第40話 傀儡のマトリョーシカ事件

エピソード文字数 2,950文字

「結局さ、なんだったんだろうね」苅部が言った。

 俺と苅部は、放課後、暇だったので教室でトランプをして遊んでいた。いまはババ抜きを行っている。ここまでの戦績は二十勝二十敗。良い勝負だと言えた。ふたりでするババ抜きは、すぐに決着がつくので、実にスリリングである。

「なにが、なんだったんだ?」俺は苅部の札を一枚取る。クソが。外れだ。ツノの生えているミッフィーを引いてしまった。

「柳井さんの事件。傀儡のマトリョーシカ事件だよ」これを命名したのは苅部である。「解決したのかな? なんか、よくわからないけど」

「池永、利倉、吉井は、まだぎこちないが、一緒に行動しているらしい」

 あとひとり黒髪の女がいたが、名前は思い出せない。

「誰も、救えなかったね。結局、みんな、傷ついたままだし」

「浜砂先生が、カウンセリングをしてくれているらしい。まあ、なんとかなるだろう」

 俺には、あの三人のことは興味がなかった。そもそも、大抵のことには興味がないと言える。

 苅部が俺の札を一枚引いた。おっと。ツノの生えたミッフィーが残ってしまった。

「あがり」札を机に投げ出す。「阿喰くん、すぐ顔に出るよね」

「しかし、良い勝負だぞ?」

 これで二十勝二十一敗だ。

「わざと負けてあげてたの」苅部は言った。

 そんなバカな。愕然とした。せざるを得なかった。

「柳井さんのしたこと、ひどいと思わない?」カードを集めながら言う。

「ひどいとは思う」特に、俺の千円を盗んでいったことは、万死に値すると言える。

 けれども、なぜか俺は柳井に悪感情を抱けなかった。不思議なものだ。

「結局さ、柳井さんを罰することなく、逃がしちゃって良かったのかな? また、海外でも、同じように人を操って、ひどいことをするんじゃないかな?」

「そうかもしれないが、仕方ない」俺は言った。「柳井は、そういう風にしか生きられないんだ。台風や、洪水のようなもの。自分でも制御が効かないんだろう。ただ、俺たちから離れてくれて、それで良かったということにしよう」

「うん、まあ、そうなのかもね」苅部は微笑む。「いろいろあったけど、阿喰くんは大丈夫?」

「いろいろ」いろいろすぎて、不明瞭だ。「大丈夫だと思う。きっと」

「傷ついてない? 雑賀さんに、ひどいことされたじゃない?」

 教室には、まだ雑賀が残っていた。俺たちの会話はきこえているはずだが、黙々と参考書に向かっていた。

「俺が、傷ついているように見えるか?」

「少し、元気がないように見えるけど」

「気のせいだろう。きっと。苅部が俺に感情移入しすぎなんだ」

「そうかなぁ。大丈夫? ご飯、ちゃんと食べてる?」

「毎日四食、しっかり食べている」

「それは食べ過ぎだから。また、いつものジョーク?」

「いや、我が家は、毎日四食あるんだ。朝、昼、帰宅後、夜の四食だ」

「へえ、豪華なんだね。お母さんも大変じゃないの?」

「料理はメイドがしてくれるので、母は大変ではない」

「メイドさんがいるの? あ、また、それもいつものジョークでしょ」

「ジョークじゃない。家に住み込みのメイドがいるんだ」

 苅部は俺の言葉の理解に時間が掛かっているようだ。復活するのに、五秒必要だった。

「えっと、阿喰くんの家って、お金もちなの?」

「家の財政状況については不明だ」

「豪邸だったりする?」

「普通のマンションだ。3LDKだけどな」

「へえ、変わってるね」

「変わっていなければ、ここにいない」

「そりゃ、そうかもね」

 そう言って、苅部は微笑んだ。

「ちょっといい?」不意に、雑賀が口を開いた。「苅部、帰ってもらえない?」

「急に何さ」

「阿喰と話があるの」

「そう。わかったよ」苅部は帰り仕度をはじめた。「阿喰くんを虐めないでよ?」

「虐めません」

「ならいいけど」苅部は俺のほうを向いた。「じゃあ、また明日」

 そう言って、苅部は去っていった。教室には、俺と雑賀のふたりが残されたことになる。

「話とはなんだ?」

「柳井の件ですけど。わたしは、あなたに、ちょっと、ほんの少しだけ、微妙に、若干、ひどいことをしたかもしれない、と思わなきにしもあらず」

 おかしな日本語だった。

「大したことではない。気にするな」

「本当に傷ついていないの? それとも、そういう風に振る舞っているだけ?」

「正直なところ、俺にもわからない。自分が傷ついているかどうかなんて、どうやって判断すれば良いのだろう?」

 雑賀は五秒黙り、言葉を発した。

「あなたは、わたしのことが好きですか?」

「好きか嫌いかで言えば、好きのほうに入る。きみは美しい。そして、話していて楽しい」

 雑賀は黙った。顔が赤く染まっていた。熱でもあるのかもしれない。

「わたしも、あなたのことは、嫌いではありません」

「それは良かった」嫌われていたとしても、構わないけれど。

「あなたが望むのであれば、また、嘘の恋愛をつづけてもよろしいですよ」

 俺は少し考えた。二秒、三秒と過ぎていく。九秒で思考はまとまった。

「魅力的な提案だが、遠慮しておこう」

「どうして?」雑賀が俺を睨む。

「雑賀の迷惑になるからな。偽物の恋人がいれば、なかなか真実の恋もしづらいだろう」

「迷惑ではありません」

「そうか、でも、やめておこう」俺は言った。「雑賀が俺のことを好きならばまだしも、そうではないのであれば、無駄だ」

「好きでなきにしもあらず」

「どっちだ?」理解に苦しむ。

「もういいです。さっきまでのは、全部嘘ですから」

「どこからどこまでが嘘だ?」

 俺に些細な罪悪感を覚えていた、というのも嘘だろうか。

 どうやら、雑賀の機嫌は悪くなっているようだった。

「ひとつクイズを出そう」

 雑賀は何も言わずに、俺の顔をじっと見た。

「日本で、もっとも生まれた人数の多い誕生日はいつか」

「一月一日でしょう?」雑賀は即答した。「そのクイズは、以前にもしました」

「そうだったか」

 うっかりしていた。俺は三秒考え、新しいクイズを思いついた。

「じゃあ、第二弾だ。平成生まれ限定で、もっとも生まれた人数の少ない日は?」

「え?」虚を突かれたのか、雑賀の動きが止まる。

 一秒、二秒とカウントしていき、七秒で再起動した。なかなか優秀だ。

「そうか、なるほど。平成は、一月一日から一月七日までは、少ないのね。そして一月一日は、帝王切開などが行われづらいから、一月一日が答え」

「その通りだ。すごいな。やるじゃないか」

 褒めておいた。

 まあ、本当は、二月二十九日なのだが。

「なかなか面白いじゃない」好評のようだった。「どこかのクイズ本で読んだの?」

「いや、たまに思いつくんだ」

「そう」

 雑賀は短く言って、黙った。六秒が経過する。

「阿喰くん」雑賀は不意に言った。「あなたのことが好きです。つきあいましょう」

 その質問に答えるまで、二十秒もかかってしまった。なかなかの難問だと言えた。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み