第32話 愛というものは、何者にも制限されてはならない

エピソード文字数 2,954文字

「誰に脅迫されているんだ?」俺は当然の疑問を口にした。

「わかんないけど」池永は言った。「メールで命令されてる」

 いまどき、メッセージではなくメールとは、古風である。

「どんな風に?」と俺は尋ねた。

「あのさ、絶対に秘密にして欲しいんだけど」

「確約はできないが、約束しよう」

 最近、秘密が増加傾向にあった。このままでは、死ぬまでに言えないワードが増えすぎて、何も言えなくなってしまうかもしれない。

「阿喰くんのことは信用して大丈夫だよ」苅部は言った。「とっても変だけど、でも、純真な人だから」

「そうだ。俺は純真だ」

「自称純真なやつって、全然信用ならないけど……まあいいや」良いらしい。「実はね、わたし、木崎先生とつきあってるんだけど」

「そうか。それは良かったな」俺は言った。

 一瞬、木崎が誰か思い出せなかったが、ロッカーの鍵を管理している教師だと気づいた。

「良かったな、じゃないよ」苅部が言った。「先生とつきあうなんて、まずいと思うなぁ」

「そんなこと、どうでも良いだろう? 愛というものは、何者にも制限されてはならない。性別、年齢、職業、国籍、その他すべてのものは、愛の障壁になってはならないんだ」

「なかなか良いこというじゃん」と池永。

「その理念は立派だと思うけどさぁ。でも、世間一般的には、よくないと思うけど」

「苅部は、世間などという、些細なものに囚われているのか?」

「うん。囚われまくり」

 急に池永が吹きだした。

「どうした? パンケーキが喉に詰まったのか?」

 いや、彼女が頼んでいたのはホットケーキだったか、と頭の中で訂正する。いや、パンケーキだったかもしれない。まあ、どっちでも大差ない。

「あんたたち、わけわかんないね。バカみたい」

「貶されてしまった」ショックだ。

「褒めてんの」と池永。

 褒められていた。複雑な褒め方をするやつだった。

「ロッカーの鍵は、そういう入手経路だったのか」

「ロッカー? ああ、雑賀の靴の件? あれも、なかなか複雑でさ。命令されたんだよね。柳井に、雑賀の靴を捨てさせろって。それで、木崎先生に協力してもらって」

「鍵を借りたというわけか」

「そうなの。わたしも、虐めたくて虐めてるわけじゃないんだけど」

 困ったものだった。犯人だと思っていたやつが、実は犯人ではなかった。最初に柳井と会ったときもそうだ。これで事件が解決したと思ったら、その裏で糸を引いているやつがいる。問題が徐々に複雑化しているような気がした。

「木崎とは、どのようにつきあいはじめたんだ?」思いついたことをきいた。

「は? なんで、あんたたちに、そんなこと言う必要があるわけ?」

「事件の解決に役立つかもしれん」

「役立つとは思えないけど、まあ、なんとなく。成り行きで。格好良かったし」

「あ、わかるわかる」苅部は言って、しまった、という顔をした。「わかんないわかんない」

 苅部もなかなかに複雑な人間である。もう少し正直に生きれば良いのでは、と思う。

「脅迫メールの本文を見せてもらえないか?」

「良いけど。これね、誰かに見せたり、言ったりしたら、罰があるって話だから、絶対に秘密にしてよね」

「罰とは?」

「えっと」池永は顔を寄せてきた。

「キスでもするのか?」

「するかバカ」池永は言った。「耳を寄せなさい」

 俺と苅部は耳を池永に近づけた。

「あのさ、わたしが木崎先生のを、口でしてる画像がね、なんというか、流出したというか」

「口で何をしているんだ?」

「阿喰くんは黙ってて」苅部が微笑んだ。「その画像、なんで脅迫者さんが持ってるのかな」

 脅迫者にまで『さん』をつけるとは律儀なやつだ。

「わかんないけど。わたしが、裏アカで公開してたからかも」

「裏アカとはなんだ?」

「裏アカウントの略だよ」苅部が言った。「なんていうか、普段のアカウントが表アカ。普段は使わないで、陰口とか、エッチな画像とかをアップするのが裏アカ」

「それをして、何が楽しいんだ?」

「楽しいわけじゃないけど」池永は言った。「なんか、ちやほやされるし」

 ちやほやされるのを楽しんでいるらしかった。

「その脅迫者が池永を特定し、脅迫したというわけか」

「そうみたい。顔はちゃんと隠してたんだけどなぁ」池永は言った。「苅部たちも気をつけなよ?」

「僕と阿喰くんは、そういうのじゃないから」

「いや、そういう意味で言ったわけじゃなくて。単に、ふたりも気をつけろってことだったんだけど」

 池永は、なかなかに良いやつらしかった。

「さっき、男とラブホテルにいたのは、趣味か?」

「趣味なわけあるか。バカ」池永は怒ったようだ。

 それにしても、俺の周りにいる女は、皆、すぐに怒る。あるいは俺が怒らせているのか。

 池永は、わざとらしい溜息を吐いた。

「よく、こんなのと一緒にいられるね」

「慣れてるから」苅部は微笑んだ。

「趣味でないとしたら、なんだ?」俺は強引に話を元に戻した。

「だから、それも脅迫されてるんだって。男に体を売って、金を稼いでこいって」

「由々しき事態だな」俺は言った。「自分の意志で体を売るのであれば、それはそれで尊重されるべき選択だ。しかし、誰かによって命じられるのであれば、重大な人権侵害だと言える」

 本当はどうでも良かった。俺の人生にはなんの関わりもない。ただ、そういっておいたほうが、人間っぽいだろう、と判断したに過ぎない。

「ああ、うん、まあ、そうだよね」やけに歯切れが悪い。「実はさ、里佳のやつ、吉井ちゃんに売春させてるんだよね。わたしも隣で見てて、止めなかったから、罰が当たったのかなって」

「あっさりしてるね」苅部は言った。「辛くないの?」

「うん。まあ、辛いのかな。もう、よくわかんない。あんまり考えたくない。考えると、暗くなって、死にたくなるから」

 どうやら辛いようだった。

「考えて、対処したほうが良いだろう」俺は言った。「犯人に心当たりはないか?」

「いや、全然。わかんない。こんなことして、何の得になるんだろう」

「きみに売春させて、お金は得ているんじゃないか?」そこで思いついた。「犯人には、どうやって送金してるんだ?」

「送金はしてない。ただ、売春させられるだけ」

 不思議なこともあるものだった。いったい、なんの目的で、そのようなことをするのか。理解に苦しむ。

「うーん、僕、犯人、わかっちゃったかも」

「素晴らしい」俺は言った。「当たってなかったら殴るけど、いいか?」

「良くないよ。なんでそんな怖いこと言うのさ」

「冗談だ」俺は笑顔をつくった。成功しただろうか。

 前の席で池永は机に突っ伏し、苦しんでいるようだった。

「どうした? パンケーキがつまったか?」ホットケーキかもしれない。

「違う。あんたたちが、その、おかしいから。笑わせないで」笑わせているつもりはなかった。

「いい? 言うよ? 僕の推理なんだけどさ」

 そう前置きをして、苅部は話をはじめた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み