その⑦

エピソード文字数 3,402文字

「まちがいない、あれはカルマン卿だ。まさか生きていたとは……」

「それにしても、彼はなぜここに?」
 
 一部の貴族たちの間で驚きと困惑のささやきがかわされる中、逃亡犯らしからぬ堂々とした足どりで歩を進めてきたカルマンは、やがて広間の一角で足を止めた。
 
 彼の前には黒檀造りの大きな演壇がある。
 
 ジェラード侯爵が自身の演説用に用意したもので、壇上に立てば広い会場を隅々まで見はるかすことができるものだ。

「ふむ、ここがいいな」
 
 低い独語を漏らすとカルマンは演壇にあがり、豪勢な宴の席を堪能している貴族たちの姿を一瞥した後、息とともに朗々たる声を口から放出した。

「お集まりの貴顕淑女の皆様。この場をお借りして、私カルマン・ベルドより皆様にご報告したいことがございます!」
 
 高く通ったその声でようやくカルマンの来訪を知った貴族の数は、来場者の八割にのぼった。

 フランツもその一人である。
 
 演壇に立つ青年貴族の姿を確認すると、フランツの脳裏でいくつかの記憶がいりまじり、やがて一人の人名が浮かんできた。
 
 直接の面識はないが、大逆犯の身内として国中に手配されている逃亡者の顔を、当然ながらフランツは記憶していたのだ。

「あの青年はたしか、ベルド家のカルマン卿では……?」
 
 たちまちフランツの面上に困惑の色が広がったのも当然である。手配中の逃亡犯が舞踏会の席上に姿をあらわすなど、およそ考えられることではないからだ。
 
 まして、ここはジェラード侯爵の屋敷である。
 
 ベルド家にとって宮廷社会における最大の政敵であった貴族であり、二ヶ月前には国軍の主将として一族そのものを討伐した、いわば仇敵の屋敷である。
 
 それだけにカルマンのまさかの来訪は、フランツを心胆から驚かせたのだ。
 
 むろん、それはフランツにかぎった話ではない。
 
 カルマンの来訪に広間を埋めつくす貴族たちは一様に驚き、声を失い、あ然とした顔を見交わしている。
 
 まさに言葉がないといった状況であるが、それでも屋敷の主人がうけた衝撃にくらべれば、フランツたちの心情などささやかなものだったかもしれない。

「そ、そなたは……!?
 
 あえぎにも似たその声に、壇上のカルマンは眼球だけを動かして視線を転じた。
 
 視線の先にいたのは、表情を蒼白にさせたジェラード侯爵だった。
 
 妻を捜すためにいったん広間を出ていたものの、執事の一人から事情を聞き、あわてて駆け戻ってきたのだ。
 
 そのジェラード侯爵。駆けつけてカルマンの姿を壇上に視認するなり声を失い、目玉をむいた。父親ほど面識はないものの、その長子たる人物を侯爵は記憶していたのだ。
 
 王宮、荘園、狩猟場、舞踏会。その他、貴族間のさまざまな会合の場で顔を合わせるたびに、父親ともども敵意にみちた声と視線を向けてきた青年貴族の顔を。
 
 炎上する城から自害を拒否してただ一人逃げだし、大逆犯の身内として国中に手配された逃亡犯の顔を。
 
 だが、それ以上にジェラード侯爵を驚愕させたのは、屋敷への来訪そのものにであった。
 
 正確には、屋敷の中に入ってきたことにである。
 
 今宵のジェラード侯爵の屋敷は、国王が臨席する予定であったこともあり、厳重すぎるほどの警備下にあった。
 
 自身の私兵団から選抜した精鋭五十人を邸内に配置したのにはじまり、敷地内や周囲の森にも獰猛な番犬をひきつれた兵士三百人を巡回させ、さらには敷地の南側に広がる湖にも、百人の兵士を船で湖上の警備にあたらせていた。
 
 ジェラード侯爵にしてみれば、「ネズミ一匹、忍びこむ隙間もない」ほどの警備体制を敷いたつもりであったのに、カルマンはその屋敷の中に堂々と乗りこんできたのだ。
 
 底知れない驚きに、侯爵が舌をもつれさせたのは当然であろう。

「そ、そなた、い、いったいどうやって屋敷に……!?
 
 毒々しい薄笑いがそれに応えた。

「じつは逃亡犯として追われる日々の中で、幸運にも天使と知り合いましてね。今宵はその天使に、空からこの屋敷に送迎してもらったのですよ」

「な、なにをふざけたことを!」

「フフフ。まあ、天使うんぬんは冗談ですが、人間を超越した存在と知己をえたのは本当でしてね」
 
 その声は他者に向けて発せられたというよりは呟き声に近かったため、ジェラード侯爵の耳には届かなかった。
 
 そのジェラード侯爵がさらに何事かを口にしようとしたとき、カルマンが機先を制した。
 
 ふたたび広間内の貴族たちに視線を転じると、高く通った声を発したのだ。

「お集まりの貴顕淑女の方々。ご承知のとおり、先般、わがベルド家は国王暗殺未遂といういわれのない嫌疑をかけられたあげく、国軍による討伐をうけました。しかし、わが父シャラモンにかけられた一連の嫌疑はすべて、用意周到に仕組まれた謀略にすぎません。そう、かの事件はすべて、ある勢力による奸計であったのです!」
 
