諭吉」
「福沢」
「ね?」
「いやちょっと待てっ! 最後何かおかしいぞっ?」
「まあまあ、そんなノリで。はい、私は?」

 満面の笑顔を見せつつ、悪戯っ娘は自分を指さす。好きに呼んでいいと言いつつ選択肢はないらしく、俺はやれやれと溜息を吐いてから彼女を呼んだ。

「わかったよ、夢野」
「うん。今はそれでいいかな。そうだ。米倉君、携帯貸して」
「ん?」
「連絡先。まだ交換してなかったでしょ?」
「ああ、言われてみれば。赤外線は……できないんだったっけ」
「うん。私がアドレス打ち込むから」

 あんなに便利だったんだから、スマホにも赤外線通信が搭載されればいいのにな。
 言われた通り自分のデータを表示させたガラケーを手渡すと、夢野は操作しながら淡々とした口調で質問してきた。

「そういえば米倉君って、水無月さんのこと好きなの?」
「それ、前にバスケの練習試合で夢野と会った時にも、阿久津から同じようなこと言われたぞ? キミは彼女のことが好きなのかいってさ」
「何て答えたの?」
「修学旅行の夜に盛り上がる男子じゃあるまいし、躊躇いなく人の恋愛事情を聞くな」
「えー? じゃあもし私が米倉君のこと、好きって言ったらどうする?」
「梅じゃあるまいし、そういう誤解を招く発言は困るからやめい」

 口振りから冗談とすぐにわかったが、思春期男子にそういう挑発やら質問は勘弁してほしい。幼稚園の時でも仲良く話してたし、この三人って割と考え方とか似てるのかもな。
 そんなことを考えつつ、話題を変えようと周囲を眺める。改めて見ると屋上っぽさはないが、見える景色は中々のものだった。

「この場所って、音楽部全員が知ってるのか?」
「ううん、そんなに知らないらしいよ。私も葵君に教わったんだ」
「ほー。葵がねえ」
「芸術棟がFハウスから近ければ、ここでお昼も良いかなって思うんだけど……送信っ」

 携帯が少女から返却される。
 受け取った直後にメールが届き、そこには彼女の電話番号と簡素な一文が書かれていた。

『米倉君の誕生日って、バレンタインだったんだね♪』
「………………」

 そういや電話番号とかアドレスのところに、一応登録しておいたんだっけ。
 本命どころか義理ですらない「誕生日なんだ? じゃあ用意してあげる」という『同情チョコ』を渡される敗北感を避けるため、正直あまり知られたくはなかった。

「夢野の誕生日はいつなんだ?」
「私は九月八日だよ。だからこのトランちゃんは、一ヶ月遅れの誕生日プレゼントかな」
「それはそれで、何か恩着せがましい気がするな」
「ううん、凄く嬉しかったよ。ありがとう!」

 喜んで貰えて何よりだが、これで状況は振り出しに戻るか。
 過去の自分が300円の何を渡したのかボーっと考えていると、夢野がくすりと笑う。

「米倉君、考えてること顔に書いてあるよ」
「それはマズイな。消しゴムで消さないと」
「ふふ……じゃあ今回は特別に、私のお願いを聞いてくれたらヒントをあげよっかな」
「お願いってのは?」
「こう、両手広げてみて」

 頭上に?を浮かべつつ、言われるがまま身体で十字架を描くように両手を広げる。右指から左指までの長さが身長と同じになるらしいが、まさかそれを調べる訳でも…………。


 
 ――ギュッ――



「………………」

 ええと、落ち着いて状況を整理しよう。
 とりあえず目の前にいた少女が、どういう訳か身を寄せている。それも寄りかかるとかじゃなくて完全に向き合い、俺の胸に顔を埋める形で。
 更に彼女は両手を背中へ回している。つまり俺達の身体はピタリと密着していた。

「えっ? あ……えっ?」
「手、下ろしていいよ?」
「は、はいっ!」
「そうじゃなくて、背中に回してほしいな」
「――――っ!?」

 要するに抱き締めろという意味の他にはない。
 脳の処理が追いついたことで余計に混乱し頭が真っ白になる中、言われるがまま操り人形のように関節を曲げる。
 丁度頭一つ分くらい差のある少女の背中へ、ゆっくりと手を回した。

「!」

 ブレザー越しなのに、驚くほどに柔らかい。
 布越しに伝わる肌が、皮膚が、身体の全てが男の物と異なっている。阿久津もそうだったが、どうして女子というものはこんなにもプニプニなのか。
 あの時とは違い眠気こそないものの、思春期男子にこの状況を堪えろというのは中々に辛い話。強く抱き締めたい気持ちを必死に抑え、手を添えるだけに留める。
 ほんの数秒だったのか、はたまた数分だったのか。
 心臓が飛び出してしまいそうな勢いで時を刻む中、やがて終わりが訪れた。

「うん、ありがとう」

 きっと俺の心音は、彼女にも伝わっていただろう。
 ゆっくり手を下ろすと、少女も俺から手を離し一歩後ろへ。自分の顔が赤いと分かるくらいに熱くなっているが、抱きついてきた夢野は耳まで真っ赤になっていた。

「一回ね、こうやって男の人に抱き締められてみたかったんだ。ほら、米倉君って身長あるから……ゴメンね? 変なお願いごとしちゃって」
「い、いや全然?」
「じゃあ私、部活行ってくるね! トランちゃん、本当にありがとう!」
「あ、ああ。どう致しまして」

 ひょっとして彼女は、俺のことが好きなんだろうか?
 自意識過剰と思われそうな考えに葛藤していると、校舎へ戻った筈の少女が小窓から顔を覗かせる。

「言い忘れてた! 300円のヒントは、バナナだよ!」
「バナナ?」
「うん、バナナ! じゃあまたね!」

 シンプルなヒントを告げた少女は、仲間が待つ部活へと向かう。
 最後に見せられたとびきりの笑顔の意味を考えつつ、俺は小さな屋上を後にした。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

米倉櫻《よねくらさくら》


本編主人公。一人暮らしなんてことは全くなく、家族と過ごす高校一年生。

成績も運動能力も至って普通の小心者。中学時代のあだ名は根暗。

幼馴染へ片想い中だった時に謎のコンビニ店員と出会い、少しずつ生活が変わっていく。


「お兄ちゃんは慣れない相手にちょっぴりシャイなだけで、そんなあだ名を付けられた過去は忘れました。そしてお前は今、全国約5000世帯の米倉さんを敵に回しました」

夢野蕾《ゆめのつぼみ》


コンビニで出会った際、120円の値札を付けていた謎の少女。

接客の笑顔が眩しく、透き通るような声が特徴的。


「 ――――ばいばい、米倉君――――」

阿久津水無月《あくつみなづき》


櫻の幼馴染。トレードマークは定価30円の棒付き飴。

成績優秀の文武両道で、遠慮なく物言う性格。アルカスという猫を飼っている。


「勘違いしないで欲しいけれど、近所の幼馴染であって彼氏でも何でもない。彼はボクにとって腐れ縁というか、奴隷というか、ペットというか、遊び道具みたいなものでね」

冬雪音穏《ふゆきねおん》


陶芸部部長。常に眠そうな目をしている無口系少女。

とにかく陶芸が好き。暑さに弱く、色々とガードが緩い。


「……最後にこれ、シッピキを使う」

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み