第36話 いやらしくはないと思う

エピソード文字数 2,673文字

 結局、木崎先生から話をきいてみたが、大したことはわからなかった。

 皆が、何者かに操られている。その正体については、皆目見当もつかない。

無我夢中……ではなくて、五里霧中といった感じだった。犯人の尻尾すら掴めていない。犯人には、尻尾など生えていないだろうけれど。

「どうしたものか」俺はつぶやいた。

 俺と苅部は、カウンセリング室の近くにある壁にもたれていた。浜砂先生は、すでにカウンセリング室に戻っている。

「どうしたら良いのかなぁ」苅部は俺の発言を真似する。「みんなが幸せになれる方法って、ないのかな?」

「壮大なテーマだな」俺は言った。「真の平等をいかに実現するか、か」

「そんな高尚なこと考えてないから。脅迫されてる人たち、みんな、可哀想じゃない」

「ある種、自業自得ではあるが、たしかに可哀想だ」ヨッシーだけは、自業自得でもないかもしれない。

「うーん」苅部が唸る。

「やっぱり、警察に相談するのが一番良いと思う」

 どこかのタイミングで、勇気を出して警察を頼るべきだ。そうすることで失われるものも多いだろう。けれど、そうしなければ根本的な解決にはならない。

 あるいは、もはや、警察に相談できるタイミングを逸しているのかもしれなかった。もっと早い段階であれば、大した問題にはならなかっただろう。犯人の要求も、最初は控えめなものだったに違いない。徐々にそれがエスカレートしていき、警察に相談できないようになってしまったのだ。

「ある種、チキンレースではある」俺は言った。「どこかのタイミングで、誰かがパンクする。命令をきかなくなる。そして、警察に駆けこまれたら終わりだ」

「実際、警察もどうなんだろうね。昨日も言ったけど、メールは匿名で送れるし」

「そうだった」

「海外のサーバーを使えば、足はつかないよ。そもそも、匿名でネットをするツールだってあるしね。そうなると、お手上げ。警察にできることは何もないよ」

「詳しいんだな」

「まあ、ちょっとね」苅部は微かに笑んだ。

 さて、どうしたものかと考えていると、携帯端末にメッセージが届いた。

 発信者は柳井である。『ご相談があるのですが』という短いメッセージだった。

『なんだ?』

『ちょっと、困った事態になっておりまして』

『だから、なんだ?』

『怒ってますか?』

『怒っていないが、なんだ?』

『やっぱり怒ってますね?』

『早く用件を言ってくれ。なんだ?』

 な、と押しただけで自動的に『なんだ?』と打てる。

『メッセージじゃ、ちょっと……。会えませんか?』

『いまは第三多目的教室の近くにいる。柳井はどこにいるんだ?』

『わたしも学校内にいます。すぐ、そちらへ行きます。近くにどなたかいらっしゃいますか?』

『苅部がいるぞ』

『できれば、ふたりきりでお会いしたいのです』

『了解』

 それにしても、バカ丁寧なメッセージだな、と思った。柳井は、もう少し砕けた感じの口調ではなかったか。そういう気分だったのかもしれない。人の口調というか、文調など、その日の気分次第で変わるものだ。ずっと同じであるほうがおかしいと言える。

 俺は端末を閉じ、隣に立つ苅部に言った。

「悪いが、帰ってくれ」

「どうして、急に、そんなこと言うのさ」

「いまから、柳井と話があるんだ」

「ふたりっきりで? 僕がいちゃまずいの?」

「そうらしい」

「なんか、やらしいなぁ」

「いやらしくはないと思う」たぶん。

「まあ、わかったよ。先に帰るね。また何かあったらメッセ送ってよ」

「了解した」

 苅部が教室に入っていき、すぐに荷物を取って戻ってきた。

「雑賀は?」

「もういなかったよ。帰ったんじゃないかな」

「そうか。じゃあ、気をつけてな」

「ばいばい」小さく手をひらひらさせる。

 苅部が去ってから、五分後に柳井がやって来た。手には荷物を持っていない。どこか暗い雰囲気だった。意気消沈、という四字熟語が相応しい。

「どうした? 体調でも悪いのか?」

「ううん、そういうわけじゃ、ないんだけど」

 いまにも泣きそうな雰囲気だった。

「俺では役不足かもしれないが、話ならきこう」

「この場合、力不足のほうが良いと思うけど」柳井は言った。「でも、うん、お話をきいてもらえると、助かるかな」

 俺と柳井は第三多目的教室へ入った。柳井が、教室から入ってすぐの席に座ったので、俺も隣に腰を下ろした。しばらく待っていたが、柳井は何も言わない。こうなれば我慢比べである。俺も黙っていた。そうして三分が経過して、ようやく柳井は口を開いた。

「あのさ、阿喰くんと雑賀さんって、つきあってるんだよね?」

「どうやら、そうらしい」

 まったく実感はわいていないけれども。

「じゃあ、困るかもしれない」

「困るのは誰だ? 俺か? それともきみか?」

「わたしは困ってるし、困るかもしれないのは阿喰くん」

 まるで暗号のような会話だった。もっとストレートに語って欲しいものだ。

「頼むから、わかりやすく言ってくれ」

 俺は普通の人々よりも、理解力が低いのだ。

「あのね、脅迫メールが送られてきたんだけど」

「池永からか?」

「ううん。そうじゃなくて、真犯人、みたい」

「内容は?」

「それがね」言いづらそうにしていた。

 柳井は端末を開いて、俺に渡してきた。

 犯人のアドレスは、無作為な文字列に、フリーメールのドメインがついていた。

『阿喰有史とキスをしろ。さもなければ、貴様の秘密が暴露されることになるだろう』

「こんなの、困るよね。だって、阿喰くんは、雑賀さんとつきあってるんだもんね」

「なるほどな」俺は言った。「きみの秘密とはなんだ?」

「そんなの、言えるわけないでしょ」

 秘密は、言えないから秘密なのである。もっともな話だった。

「その秘密は、どの程度危険なものだ?」

「知られたら、おしまい。死にます」

 周知されただけで死ななければならない秘密なんて、あるのだろうか。たとえば、既婚者が不倫をしているなど、そういう秘密が発覚すればダメージは大きい。けれど、死ぬほどのことではない。また、かつて人を殺しており、そのことを犯人に知られていたのだとしても、死ぬよりは警察に出頭したほうがましだろう。よくわからないものだった。

「阿喰くん……キス、してくれない?」
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み