第12話 カメラを監視するカメラを監視するカメラを買えば良い

エピソード文字数 3,318文字

 放課後、俺たち四人は雑賀のロッカーを見るため、ロッカールームへ移動していた。他の学校で言うところの下足場に、各生徒のロッカーが置かれている。縦は五十センチ、横三十センチほどのロッカーが並んでいた。各ロッカーには、生徒番号のシールが貼ってある。

 下校ラッシュの時刻から十五分ほどずらしたので、下足場は空いていた。

 雑賀はダイヤルを操作して、ロッカーを開けた。

 ロッカーのなかには、体操シューズや、学校指定の体操服バッグなどが入っている。他の生徒も、ロッカーの中身は似たり寄ったりだろう。

「何か減っているものはないか?」俺は尋ねた。

「特には」雑賀はロッカーを漁りながら言った。「大丈夫」

「いま入れている荷物も、誰かに盗まれる可能性がある」俺は言った。「少しの間であれば、俺のロッカーに入れておいても構わない」

「それはどうも」しかし、雑賀は三秒後に表情を一変させた。「わたしの体操服の臭いを嗅ぐ気ですね?」

「俺は、きみの体操服にも、きみの体臭にも、些かの興味もない」

「わたしの体臭には興味あったよね?」ハーモニーが口を挟んでくる。

「香水がきついので、そこが気になっていたのは事実だ」

 俺は雑賀を見た。

「俺のロッカーが嫌なら、ハーモニーのロッカーにでも入れておけばいい」

「ちょっと待って」苅部が言った。「そもそもさ、ダイヤルの番号を再設定すれば、もう大丈夫なんじゃない?」

「なるほど」俺は言った。「しかし、念には念を入れて、なくなっても構わないもの以外は、待避させておいたほうが良いと思うが」

「わたしも阿喰に賛成」ハーモニーが言った。「逆に、囮として、何かを入れておくという手もあるけど。もう使わない、昔の靴とかないの? それを入れておいたら?」

「ある」雑賀は言った。「明日、持ってきましょう」

 俺は、ロッカールームを見まわした。玄関から直通ということもあり、常に誰かいる、とまでは言わないが、人通りは多いほうである。雑賀のロッカーは、ロッカー室の隅のほうにあるが、それでも、鍵を開けようと何度も挑戦していれば、通り掛かった人が不思議には思うだろう。

「どうやって犯人を見つけるかだが」俺は言った。「監視カメラをつけるのが良いと思う」

「無理でしょ」ハーモニーは即座に俺のアイディアを切り捨てる。「あんた、カメラを用意する金、あんの?」

「ないが」

「それに、勝手に設置するのは、いろいろ問題があるんじゃない。プライバシー的な」

 たしかに、もしも監視カメラを設置すれば、雑賀以外のロッカーが開かれるシーンも見てしまうことになる。設定されたダイヤルを録画できてしまうかもしれない。そうなると、悪用しようと思えばできかねない状況になる。

「カメラ自体が狙われるかもしれないしね」と苅部が言った。「カメラが盗られるよ」

「カメラを監視するカメラを買えば良い」我ながら、良いアイディアだ。

「じゃあ、カメラを監視するカメラが盗まれたら?」とハーモニー。

「カメラを監視するカメラを監視するカメラを買えば良い」

「バカがうつる。黙って」雑賀が言った。「今日は皆、ありがとう。解散にしましょう」

「あんた、ありがとうとか、言えたんだ」ハーモニーが言った。「びっくり」

「あなた以外のふたりに言ったの」と雑賀が返す。

「あ、そう。まあいいけど」ハーモニーは歩きはじめる。「じゃ、帰るわ」

 ハーモニーは、自身のロッカーへと移動して、靴を履き替えていた。俺と苅部、それに雑賀は荷物を教室に置いていたが、ハーモニーだけは、すぐに帰宅できるよう、肩掛けの鞄を持参していたのだ。周到なことである。

