混沌譚四 蒼穹の果て

[SF]

104

2,174

0件のファンレター

第二ドームの植民領から独立を果たした元王国のラハーダ自治区。かつてレジスタンス組織〈ラハーダの自由〉を率いてラハーダを独立に導いたセベロ・アバスカルは、独立後は王室と手を結び新政府を樹立し、宰相の座に就いた。〈ラハーダの自由〉は反王室・反政府の立場を取り、セベロは嘗ての盟友たちと対立する立場となる。

〈先住民の血〉が〈ラハーダの自由〉に資金と武器を供与しているという噂を聞いたエドガルドとイーサンは、ティエラ山を発ちラハーダ自治区へ向かう。二人はラハーダ自治区で宰相アバスカル、都市人女性ユーニス、武器密輸商ジェラルドとその愛人アントニアらと共に巨大な陰謀に立ち向かう。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

混沌譚四 蒼穹の果て

神乃 佳月  Kazuki_Jinno

執筆状況
連載中
エピソード
14話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
ロマンSF, 混沌譚シリーズ
総文字数
34,541文字
公開日
2021年10月10日 21:12
最終更新日
2022年01月15日 12:10
ファンレター数
0