その③

エピソード文字数 1,888文字



「それでは次の事案に入ろう。先のバスク王国の一件について諸卿らに報告したいことがある。かの地のルシオン大司教を介し、先刻、同国に派遣した聖キリコから報告が届いた」
 
 グレアム枢機卿の声に、それまでの議論がひと段落してコーヒーを飲むなり、隣席の同僚と雑談をかわすなどしてわずかな休憩をとっていた大司教たちは、たちまち姿勢を正して枢機卿に向き直った。
 
 眼球だけを動かして彼らの顔を見まわし、グレアム枢機卿は言う。
 
 同国の貴族であったカルマン・ベルド卿が《御使い》として転生したこと。
 
 彼の一族を謀殺したジェラート侯爵が、復讐によって殺害されたこと。
 
 侯爵の屋敷を訪れていた多くの貴族がその巻きぞえになったこと。
 
 彼の復讐の矛先はバスク国王にも向けられていること。
 
 戦いの末、カルマン卿に逃走を許してしまったこと。
 
 キリコから聴取し、ルシオン大司教が記した報告書の内容がグレアム枢機卿の口から語られると、場に沈黙が降りかけたがシトレー大司教の問う声がそれを破った。

「それで、今、かの者はなにを?」

「聖キリコは現在、ルシオン大司教のもとに身をよせ、ただ一人の生存者たるランフォードなる貴族の娘を護衛しておるとのこと。準備が整いしだいランフォード嬢をともなってファティマに帰還するとのことゆえ、おそらくはもうバスクを発っている頃だろう」
 
 いずれその娘から、屋敷での惨事とカルマン卿について子細を質すことになろうという枢機卿の言葉に、いならぶ大司教たちが重々しくうなずいたとき。

 あきらかに場ちがいな、悦に入った声がその一角からあがった。

「しかし、これはとんだ失態でありませんか、シトレー卿?」
 
 という声の主は、もはや視線を向けるまでもなく他の大司教たちにはわかった。
 
 審議官の一人、バーハイデン大司教である。
 
 枢機卿を含めたすべての視線が向けられていることを確認し、バーハイデン大司教は軽く声調を整えて語をつないだ。

「《御使い》の正体を突きとめておきながら、否、しかも復讐に走るという行動までも看破しておきながら、惨事を防げずに大勢の犠牲者を出し、しかもそのカルマン卿とやらには逃げられてしまった。これは由々しき事態ではありませんか?」
 
 糾問めいたバーハイデン大司教の声には、隠しきれない愉悦の響きがある。
 
 ほら見たことか。バーハイデン大司教のシトレー大司教を見すえる表情はそう言いたげであった。

 否、明確にそう主張していた。
 
 口調こそカルマンの逃走を糾問し、事態を憂慮しているように聞こえるが、そのじつ競争者の失敗をただ喜んでいるだけなことは誰の目にもあきらかであったので、バーハイデン大司教が期待したほど同僚からの共感は得られなかった。
 
 とはいえ、バーハイデン大司教の思惑は別として、結果としてキリコがカルマンの正体を突きとめておきながら惨事を防げず、逃走を許したことは事実であったから、他の大司教たちも彼の意見に同調せざるをえなかった。
 
 シトレー大司教も率直にキリコの失態を認め、低頭した。

「たしかにご指摘のとおり、かの者の失態であることは事実。なんとも弁明のしようもありません。すべての責任は彼を推挙した自分にあります」
 
 恐縮した態のシトレー卿の姿を横目で見やり、気をよくしたバーハイデン大司教がさらに愉悦と糾問の濃度を高めた声を発しようとしたとき、それを封じた者がいた。

「さて、それはどうでしょうかね」
 
 という若々しい声の主は、もはや視線を向けるまでもなく他の大司教たちにはわかった。
 
 列席者中、最年少の審議官であるフェレンツ大司教である。
 
 あざやかな金色の髪を軽くかきあげて、若い大司教は円卓の一角に視点を固定させた。
 
 どこか皮肉っぽく光る碧眼が向けられた先には、やはりというべきか、バーハイデン大司教の顔がある。
 
 バーハイデン大司教のほうも、フェレンツ大司教の言葉と視線に「毒」を敏感に感じとったのだろう。
 
 それまでの悦に入った表情から一変。不快という言葉を顔中から噴きださせて、フェレンツ大司教の秀麗な顔を陰気な目つきで見返した。

「それはどういう意味かな、フェレンツ卿。今回の一件、貴卿は失態でないとでも言うつもりか?」

「たしかに失態ではあるでしょうが、それほど憂慮する必要もないということですよ」
 
 表情をわずかにひきしめて、フェレンツ大司教は自ら思うところを述べてみせた。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

○キリコ

本作の主人公。18歳。通称「聖キリコ」

人外の悪魔《御使い》との戦いのために教皇庁が極秘裏に組織した戦闘集団【聖武僧(セイント)】の一人


○グレアム枢機卿

ダーマ教皇庁の幹部司教の一人

次期ダーマ教皇の最有力候補

教皇庁内部組織の一つ【奇蹟調査局】の長官

○シトレー大司教

教皇庁の幹部司教の一人

奇蹟調査局の審議官

キリコの後見人的存在


○ルシオン大司教

バスク国教会の代表司祭

怪異現象【ヴラドの渇き】を目の当たりにして教皇庁に急報する

○フェレンツ大司教

教皇庁の幹部司教の一人

奇蹟調査局の審議官

大富豪一族フェレンツ家の出身


○カルマン・ベルド

バスク王国の名門貴族ベルド伯爵家出身の青年貴族

国王暗殺未遂の容疑で王国全土に手配犯として追われる


○ジェラード侯爵

バスク王国最大の貴族


○シェリル・ランフォード

バスク王国の貴族ランフォード男爵の令嬢

○フランツ・ランフォード男爵

バスク貴族ランフォード男爵家の当主

シェリルの父

○ヨブ・ファティマ

ダーマ神教の創始者にして預言者

万物の創造主ダーマより救世の啓示を受ける

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み