十二日目(金) ラッキースケベが準急だった件

エピソード文字数 2,117文字

 久し振りのバスケで盛り上がる阿久津と早乙女を残して五階へ。夢野も一旦飲み物を取りにロッカーへ向かい、葵がそれに付き添ったため俺達はバラける形となった。

「先輩方、ビリヤードやりません?」
「いいわよ」
「……初めて」
「俺もやったことないんだが、どうやってやるんだ?」
「ルールは簡単なんで大丈夫ッス。ビリヤードなんて家庭科みたいなもんッスから」
「いや全然違うだろっ? ビリヤードやってる人に怒られるぞ?」
「針に糸を通すのと大して変わらないって意味ッスよ」

 またノリで言ってるのかと思ったら、今回はちゃんとした意味があったらしい…………まあ俺、裁縫苦手なんだけどさ。
 ビリヤード台に着くと三角形の木枠(ラックと言うらしい)を使って、1~9の番号が振られたボールをひし形に並べるテツ。聞いた説明をアバウトにまとめると、台に六つあるポケットと呼ばれる穴へ1から順に球を落とし、最後に9を入れた奴の勝ちだそうだ。 

「じゃあブレイクショット、失礼するッス」

 テツがキューと呼ばれる細長い棒で白い手球を突くと、固まっていた球に勢いよく衝突。乾いた良い音がした後で、手球を含めた計10個の球が散り散りになる。

「トールってば、上手いじゃない」
「球と棒を使うスポーツは得意なんスよ!」

 …………間違ってはないが、何か言い回しが下ネタに聞こえるんだよな。
 二番手は俺だが、どうにも1番の黄色い球は狙いにくい位置。適当に打ってみたものの先に朱色をした5番の球へ当たってしまいファールとなってしまった。
 こうなると次の火水木は好きな位置から始められるようで、手球を持った少女はどのポケットに入れようかと考えながら台の周りをうろつく。

「やっぱここッスか」
「そうね」

 正面にいるテツのポケット目掛けて、火水木はしっかり狙いを定める。
 前傾姿勢になりキューを構えた後でショットを打つと、カシュッという抜けた音。当たりどころが中心からずれていたのか、手球は斜めに数㎝動いただけだった。

「あちゃー、たまにやっちゃうのよねこれ。はいユッキー」

 1番に当たらなかったためファールとなり冬雪の番へ移るが、狙うポケットは変わらないようで先程火水木が置いた場所と大して変わらない位置へ手球を置いた。
 前傾姿勢になりキューを構えた少女は、優しくショットを打つ。手球が衝突して弾かれた黄色い球は、吸い込まれるようにポケットへと入っていった。

「おお」
「やるわねユッキー」
「2番はこれッスね」

 台を回り込んで青い球を指さすテツ。球を入れた場合は連続して打てるため、冬雪は再び前傾姿勢になるとキューを構えて狙いを定める。

『カンッ! コロンッ!』

「うおっ?」
「マジッスかっ?」
「凄っ! ユッキー、上手くないっ?」
「……偶然」

 まあ初心者だしビギナーズラックかと思ったが、少女は徐々に頭角を現し始める。3番を落としたのはテツだったものの、4番はまたも冬雪が入れていた。
 あまり運動は得意じゃなかった陶芸少女が、ここにきて思わぬ才能を発揮。心なしか本人も嬉しそうで、次なる球を落としにかかる。

「5番はこれッスね」
「…………?」

 わざわざ冬雪の正面になるよう台を回り込み、朱色の球を指さすテツ。先程からやっている一見親切な行動だが、別に移動せずとも指示的できる位置にいた筈だ。

『カンッ』

「うーん、惜しいわね」
「でもやっぱユッキー先輩、上手いッスね」
「……得意……かも?」

 手球の位置が悪いため、キューを背中に回して構えるという無駄に恰好いい打ち方を見せるテツ。冬雪の落とせなかった5番を狙ったが、当たりはしたものの落ちないまま俺の番になる。

「…………」

 俺の時には回り込まず、ただ横で見ているだけの後輩。そんな一挙手一投足に疑惑は濃くなりつつも、球を落とせないまま手番は終わった。

「さて、アタシの番ね」

 火水木の番になるやいなや、テツはさりげなく移動し少女の正面へと回り込む。
 そんな後輩についていった俺は、コイツの狙いをようやく理解した。

「!」

 ビリヤードは手球を打つ時に前傾姿勢になる。
 正面に回り込んで見える光景は、豊満な胸を持つ少女の谷間という絶景だった。

(あ、ネック先輩も気づいちゃいました?)

 火水木が打ち終わった後で、後輩から送られるそんなアイコンタクト。こちらも目で応えようとする前に、俺達のいるポケットを狙って今度は冬雪の番が回る。
 一応言っておくが、別に見ようと思った訳じゃない。偶然目に入っただけだ。

「「!」」

 相変わらず暑がりなのか、胸元の緩いTシャツを着ている冬雪。そんな少女が前傾姿勢になった結果、首元から艶めかしい鎖骨……そして白い下着がバッチリ見えた。
 つまるところがブラジャーである。ブラチラである。

(テツ)
(ネック先輩)

『カンッ! コロンッ!』

「「イエーイッ!」」
「何でユッキーが入れたのに、アンタらがハイタッチしてんのよ?」
「……いえーい」

 全く、ビリヤードは最高だぜ!
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

米倉櫻《よねくらさくら》


本編主人公。一人暮らしなんてことは全くなく、家族と過ごす高校一年生。

成績も運動能力も至って普通の小心者。中学時代のあだ名は根暗。

幼馴染へ片想い中だった時に謎のコンビニ店員と出会い、少しずつ生活が変わっていく。


「お兄ちゃんは慣れない相手にちょっぴりシャイなだけで、そんなあだ名を付けられた過去は忘れました。そしてお前は今、全国約5000世帯の米倉さんを敵に回しました」

夢野蕾《ゆめのつぼみ》


コンビニで出会った際、120円の値札を付けていた謎の少女。

接客の笑顔が眩しく、透き通るような声が特徴的。


「 ――――ばいばい、米倉君――――」

阿久津水無月《あくつみなづき》


櫻の幼馴染。トレードマークは定価30円の棒付き飴。

成績優秀の文武両道で、遠慮なく物言う性格。アルカスという猫を飼っている。


「勘違いしないで欲しいけれど、近所の幼馴染であって彼氏でも何でもない。彼はボクにとって腐れ縁というか、奴隷というか、ペットというか、遊び道具みたいなものでね」

冬雪音穏《ふゆきねおん》


陶芸部部長。常に眠そうな目をしている無口系少女。

とにかく陶芸が好き。暑さに弱く、色々とガードが緩い。


「……最後にこれ、シッピキを使う」

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み