第31話 好きな服が幾つあっても良いのと同じで、好きな人間が何人いてもいい

エピソード文字数 2,957文字

「また会ったな」

 池永は緩慢な動作で振り返った。視線は鋭い。それにしても、俺の周囲にいる女性たちは、なぜ揃いも揃って視線が鋭いのだろう。不思議である。もう少し穏やかな女性がいても良いと思うのだが……。

「阿喰」池永は言った。「どうしてここに?」

「きみのあとを追っていたんだ」俺は正直に答えた。

 隣で苅部が慌てているようすだった。正直に答えたのが予想外だったのかもしれない。

「最低」池永は吐き捨てるように言った。

「最低というのは、俺の品位のことか? それとも、この状況のことか?」

「どっちも」なるほどな。「それで、どうしたいわけ? 苅部と一緒に、わたしを脅迫して、おかしなことをしようと思ってるの?」

「そんなことしないよ」苅部が声を挙げた。

「おかしなことってなんだ?」

 苅部は俺の質問に答えてくれなかった。

「なにその格好」池永は苅部に言った。「可愛いじゃん」

「ありがとう」苅部は普通の調子で言った。「いや、違う。そうじゃなくてね。あの人は誰? 彼氏?」

「なんで、あんたたちに教えなきゃいけないわけ?」

 実に正論だった。

「前に一緒に歩いていた人とは、違うみたいだね」苅部が精一杯の抵抗をする。

「前?」眉をひそめる。「前も尾行してたわけ? ストーカーじゃん」

「いや、俺たちではなくて」言おうと思ったが、しかし、柳井の名前を出すのは問題があると言えた。「とある人物が、きみの後を追っていたんだ。写真データもある」

「肖像権とか、そういうので訴えるよ?」

 そういうの、などという曖昧な表現をする人間が、司法の力を使えるとは思えない。大した脅威にはなり得ない。無視しても良いだろうと判断する。

「彼氏か? それとも売春か?」俺は端的に尋ねた。

「どっちでもいいでしょ」

「まったくもってその通りだ」俺は言った。

「もし彼氏だとしたら、複数彼氏がいるのは、まずいんじゃないかな」と苅部が言った。

「俺は、そうは思わない。好きな食べ物、好きな服が幾つあっても良いのと同じで、好きな人間が何人いてもいい」

「もう。阿喰くんは、誰の味方なのさ」

「誰の味方でもない」強いて言えば俺の味方だ。

 池永は、少し呆れたような表情をしていた。

「あんたたち、すっごく変」

「変なのは阿喰くんだけだから」苅部が裏切る。「僕はね、あんまり、ああいうの、良くないと思うなぁ」

 ああいうのって、なんだろう。苅部の曖昧な言葉には、いつも惑わされる。

「あんたの格好も公序良俗には違反してるでしょ」池永は苅部を指す。

「そうか? 俺は、似合っていると思うが」

「あんたは黙ってて」

 池永は俺と苅部の双方に『あんた』という二人称を使うため、ややこしくなりつつあった。

「それで、なんの目的で、わたしのあとをつけてたわけ?」

「さほど目的というものがあるわけではない」雑賀に命令されたから、というのが主な理由だと言えた。「強いて言えば、虐めという行為をやめて頂きたい。そのお願いに来た」

「ヨッシーのこと? あれは、里佳がやってることだから」

「里佳というのは誰だ?」

「一緒にいる、茶髪の子。わかる? 利倉里佳(りくら りか)」

「あいつが、いじめの主体というわけか」

「責任をなすりつけるわけじゃないけど、まあ、結構ひどいことやってるなぁって感じ」

「きみは一切の関係がないわけだな?」

「そこまでは言わないけど」

「池永さんも、利倉さんに虐められたりしてない? 大丈夫?」苅部は、やさしい口調で言った。「もし、困ってるなら、相談して欲しいな」

「何? あんた、良い人なの?」

「苅部は良い人だ」

「あんたは黙ってて」

 またもや俺の言葉は遮られてしまう。

「里佳は、なんていうかな、わたしの手下っていうか、子分みたいな」

「そう思っているのは、きみだけかもしれないぞ」

「そうかもね」あっさりと認める。「里佳に、吉井ちゃんを虐めるように言ったのも、わたしなんだ」

「大胆な罪の告白だ」俺は評価した。「その正直さは素晴らしい」

「ありがとう」意外と池永は素直なやつだ。「あのさ、ちょっと相談したいことがあるんだけど、いい?」

「俺と苅部、どちらに相談したいんだ?」

「苅部くん、と言いたいところだけど、まあ、あんたでもいいや」

 池永が場所を変えることを提案した。たしかに、ホテルの前でずっと喋っているのも、ホテルの営業にとっては迷惑なことかもしれない。池永が先導する形で、俺と苅部はその後ろを歩いた。

「どこへ向かっているんだ?」

「まあ、どこでも良いけど、軽く甘いものが食べられるところ」

「そこにコンビニがあるぞ」

「座りたいの」

 イートインのコーナーもあるけどな、と思った。

「僕は、アイスが食べたいなぁ」苅部は言った。「サーティワンとかどう?」

「遠い」池永は言った。「まあ、ついてきなさい」

 そのまま駅と隣接したショッピングモールの、十階へと移動した。レストラン街となっている。全体的に暗い雰囲気のフロアだった。照明がおとなしい。上品な感じを出したいのかもしれないが、俺としては、どちらかというとうらぶれているな、と感じてしまった。

 そのフロアの端に、軽食の食べられる店があった。もっとも店で押しているのは、ホットケーキのようだ。似たような種類のものがたくさんある。俺はピザを、苅部がチョコアイスを、そして池永はオーソドックスにホットケーキを注文していた。

 そういえば、パンケーキとホットケーキは、何が違うのだろう。

「ここ、あんたたちの奢りだからね」

「そうだったのか」困ったことになった。「苅部、幾らもってる? 借りて良いか?」

「ああ、うん、大丈夫。僕が出すよ。阿喰くんも、奢ってあげようか?」

「それは助かる」助かった、と心の底から思った。

「あんた、苅部のヒモなの?」

 俺は池永の言葉を無視した。まだ苅部に言うことがある。

「奢ってくれるというのは、本心からの言葉か? それとも、俺の頼みを断りづらい、ということではないか? 断りたいなら断ってくれても構わないぞ。虐めはしたくない」

「大丈夫だから」苅部は言った。「なんていうんだろう。憐れみかなぁ。阿喰くんって、全然お金持ってないみたいだし。僕は今月、あんまり使ってないからさ」

「受けた恩は体で返す」俺は言った。「なんでも命令してくれ」

「なんでもって言われたら困るけど……うん、わかった。なんか良いことをしてね」

「あんたたちの会話、志津子(しづこ)が喜びそうだわ」

「志津子って誰だ?」俺はきいた。

「島川志津子(しまかわ しづこ)。あの、髪が黒くて、長くて、吉井じゃないほう」

 ぼやんとは覚えていたが、顔は思い出せない。変なやつだったな、という印象だけはある。それはお互い様かもしれないが。

「それで、話ってなんだ?」俺は言った。

「うん、それなんだけどさ」池永は、小声で言った。「実はわたし、脅迫されてるんだよね」

 厄介なことになってきたぞ、と思った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み