その④

エピソード文字数 1,722文字


 たしかに未然に惨事を防げず犠牲者をだし、《御使い》に転生したカルマン卿を捕り逃がしたのはいただけないが、それでも聖キリコはふたつの成果をあげた。

 ひとつは、早期のうちにカルマン卿にたどりつき、それをルシオン大司教に告げたことで、標的の一人であったバスク国王を復讐の魔手から救ったこと。

 もうひとつは、惨劇の中にあってランフォード男爵令嬢を救い、貴重な「生き証人」を得たことである。 

 とくにカルマン卿の一連の所業を証言できる人間を得られたことは大きい。
 
 大量殺戮犯としてカルマン卿を諸国に手配するとしても、それには事件の裏付けがとれる証人が必要である。

 事件の裏側を知る二人のうち、聖キリコは教皇庁にあって極秘の存在たる聖武僧。彼に証人としての役目を求められない以上、彼のかわりに公の場で証言できるランフォード令嬢の存在はきわめて重要である。

 大勢の犠牲者がでたことは痛ましいが、早期のうちにカルマン卿の正体を突きとめたことで、教皇庁としても多様な対応策を錬ることができる。

 それを考えれば、今回の一件はそれほど悲観する結果ではない。それがフェレンツ大司教の論じるところだった。

 言い終えると同時に猛烈な異議の声があがった。声の主は言うまでもない。

「な、なにを言われるか、フェレンツ卿。それは問題のすり替え……」

 だが、バーハイデン大司教は最後まで言い終えることができなかった。
 
 彼の周囲で、彼の異議の声を無視し、彼以外の大司教が意見をかわしはじめたのだ。

「なるほど。まるきり収支が赤字ということもないわけか」

「たしかにフェレンツ卿の言われるとおり、早期のうちに《御使い》を探しだした意味は大きいな。かの者がよけいな知恵をつけぬうちに、われわれとしてもいろいろな手が打てる」

「うむ。それに公の場に出せる証人を得たこともな。聖武僧の存在が極秘である以上、ランフォードなる娘の証言があれば、われわれとしても堂々とカルマン卿を手配できる」

 たちまち一変した場の空気に、バーハイデン大司教は困惑のあまり、両目をくるくると回転させた。
 
 それまで自分の主張に同調していたはずの同僚たちに、一転して「なかったこと」にされて、つい思考の波が乱れてしまったのだ。

 着地点を探して宙空をさまよっていたバーハイデン大司教の視線が、やがて一点に止まった。

 固定された視線の先にはフェレンツ大司教の秀麗な顔がある。

 殺気めいた視線、という表現があるなら、このときフェレンツ大司教に向けられたバーハイデン大司教の目つきがまさにそれであったろう。

 いまいましい口巧者な青二才め! フェレンツ大司教の顔に向けられるバーハイデン大司教の表情はそう叫んでいた。

 一方のフェレンツ大司教はというと、こちらはまさにしてやったりの様子で、バーハイデン大司教に鋭い眼光を突きつけられても、平然と微笑をたたえている。

 内心で舌を出している若い大司教の姿を想像したのは、おそらくバーハイデン大司教だけではないだろう。

 小さく咳払いをした後、グレアム枢機卿が声を発した。

「とりあえずバスク王国の件は、聖キリコがランフォード嬢をともなって帰還し、彼らから詳細な報告をうけた後に、あらためて協議をすることで私としては了としたいが、諸卿らの意見は?」

 グレアム枢機卿は大司教たちを見まわした。異を唱える者は誰もいなかった。

 枢機卿の発言が確認という形の決定であったこともあるが、実際、書簡での報告だけでは詳細を確認することはできないのだから、キリコたちの帰還を待つしかないのだ。

 一人バーハイデン大司教だけは一瞬、不本意そうな表情をつくったが、グレアム枢機卿はあえて気づかぬ態をよそおい会議の終了と解散を命じた。

「それでは今日の会議はここまでとしよう。皆、退さがってよろしい」

 安楽椅子から立ちあがり、うやうやしい一礼を残して大司教たちが退出する中、一人シトレー大司教だけが部屋に残った。

 会議の始まる前、終了後も部屋に残るようにグレアム枢機卿から言われていたのだ。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

○キリコ

本作の主人公。18歳。通称「聖キリコ」

人外の悪魔《御使い》との戦いのために教皇庁が極秘裏に組織した戦闘集団【聖武僧(セイント)】の一人


○グレアム枢機卿

ダーマ教皇庁の幹部司教の一人

次期ダーマ教皇の最有力候補

教皇庁内部組織の一つ【奇蹟調査局】の長官

○シトレー大司教

教皇庁の幹部司教の一人

奇蹟調査局の審議官

キリコの後見人的存在


○ルシオン大司教

バスク国教会の代表司祭

怪異現象【ヴラドの渇き】を目の当たりにして教皇庁に急報する

○フェレンツ大司教

教皇庁の幹部司教の一人

奇蹟調査局の審議官

大富豪一族フェレンツ家の出身


○カルマン・ベルド

バスク王国の名門貴族ベルド伯爵家出身の青年貴族

国王暗殺未遂の容疑で王国全土に手配犯として追われる


○ジェラード侯爵

バスク王国最大の貴族


○シェリル・ランフォード

バスク王国の貴族ランフォード男爵の令嬢

○フランツ・ランフォード男爵

バスク貴族ランフォード男爵家の当主

シェリルの父

○ヨブ・ファティマ

ダーマ神教の創始者にして預言者

万物の創造主ダーマより救世の啓示を受ける

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み