十二日目(金) 運動する時は悩んでる時だった件

エピソード文字数 2,965文字

「……負けた」
「あと少しだったんだけどな」

 勝負は夜空コンビ優勢で進んでいたが、ラスト30秒で機械から謎のコール。何かと思えば一回で3点という驚きのサービスタイムに突入した合図だった。
 そこからは全力で追い上げたものの、あと2点……つまり1ゴール届かず。勝った二人はハイタッチを交わし、満足そうな表情を浮かべている。

「……次」
「はい? 何でぃすか?」
「……リベンジマッチ」
「受けて立とうじゃないか」
「……こっち」

 冬雪の後に続いて移動すると、少女が立ち止まったのはレースゲーム。定番である亀の甲羅やバナナを投げる方じゃなく、シンプルなタイプのゲームだった。
 四つある運転席に各々が乗りこむと、各自マシンを選択する。全員で同じコースに合わせ、レースが始まる直前になってから困ったことに気付いた。

「冬雪。どっちがアクセルでどっちがブレーキだ?」
「……知らない」
「なあ、阿久津――――っ!」

 いつもの癖で、つい呼んでしまう。
 思わず言葉を止めた。
 無意識に取ったその行動に、自分自身が驚く。
 何でだ?
 どうして呼ぶのを躊躇う必要がある。
 春休みの一件があったため、確かに話しかけ辛くはあった。
 でも別に阿久津のことを避けていたつもりはない。
 いつも通り話そうと思えば、普通に話せる筈だ。

(…………)

 いや、違う。
 俺は阿久津に話しかけるのが怖かった。
 以前のように言葉を返してくれないのではないかと、不安でしかなかった。
 何にせよ、もう遅い。
 右隣の運転席に座った少女は、俺の方を振り向く。
 久し振りだった。
 少女の整った顔を、この距離で真正面から向き合うのは。

「利き足がアクセルだよ」

 阿久津は淡々と答えた。
 いつも通り、不敵な笑みを浮かべながら。
 その表情が普段より少し嬉しそうに見えたのは気のせいだろうか。

「お、おう! サンキュー!」

 シグナルが赤から青へと変わる。
 その瞬間、俺は左足を力強く踏んだ。



『ブーン』(走り出していく三台の車)



「あれっ? えっ?」
「ああ、そういえばキミは利き手は右だけれど、利き足は左だったのを忘れていたよ」
「阿久津お前っ! わかってて教えやがったなっ?」
「さあ、どうだかね。まあ4割はボクが悪かったかな」
「半分以上俺のせいかよっ?」
「それより音穏の車がコースアウトしているよ」
「冬雪ぃっ?」
「……難しい」

 俺は右足を強く踏み込む。イニシャルSの力、見せてやろうじゃねーか!



 ――五分後――



「まさかあそこから逆転するとは驚いたよ。ゲームの腕は相変わらずだね」
「屈辱でぃす」
「これで一勝一敗だな」
「……最後はこれ」

 冬雪が選んだのは、普通のゲームセンターでは見慣れない大型のゲーム。目の前に大画面があり、手元には山ほどのボールが用意されていた。

「どうやって遊ぶんだ?」
「……知らない」
「いいじゃないか。やってみよう」

 そう言うなり、阿久津が手元にあったボールの一つを画面に投げる。するとゲームが始まり『ストーリーモード』と『ボスチャレンジモード』が表示された。

「どっちにするんだい?」
「星華、ストーリーが見たいでぃす!」
「良いんじゃないか?」
「……(コクリ)」

 選択肢にボールをぶつけると物語が始まる。どうやらブロックデビルなる悪者を倒せということらしく、基本的に手元のボールを敵にぶつければ良いらしい。

「これ、対戦じゃなくて協力っぽくな――――」

 そう言いかけた矢先、いきなりゲームが始まった。
 唐突に目の前へ現れる大量の敵。あまりにも突然の出来事に、俺達は慌てつつボールを掴むと手当たり次第に投げて投げて投げまくる。

「やばばっ? 量が多過ぎでぃす!」
「画面右側はボク達が引き受ける。左は任せたよ」
「わかった! 行くぞ冬雪!」
「……頑張る」

 もうこの際、勝負なんてどうでもいい……というかそれどころじゃない。
 アーケードゲーム特有の難易度なのか、溢れ出てくる敵の量がヤバいのなんの。暫くすると画面上にあったゲージがMAXになり、ボタンを押せという指示が出た。

