その①

エピソード文字数 1,250文字




「なんと、まさか教皇庁の地底(した)にこのような鍾乳洞があるとは……!?」
 
 まばゆいまでの白乳色に彩られた地底の世界に、フェレンツ大司教は感動したようにつぶやいたが、いつまでも感動している暇はなかった。
 
 対照的に無感動を絵に描いた足どりで、グレアム枢機卿とシトレー大司教が鍾乳洞内の道を進んでいったのである。
 
 気づいたフェレンツ大司教があわててその後を追う。
 
 滑りそうになる足下に注意しつつ、洞内の道を奥に向かって歩くことしばし。

 やがて最深部にまでいたったとき、三人の前にあらたな扉が待っていた。
 
 否、それは扉というよりは門と呼ぶべきものであった。
 
 花崗岩造りと思われるその石扉は、一見して高さは五メイル(五メートル)、幅も同程度はあろう。

 厚さまでは確認できなかったが、すくなくとも人為的に動かせる代物ではないことはあきらかである。
 
 それまで扉の表面を指でこすったり、手の甲でたたくなどしていたフェレンツ大司教はふと心づいて振り返り、視線の先に立つグレアム枢機卿に訊ねた。

「まさかとは思いますが、この巨大な石扉を、われら三人だけで開けるというわけではありませんよね?」
 
 グレアム枢機卿は薄く笑い、首を振った。

「いや、必要なのは二人だけだ。私とシトレー卿のな」

「二人だけ……?」

「まあ、見ているがよい。シトレー卿。そちらの水晶を頼む」

「はい、猊下」
 
 グレアム枢機卿とシトレー卿は左右に分かれると、そのまま石扉の両側に広がる鍾乳壁の前で足を止めた。
 
 このときになってようやくフェレンツ大司教は、壁面の一角に正方形状にわずかに窪まった箇所があり、その中に西瓜(スイカ)大の透明な水晶球がおかれていることに気づいた。 
 
 フェレンツ大司教が黙して見つめる中、グレアム枢機卿とシトレー大司教がそれぞれの水晶球に手をかざした、次の瞬間。たちまち二人の手から黄金色の光が生じ、水晶球をつつみこんだのだ。
 
 表面をおおった光はすぐに球体内に吸いこまれ、その中で光は乱反射をくりかえしながら、さらに増幅しているようにフェレンツ大司教の目には見えた。
 
 だが、彼が心胆から驚愕した理由はむろん別にある。

「こ、この光は、まさか……?」

「そう、聖光(オーラ)だ」

聖光(オーラ)ですと!?
 
 驚愕にひびわれたフェレンツ大司教の声は、それを凌駕する異音によってかき消された。
 
 巨大な石扉がにわかに動きだしたのだ。
 
 あまりのことに呆然とするフェレンツ大司教の目の前を、地鳴りのような擦過音を響かせながら左右双方向へゆっくりと開いていく。
 
 やがて完全に開ききったとき、扉の向こうには一度に四、五人通るのがやっとと思われる、細くて狭い洞穴が伸びていた。
 
 外の鍾乳洞とは異なり、洞穴の中にはランプのような光源はひとつもなく、漆黒の闇につつまれて奥の方はまるでうかがいしれない。


ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

○キリコ

本作の主人公。18歳。通称「聖キリコ」

人外の悪魔《御使い》との戦いのために教皇庁が極秘裏に組織した戦闘集団【聖武僧(セイント)】の一人


○グレアム枢機卿

ダーマ教皇庁の幹部司教の一人

次期ダーマ教皇の最有力候補

教皇庁内部組織の一つ【奇蹟調査局】の長官

○シトレー大司教

教皇庁の幹部司教の一人

奇蹟調査局の審議官

キリコの後見人的存在


○ルシオン大司教

バスク国教会の代表司祭

怪異現象【ヴラドの渇き】を目の当たりにして教皇庁に急報する

○フェレンツ大司教

教皇庁の幹部司教の一人

奇蹟調査局の審議官

大富豪一族フェレンツ家の出身


○カルマン・ベルド

バスク王国の名門貴族ベルド伯爵家出身の青年貴族

国王暗殺未遂の容疑で王国全土に手配犯として追われる


○ジェラード侯爵

バスク王国最大の貴族


○シェリル・ランフォード

バスク王国の貴族ランフォード男爵の令嬢

○フランツ・ランフォード男爵

バスク貴族ランフォード男爵家の当主

シェリルの父

○ヨブ・ファティマ

ダーマ神教の創始者にして預言者

万物の創造主ダーマより救世の啓示を受ける

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み