五日目(金) 手紙の差出人が意外だった件

エピソード文字数 2,794文字

 最後の最後で波乱万丈だった体育祭も、無事に閉会式を迎え解散する。
 始まる前は地獄としか思っていなかったが、何だかんだで平和的に終わって本当に良かった。正直な話、食品販売の店番をさせられただけの文化祭よりは楽しめたと思う。
 そして何よりも忘れてはいけない、とっておきのイベントが俺には残っていた。

「……………………っ!」

 正面から見知らぬ女子生徒が歩いてくる。
 しかし少女はスマホを操作しつつ、俺の横を黙って通り過ぎていった。

(また外れか……これで何人目だ?)

 通りがかった女子生徒の人数でも数えていれば、少しは暇潰しになったかもしれない。
 手紙に書かれていた通り、俺はスタンド裏の広場で差出人を待っていた。花をつけていなければ桜もただの大木だが、プレートが掛かっているため判別はできている。
 先程から女子が通る度にチラリと視線を向けるものの、誰一人として当たりではない様子。桜の木は他にも数本植えられているが、それらしい姿はどこにも見当たらない。

(…………桜だったよな?)

 ひょっとしたら桃や梅と見間違えたのか不安になり、ポケットから手紙を取り出すと再確認。二、三回に渡り読み返してみるが間違いなく桜の木だ。
 仮にこのまま誰も来なかったら、やはり下駄箱を入れ間違えたと考えるべきだろう。ひょっとしたら通り過ぎた女子の中に、呼び出した少女がいたのかもしれない。
 渡辺を呼び出そうとしたら、一つ前の米倉の靴箱に入れていた。そんな可能性は充分にある訳で、きっと差出人も俺を見て内心では慌てふためいていたに違いない。

「さ、櫻君……?」
「っ? あ……何だ、葵か」

 背後から掛けられた高い声に、慌てて手紙を後ろ手に隠しつつ振り返る。てっきり女子が来たのかと勘違いしたが、そこにいたのは見慣れた友人だった。

「どうしたんだ? こんな所で」
「う、うん。櫻君に聞きたいことが……って、手紙の差出人が僕だったこと、驚かないんだね」
「…………は?」
「えっ?」
「ちょ、ちょっと待て葵。手紙って、まさかこれか?」
「う、うん……」
「THIS IS YOU?」
「さ、櫻君。文法がおかしくなってるよっ?」

 持っていた手紙を見せると、申し訳なさそうに頷いた葵。
 視線を何度か往復させてから、ラブレターではなかったことに溜息を吐き脱力する。

「ご、ごめんね! でも、どうしても櫻君に直接聞きたいことがあって……」
「何だよ?」
「そ、その……櫻君って好きな人とか……いる?」
「さあな」
「そ、そうだよね……そう簡単には教えられないよね……」

 誤魔化すように苦笑いを浮かべる葵。わざわざ呼び出すくらいだから重要な話かと思いきや、それこそ修学旅行の夜にでも話しそうな内容だ。
 ………………いや、ちょっと待て。
 こんな話がしたいだけなら、何でわざわざラブレターじみた手紙で呼ぶ必要があるのか。それも桜の木の下という、いかにも告白スポットと言わんばかりの場所で。

「ぼ、僕はね……いるんだ」
「?」
「す、好きな人がいるんだ」

 …………何だろう、この空気は。
 再確認しておくが相生葵は男子生徒だ。例え挙動や振る舞いが女っぽくても、女装コンテストで優勝していたとしても、性別は男のまま変わることはない。
 そりゃ冗談で女扱いすることはあるし、下手すりゃ一部の女子より可愛いと思う。しかし例え男の娘だろうと♂であり、少なくとも俺は恋愛対象として見たことはなかった。

「今日は櫻君にそれを伝えたくて呼んだんだよ」

 真面目な顔をした葵は大きく息を吐き出す。
 そして馬鹿みたいな勘違いをしている俺に向けて、聞き間違える余地もないくらいはっきりと言った。



 ――――僕、夢野さんのことが好きなんだ――――



 葵の言葉を聞いて、自分は一体どんな顔をしていたのだろう。
 安心だったのか。
 驚きだったのか。
 困惑だったのか。
 緊張だったのか。
 少なくとも心の中では、そういった感情が複雑に入り混じっていた。
 しかし最終的には納得に落ち着く。
 何故なら相生葵もまた、俺と同じ至極普通の高校一年生なのだから。