「「!」」

 慌てて真ん中に置かれていた砲台のボタンを俺と阿久津が押す。やや俺の方が早く押したため、阿久津の手が上から重なる……というより叩かれる形となった。

「っ! すまない。大丈夫かい?」
「問題ない! それより次が来たぞ!」

 今度の敵は耐久が上がっており硬いのなんの。マジで設定おかしいだろこれ。
 ただのゲームだというのに気付けばすっかり熱くなっており、徐々にHPを削られゲームオーバーになったものの全員一致で迷わずコンテニューを選択する。
 時には外に転がってしまったボールを慌てて拾いに行き、時には下手な鉄砲数打てば当たるとばかりに両腕でボールを大量に抱えて一気に投げつけた。

「……疲れた」
「う、腕が痛いでぃす」

 プレイヤーへのダメージも大きく、額から垂れてきた汗を腕で拭う。
 しかし俺達は死闘の末、ついにここまでやってきた。
 大画面に現れしは、全ての元凶ブロックデビル。それを見るなり、疲れ果てていた早乙女と冬雪も最後の力を振り絞ってボールを手に取る。

「うおおおおおおおっ!」

 俺達は投げた。
 投げて、投げて、投げ続けた。
 ボールは投げても、ゲームは投げなかった。

『ボタンを押せっ!』

「「!」」

 俺と阿久津の手が再び重なる。
 叩きつけるようにボタンを押すと、ブロックデビルは砲弾を浴びて倒れた。

「やった! これで終わりでぃすか?」

 やってないフラグになりそうな発言を早乙女がするが、第二形態はないらしい。
 平和が戻ったブロック王国のエピローグを眺めつつ、俺達は大きく息を吐いた。

「恐ろしい奴だったぜ、ブロックデビル」
「……勝った」
「何と言うか、予想以上に疲れるゲームだったかな」

 阿久津の言う通り、あまりにも疲れ過ぎて次のゲームをやる元気はない。チームヨネオンVS夜空コンビの三本勝負は、どうやら引き分けに終わったようだ。

「喉が渇いたね……ボクは飲み物を買いに行くよ」
「星華も行きます」
「……(コクリ)」

 阿久津はそう言うと、早乙女を連れて去っていく。
 その後ろ姿を眺めつつ、冬雪は小さな声で呟いた。

「……ミナ、前に言ってた。悩んだ時は身体を動かすに限るって」
「ん?」
「……ミナが運動する時は、悩んでる時」
「いや、常にそうとは言い切れないだろ」
「……少なくとも、今回はそう」
「?」
「……とにかくヨネは、前みたいに接してほしい」
「お、おう」
「……………………音穏」

 俺達の会話は聞こえていなかったと思うが、阿久津が立ち止まり振り返った。
 早乙女は先に行かせたらしく、一人になった少女は淡々と尋ねる。

「少しいいかい?」

 阿久津に呼ばれた冬雪が、チラリと俺を見た。
 その意図はわからない。
 ただ何となく、特にこれといった理由はないが俺は少女に礼を告げるのだった。

「サンキュー冬雪」
「……(コクリ)」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

米倉櫻《よねくらさくら》


本編主人公。一人暮らしなんてことは全くなく、家族と過ごす高校一年生。

成績も運動能力も至って普通の小心者。中学時代のあだ名は根暗。

幼馴染へ片想い中だった時に謎のコンビニ店員と出会い、少しずつ生活が変わっていく。


「お兄ちゃんは慣れない相手にちょっぴりシャイなだけで、そんなあだ名を付けられた過去は忘れました。そしてお前は今、全国約5000世帯の米倉さんを敵に回しました」

夢野蕾《ゆめのつぼみ》


コンビニで出会った際、120円の値札を付けていた謎の少女。

接客の笑顔が眩しく、透き通るような声が特徴的。


「 ――――ばいばい、米倉君――――」

阿久津水無月《あくつみなづき》


櫻の幼馴染。トレードマークは定価30円の棒付き飴。

成績優秀の文武両道で、遠慮なく物言う性格。アルカスという猫を飼っている。


「勘違いしないで欲しいけれど、近所の幼馴染であって彼氏でも何でもない。彼はボクにとって腐れ縁というか、奴隷というか、ペットというか、遊び道具みたいなものでね」

冬雪音穏《ふゆきねおん》


陶芸部部長。常に眠そうな目をしている無口系少女。

とにかく陶芸が好き。暑さに弱く、色々とガードが緩い。


「……最後にこれ、シッピキを使う」

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み