初日(金) ハロウィン・ヒロイン・プロテインだった件

エピソード文字数 2,724文字

 三角関係という言葉は間違っている。
 AはBを好きだが、BはCに恋していた。一見何の問題もないように見えるが、この恋愛状況を△で結び付けるのは少しばかり変じゃないだろうか。
 何故ならCはAに恋していない。
 A(女)B(男)C(女)と性別を当てれば一目瞭然。逆の場合もまた然りだが、CとAは必ず同性になるためレズゥやホモォな展開になってしまう。
 ライバルという意味で線を引く場合もあるが、それは恋愛ではない上にAからCへも伸びる相互の矢印。画像検索してみると三角関係というよりはシクロプロペン関係だ。
 恋のトライアングルというくらいなんだから、恋愛以外の線を書き込むのはナンセンス。結局描いて完成するのは変なトライアングル……いや、デュオアングルと言うべきか。

「どうだっ?」

 そんな三角関係もといVの字関係の中にいるかもしれない米倉櫻(よねくらさくら)は、左手と右手に一本ずつチョークを持った三名の少女に向けて勝利のVサインを掲げていた。

「驚いたね。キミにこんな特技があったなんて」
「へー。ネック、やるじゃん」
「……上手い」

 語っている場所は陶芸室。しかし褒められているのは陶芸の腕ではない。
 少女達が称賛しているのは、俺が黒板に描いた三角形と円。それは左手で△を描きつつ右手で○を描くという難題を、四人の中で唯一クリアした証でもあった。

「……コツは?」
「うーん、そうだな……左手と右手の神経を切り離す感じだ」

 俺のアドバイスを聞いて、陶芸部部長の冬雪音穏(ふゆきねおん)が再挑戦。粘土の扱いはピカ一な彼女だが、描いた図形の出来は一番酷かったりする。
 大きく息を吐き出した少女がチョークを動かせばあら不思議。一度目同様に左手と右手の動きは綺麗にシンクロし、○と△と□が混じったような歪な形が二つ誕生した。

「……難しい」
「大丈夫だよ音穏。今の助言で上手くなったら驚きだ」
「待て阿久津。俺のアドバイスに問題があるって言うのか?」
「そんな人間離れした技はキミしかできないからね。別の比喩で例えられないのかい?」
「他に例えろって言われてもな…………そうだ! 実は冬雪の中にはもう一つの人格、千年粘土に眠る闇冬雪がいるってのはどうだ?」
「どこのデュエルキングよアンタは」
「まあ別にこれができたからと言って、何かの役に立つ訳でもないから構わないけれどね」

 そんな元も子もないことを口にした幼馴染、阿久津水無月(あくつみなづき)はポケットから棒付き飴を取り出す。構わないとか言っている割に、その表情はどことなく悔しそうに見えなくもない。

「もしかしたら就職に役立つかもしれないぞ?」
「えー、米倉ネックさん。特技は○と△を同時に描くこととありますが――」
「すいません。履歴書の名前が間違ってます」
「失礼しました、ヨネックラさん」
「リラックマみたいに呼ばないでください」
「それで○△同時書きが陶芸社において働く上で、一体何の役に立つんでしょうか?」
「はい。左手でメラゾーマ、右手でマヒャドを唱えることでメドローアが撃てます」
「メドローアですか……どうします部長? 副部長?」
「「……採用」」
「テレレレッテッテッテー♪ 櫻は年齢が上がった! 力が1ポイント下がった! 素早さが2ポイント下がった! 年金が3万G引かれた! 生命保険が2万G引かれた!」
「世知辛いなおいっ!」

 そこのガラオタ妹と阿久津はともかく、冬雪は絶対元ネタわかってない気がする。
 入部してから二週間ちょっと。すっかり陶芸部の一員と化した火水木天海(ひみずきあまみ)は、チョークで竜っぽい絵を描いた。音楽は得意でも絵心はないらしい。

「……部員、もっと増えてほしい」
「まあ四人になったっつっても、戦力は二人のままみたいなもんだしな」
「聞き捨てならないわネネック。アタシはまだ本気を出してないだけよ」
「人をミミックみたいに呼ぶな。そんなこと言ったら、俺だって本気出してないだけだ」
「本気どうこう以前に、二人とも遊んでばかりじゃないか」
「削りは好きだけど、菊練りが嫌なんだよな」
「陶芸は面白いけど、片付けが面倒なのよね」
「「…………」」