「こ、こんなこと突然言われても困るよね……でも最近になって櫻君、夢野さんの呼び方とか接し方が変わったでしょ?」

 幼稚園のボランティアに夢野を誘ったのも――。
 映画のチケットを夢野に渡したのも――。

「ひ、ひょっとしたら櫻君も、夢野さんのことが好きなんじゃないかって不安で……」

 別に葵は、俺と夢野を引き合わせようとした訳じゃなかった。
 この前のハロウィンパーティーだって、女装が嫌なら無理して来る理由もない。

「だから僕、知りたかったんだ。櫻君は好きな人が、夢野さんなのかどうか」

 弱々しいイメージだった少年は、真正面に俺を見据えつつ問いかける。
 米倉櫻が好きな相手は阿久津水無月だ。
 もしも夢野蕾のことを好きだとしたら、きっと彼女の提示した300円という思い出を死に物狂いになって探している筈だろう。
 そう自分へ言い聞かせるような確認をした後で、俺は葵の質問に対して静かに答えた。

「安心しろって。俺も好きな人はいるけど、夢野じゃない」

 不安そうだった表情がパァッと明るくなる。
 ほっと胸を撫で下ろす友人を見ながら、心の中では小さな疑問が沸いていた。

「そ、そっか……良かった。やっぱり櫻君は、阿久津さんが好きなんだね」
「勝手に阿久津って決めつけんなって」
「じ、じゃあ誰なの?」
「さあな」

 傍から見てもわかるものなのか、はたまた葵が鋭いだけか。見事に言い当てられたのを適当に誤魔化しつつ、話題を切り替える。

「それよりそういうことなら、こんなラブレターみたいな呼び出しは勘弁してくれよ」
「ご、ごめんっ! で、でも大切な話だったし、櫻君の口から直接聞きたかったから……」
「危うくお前が見た目だけじゃなくて、中身まで乙女なのかと思ったぞ? ホモォ」
「そ、そんなことないってば!」

 しかしこうなると結果的にはラブレターというより、果たし状に近かったかもな。
 無事に用件も済んだ葵は、広場の時計をチラリと見る。

「じ、時間取らせちゃってごめんね」
「全くだ。時間より俺のトキメキを返せ」
「そっちなのっ? こ、今度奢るから……」
「なら許す。まあ今日はお疲れ、また休み明けにな」
「うん、櫻君もお疲れ様。本当にありがとう!」

 礼を言った後で小さく手を振り、葵は駆け足で去っていく。
 そんな後ろ姿を眺めながら、俺の胸の中では消えることのない疑問が渦巻いていた。



 好きとは一体何なのか。
 俺と夢野との繋がりは、本当に単なる男女間の友情なのか……と。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

米倉櫻《よねくらさくら》


本編主人公。一人暮らしなんてことは全くなく、家族と過ごす高校一年生。

成績も運動能力も至って普通の小心者。中学時代のあだ名は根暗。

幼馴染へ片想い中だった時に謎のコンビニ店員と出会い、少しずつ生活が変わっていく。


「お兄ちゃんは慣れない相手にちょっぴりシャイなだけで、そんなあだ名を付けられた過去は忘れました。そしてお前は今、全国約5000世帯の米倉さんを敵に回しました」

夢野蕾《ゆめのつぼみ》


コンビニで出会った際、120円の値札を付けていた謎の少女。

接客の笑顔が眩しく、透き通るような声が特徴的。


「 ――――ばいばい、米倉君――――」

阿久津水無月《あくつみなづき》


櫻の幼馴染。トレードマークは定価30円の棒付き飴。

成績優秀の文武両道で、遠慮なく物言う性格。アルカスという猫を飼っている。


「勘違いしないで欲しいけれど、近所の幼馴染であって彼氏でも何でもない。彼はボクにとって腐れ縁というか、奴隷というか、ペットというか、遊び道具みたいなものでね」

冬雪音穏《ふゆきねおん》


陶芸部部長。常に眠そうな目をしている無口系少女。

とにかく陶芸が好き。暑さに弱く、色々とガードが緩い。


「……最後にこれ、シッピキを使う」

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み