末日(月) 俺の彼女が300円だった件

エピソード文字数 862文字

 人の記憶というものは底が知れない。
 しかし例え容量が一ペタバイトあろうと古い記憶は新しい記憶に埋められていき、奥に眠っているものを引っ張り出すのは一苦労である。
 先日幼稚園に赴くことで蘇った思い出さえ、発掘できた自分に驚くくらいだ。

「………………マジかよ?」

 そんな愚かな生物である米倉櫻は今、雨が上がり紅に染まる雲の下を歩きながら、掌に収まる小さな機械の差し込み口を必死に弄っていた。
 右耳は音楽。
 左耳は無音。
 どうやら、イヤホンの線が切れてしまったらしい。
 帰宅後に自転車で買いに行ってもいいが、駅からなら少し遠回りするだけで済む。

「いらっしゃいませ」

 コンビニの中へ入ると、見知った女性店員が明るく出迎えた。
 軽く目で応えた後で吊るされたイヤホンの一つを選ぶと、客のいないレジに脚を運ぶ。

「あ、袋いらないんで」
「かしこまりました」

 財布から紙幣を取り出している間に、バーコードが読み取られていく。

「?」

 商品にシールを貼り付けた後で、少女は自分のネームプレートにも何かを貼った。
 気付けば貼られていた今までとは違い、わざと俺に見せつけるように。



『夢野蕾 ¥300』



「…………」
「1000円からお預かりします」

 何度か瞬きした後で、再び少女のネームプレートを確認する。
 見間違いではない。
 貼られている金額が、いつの間にか値上げされていた。
 百分率で言えば250%増し。今買った980円のイヤホンなら、何と2450円にもなってしまう『へぁっ?』って感じの超絶インフレである。
 えっと……つまりどういうことなんだこれは?

「20円のお釣りと、レシートになります」

 動揺を隠せずにいる中で手を出せば、少女の柔らかい掌が重ねられる。
 まるで困っている俺を見て楽しむように、彼女はこれ以上ない笑顔で応えた。

「ありがとうございました。またお越しくださいませ」



 コンビニから出て来たのは、勇気を出しても迷走している男の姿だった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

米倉櫻《よねくらさくら》


本編主人公。一人暮らしなんてことは全くなく、家族と過ごす高校一年生。

成績も運動能力も至って普通の小心者。中学時代のあだ名は根暗。

幼馴染へ片想い中だった時に謎のコンビニ店員と出会い、少しずつ生活が変わっていく。


「お兄ちゃんは慣れない相手にちょっぴりシャイなだけで、そんなあだ名を付けられた過去は忘れました。そしてお前は今、全国約5000世帯の米倉さんを敵に回しました」

夢野蕾《ゆめのつぼみ》


コンビニで出会った際、120円の値札を付けていた謎の少女。

接客の笑顔が眩しく、透き通るような声が特徴的。


「 ――――ばいばい、米倉君――――」

阿久津水無月《あくつみなづき》


櫻の幼馴染。トレードマークは定価30円の棒付き飴。

成績優秀の文武両道で、遠慮なく物言う性格。アルカスという猫を飼っている。


「勘違いしないで欲しいけれど、近所の幼馴染であって彼氏でも何でもない。彼はボクにとって腐れ縁というか、奴隷というか、ペットというか、遊び道具みたいなものでね」

冬雪音穏《ふゆきねおん》


陶芸部部長。常に眠そうな目をしている無口系少女。

とにかく陶芸が好き。暑さに弱く、色々とガードが緩い。


「……最後にこれ、シッピキを使う」

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み