「ハミルさん」雑賀が言った。「あなたは、臭いがきついです」

「わたしは腋臭じゃない」ハーモニーは俺を指した。「こいつで試したし」

「そうではなくて、香水がきついの」

「それは失礼。けど、仕方ない」ハーモニーは手を振った。「じゃあね」

 ハーモニーは、玄関から外へ出ていった。

 三人になった俺たちは、なぜか見つめあってしまった。

「戻りましょう」

 雑賀の声に従い、移動することになった。

 教室に戻り、バッグを取った。雑賀は教室に残り、もう少し勉強をしていくようだった。

 校門で苅部と別れ、ひとり、帰路につく。電車に揺られながら、ぼんやりと考える。いったい、犯人は何の目的で雑賀の靴を盗んだのか。虐めか。単なる愉快犯ということも考えられる。雑賀のことが嫌いなのだろうか。もし嫌いだとして、その程度はどうなのだろう。いまはまだ、靴にしか被害は及んでいない。けれども、それが雑賀自身に向いたら、どうなるか。

 無駄なことばかり考えているな、と思った。妄想に過ぎない。このように思考を繰り広げたとしても、事件の解決には、なんの役にも立たないだろう。

 結局、その日は何も進展せずに終わった。

 そして翌日。

 五月十九日、金曜日。

 その日は、一時間目から体育だった。特別クラスの体育は、種目にもよるが、基本的には男女合同で行うと浜砂先生が言っていた。俺と苅部は、ロッカールームにて体操服バッグと運動シューズを回収し、グランドの端にある男子更衣室へと移動した。

 服を脱ぎ、袋から取りだした体操服を頭から被る。

 しかし、おかしい。引っかかって進まない。そして、洗剤の良い匂いがした。

「苅部、助けてくれ」俺は言った。「体操服が急に縮んだ」

「そんなバカなことあるわけないじゃん」苅部がこちらを見たようだ。「うわ、ちっさ。本当に縮んでるじゃん」

「急激に縮んだらしい。なんらかの妨害工作を受けている可能性もある」

 犯人に体操服をすり替えられたか、と想像した。

 苅部が近づいてきて、体操服を確認してくれる。

「やばいよ」と小さな声でつぶやく。

「何がやばいんだ?」

「これ、雑賀さんのだ」

「なるほど」俺は三秒考えた。「体操バッグを間違えたようだ」

 学校指定の袋は、男女ともに同じ色だった。雑賀がいつの間にか、彼女の体操バッグを俺のロッカーに入れていたらしい。俺は何も考えず、一番上に置かれていた袋を取ってきたのだ。

 雑賀の体操服を脱いだ。

 どうしたものかと思案していると、男子更衣室のドアが激しく叩かれた。

「いま着替えている」俺は言った。

 嘘ではない。俺は、まだ着替えていないが、苅部は下半身が下着の状態である。

「袋を間違えている」外から雑賀の声がした。「間違えて着たりしないように」

「時既に遅し」俺は雑賀にきこえないよう、小さな声で言った。

「開けます」そう言って、雑賀は男子更衣室のドアを開け放った。

「あ、ちょっと待ってよ」ボクサーブリーフ姿の苅部が、慌ててハーフパンツを履いた。

「汚いものを見せないでちょうだい」雑賀が苅部を睨む。

「見せてない。見られたんだよ」

「ほら、これだ」俺は体操服の入った袋を、雑賀に渡した。

 雑賀が持ってきていた、俺の体操服袋と交換する。

「着てないでしょうね?」

「着ようとしたが、引っかかって着られなかった」

「ああ、最悪」雑賀は言った。「着る前に気づきなさい。サイズがおかしいでしょう?」

「良い匂いだったぞ」雑賀は怒っているようなので、褒めておくことにした。

「なぜ臭いを嗅いだの」雑賀の怒りはさらに増したようだった。

「臭いを嗅いだわけではない。生きていれば呼吸くらいする。勝手に洗剤の匂いが、俺の鼻に入ってきただけだ」

「そのことを、言わなければ良いでしょう」

「姉に、怒っている女性は、とりあえず褒めておけと教わったので、その通りにしたまでだ」

「べつに怒ってない」雑賀は怒りながら言った。

 雑賀が去ったあと、俺は改めて自分の体操服に着替えた。

「雑賀の匂いがする」どうやら、雑賀も俺の体操服を間違えて着たようだった。

「それ、絶対に、雑賀さんには言わないようにね」そう言って、苅部は微笑んだ。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み