 視線を合わせた阿久津と冬雪が、困ったように溜息を吐いた。
 チョークを置いて窓の外を眺めると、パラパラと音を立てて雨が降っている。もし天気が晴れていたなら、俺達はこうして部室でダラダラと過ごしてなんていない。
 運動部の運動部による運動部のための祭り。
 そんな文化祭に続くリア充イベントなんて、本来なら俺には到底関係のない筈だった。

「体育祭も二回中止になったんだから、もう諦めていいと思わない?」
「「……賛成!」」
「少しくらいは運動もした方が良いと思うけれどね」
「「「うぐっ」」」
「?」

 阿久津は別に悪気があって言ったつもりじゃないようだが、体力不足&運動音痴&ぽっちゃりな各々には言葉の刃が深々と突き刺さる。
 本来なら先週の金曜に予定されていた体育祭は雨天により延期。予備日である今日も見ての通り中止となり、来週の金曜日にまで引き延ばされる始末だ。

「ユッキーが棒引きで、ツッキーはHR(ホームルーム)対抗リレーに出るんだっけ?」
「……(コクリ)」
「そうだね。天海君は確か、綱引きと棒引きだったかな?」
「YES! で、ネックは?」
「秘密だ」
「だから何で隠すのよ? やっぱムカデリレー? 転ぶの見られたくないんでしょ?」
「さあな」
「じゃあ騎馬戦だっ! 上半身裸が恥ずかしいんだっ!」
「そうかもな」

 既に先週先々週と二回も同じやり取りをしているのに、コイツもしつこい奴だ。
 仮にムカデや騎馬戦に出るなら、別に隠しなんてしない。口にするだけで筋肉が付くものだと勘違いして、生まれて初めてのプロテインを飲むこともなかっただろう。

「ねえユッキー、教えてくれたらコレあげる」
「お菓子で冬雪を買収しようとするな」
「あ! お菓子って言えばもうすぐハロウィンだけど、陶芸部って何かするの?」
「……考えてない」
「ハロウィンか……陶器でジャック・オー・ランタンを作ってみたら面白そうだね」
「駄目駄目! そんなんじゃ普段と変わらないじゃん!」

 引き出しの一つをお菓子入れにしている少女は、人差し指をピンと伸ばし左右に振る。
 彼女が言いたいことを察していたのは、どうやら俺だけらしい。

「ハロウィンって言えば、やっぱコスプレでしょっ!」

 平然と言い放った火水木の言葉に、二人はキョトンとした顔を見せるのだった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

米倉櫻《よねくらさくら》


本編主人公。一人暮らしなんてことは全くなく、家族と過ごす高校一年生。

成績も運動能力も至って普通の小心者。中学時代のあだ名は根暗。

幼馴染へ片想い中だった時に謎のコンビニ店員と出会い、少しずつ生活が変わっていく。


「お兄ちゃんは慣れない相手にちょっぴりシャイなだけで、そんなあだ名を付けられた過去は忘れました。そしてお前は今、全国約5000世帯の米倉さんを敵に回しました」

夢野蕾《ゆめのつぼみ》


コンビニで出会った際、120円の値札を付けていた謎の少女。

接客の笑顔が眩しく、透き通るような声が特徴的。


「 ――――ばいばい、米倉君――――」

阿久津水無月《あくつみなづき》


櫻の幼馴染。トレードマークは定価30円の棒付き飴。

成績優秀の文武両道で、遠慮なく物言う性格。アルカスという猫を飼っている。


「勘違いしないで欲しいけれど、近所の幼馴染であって彼氏でも何でもない。彼はボクにとって腐れ縁というか、奴隷というか、ペットというか、遊び道具みたいなものでね」

冬雪音穏《ふゆきねおん》


陶芸部部長。常に眠そうな目をしている無口系少女。

とにかく陶芸が好き。暑さに弱く、色々とガードが緩い。


「……最後にこれ、シッピキを使う」

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み