 わずかな間をはさんで、またしても貴族たちはざわめきだした。
 
 彼らは一人として、バスク国内を震撼させた「あの事件」を忘れていなかったのだ。
 
 それはバスク国内が冬から春へと移り変わろうとしていた三ヶ月前のことであった。
 
 ベルド伯爵家の当主シャラモンは今宵のジェラード侯爵同様、自身の屋敷に国王ハルシャ三世をはじめとする複数の王族や、宮廷内でベルド派に属する貴族たちを招き、舞踏会を催していた。
 
 絢爛な舞踏会も半分を折り返した頃。シャラモンはハルシャ三世と一部の側近貴族を別室に誘い、そこで自身が所有する希少な年代物の葡萄酒を愉しもうとした矢先、その事件は起きた。
 
 誘われた貴族の一人が、自分が連れてきた飼い猫に冗談のつもりで葡萄酒をひと口だけ舐めさせたところ、その猫はたちどころに泡を吹いて死んでしまったのだ。
 
 場が騒然となったのは言うまでもない。
 
 しかも毒は葡萄酒のみならず、肴として特別に用意された料理の中にも混入していることが判明した。
 
 驚愕したシャラモンが屋敷の調理場に駆けこむと、そこでは屋敷で働く料理人たちが口から血と泡を吐いて倒れていた。
 
 彼らの足下には、割れたグラスの破片と葡萄酒の瓶と液体が飛散していた。
 
 中毒死であることは誰の目にもあきらかだった。

「シャラモン卿! 貴公は国王陛下の弑逆を画策し、あまつさえ、毒の混入を命じた料理人たちをも口封じのために害したのだなっ!?
 
 喪心したように立ちつくすシャラモンにそう糾弾の声を浴びせたのは、つい先日、ジェラード侯爵の閥から転じてきたバルツァイ男爵という中年の貴族であった。

「な、なにをばかなことをっ!?
 
 おもわぬ糾弾をうけて、シャラモンは声を震わせてわめいた。
 
 わめく以外、そのときの彼になにができたであろうか。
 
 その後の展開は早く、急報をうけた憲兵隊が屋敷に駆けつけ、たちまち本格的な調査がおこなわれた。

 毒殺未遂の状況証拠は十分すぎるほどであったが、肝心の物的証拠を見つけるためである。
 
 そして、それは邸内からすぐに発見された。

 シャラモンの書斎にあった黒檀造りの机の抽斗から、薄紙に包まれた毒薬の粉が見つかったのだ。
 
 シャラモンは身に憶えのない旨を必死に訴えたが、もはやその声に耳をかす者は誰もいなかった。
 
 かくしてベルド家は、王家の外戚という名門の家柄から一転、大逆犯という不名誉な烙印を家名に刻まれたあげく、シャラモンをはじめとする伯爵家の人間はすべての調査が終わるまで自宅での軟禁下におかれた。
 
 国軍兵に屋敷を包囲される日が一日、また一日と続く中、無実であることはすぐに判明するとシャラモンは考えていたのだが、事件の調査を担当した憲兵隊は、ベルド家が一族ぐるみで国王の弑虐を画策していたと結論づけた。
 
 その報告に激怒した国王ハルシャ三世は、女性や子供を問わず、すべてのベルド一族の人間に死罪を言いわたしたのである。
 
 これが貴族たちが記憶する、のちに「ベルド邸事件」と称されることになった国王弑逆未遂事件の顛末であった……。


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

○キリコ

本作の主人公。18歳。通称「聖キリコ」

人外の悪魔《御使い》との戦いのために教皇庁が極秘裏に組織した戦闘集団【聖武僧(セイント)】の一人


○グレアム枢機卿

ダーマ教皇庁の幹部司教の一人

次期ダーマ教皇の最有力候補

教皇庁内部組織の一つ【奇蹟調査局】の長官

○シトレー大司教

教皇庁の幹部司教の一人

奇蹟調査局の審議官

キリコの後見人的存在


○ルシオン大司教

バスク国教会の代表司祭

怪異現象【ヴラドの渇き】を目の当たりにして教皇庁に急報する

○フェレンツ大司教

教皇庁の幹部司教の一人

奇蹟調査局の審議官

大富豪一族フェレンツ家の出身


○カルマン・ベルド

バスク王国の名門貴族ベルド伯爵家出身の青年貴族

国王暗殺未遂の容疑で王国全土に手配犯として追われる


○ジェラード侯爵

バスク王国最大の貴族


○シェリル・ランフォード

バスク王国の貴族ランフォード男爵の令嬢

○フランツ・ランフォード男爵

バスク貴族ランフォード男爵家の当主

シェリルの父

○ヨブ・ファティマ

ダーマ神教の創始者にして預言者

万物の創造主ダーマより救世の啓示を受ける

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み