第09話 安心しろ。俺は二十八センチだ

エピソード文字数 2,634文字


 もはや靴とは形容できない状態のそれを手に教室に戻ると、雑賀がちらりとこちらを見た。雑賀は、いつもならば、すぐに視線を外す。けれど、今回は違った。俺が持っている靴に、雑賀の視線は注がれていた。

「ひとつきくが、きみの足のサイズは幾つだ?」

「二十二点五」

「本当か?」

「神に誓って」雑賀は言った。

 俺は靴だったものを床に置き、雑賀のほうへと近づいていった。

「ちょっと。何するの」

 俺は無言でしゃがみ、座る彼女の右足を掴んだ。

「信じられない。バカ。セクハラ。変態。やめなさい」

 自由な状態の左足で、やたらめったら蹴りはじめる。しかし、片足をつかまえている関係上、それほど踏ん張れないのだろう。大したダメージにはならなかった。

「鯖を読んだな」俺は雑賀の右足を解放した。「二十二点五センチの足じゃない」

「遠近法」どんな技だ。「それか、あなたの目がおかしいの」

「どうして嘘をついた?」

 雑賀は十秒ほど黙っていたが、観念したようで、ゆっくりと語りはじめた。

「足が大きいのが、コンプレクスだから」

「安心しろ。俺は二十八センチだ」

「あなたと比べないで」雑賀は言った。「わたしの身長は、百五十センチ。背の割に足が大きい。だから、ちょっと小さめに申告しただけ」

 ちょっとだろうか。

「身長も、実際のところは、百四十七センチくらいだと思うが」

「黙れ」

 どうやら雑賀は怒っているようだった。本来ならば、怒るのは、嘘をつかれた俺のほうではないかと思う。けれども、すべて許すことにした。俺は心が広いのである。

「あの靴、きみのだな」

「違う。見たことのない靴」しかし雑賀は言った。「どこにあったの?」

「飼育小屋の裏だ」

「制服、汚れてる」雑賀は俺のズボンを指した。「バカみたい」

「大したことではない」

 本当は、大したことあった。クリーニング代は、俺の残り少ないお小遣いより支払わなければならない。

「それをわたしに見せて、どうしたいの? 履けって?」

「履くか?」

「履けるか」雑賀は言った。「履けるわけ、ない」

「修理すれば、なんとかなるかもしれない」

「新しく買うから良い」

「きみの靴なんだな?」

「その可能性は、なきにしもあらず」

「虐められているのか?」

 雑賀は答えなかった。沈黙、それ自体が答えのように思われた。

「犯人は誰だ? 苅部か?」

「そんなわけないでしょう」雑賀は言った。「あなた、友人を疑っているの?」

「苅部は友人かどうか、わからない」

 俺のその答えに、雑賀は何も言わなかった。あるいは、言えなかった。

 俺は、苅部を友人のような存在だと考えているが、苅部のほうは、俺を単なるクラスメイトとしか思っていないのかもしれない。よって、俺と苅部の関係を友人と定義するのは、まだ時期尚早というものである。

 雑賀は、ぽつりと呟くように言った。

「靴が、ロッカーから消えただけ。虐めとは決まっていない」

「心当たりはあるのか?」

「無数にある」雑賀は言った。「わたしは、性格が悪いから」

「性格は悪いが、顔は良いから、差し引きゼロだ」

「性格はマイナス一点だけど、顔はプラス百二十点だから、差し引きプラス百十九点」

 ハーモニーと同様、雑賀も自己評価の異様に高い女だ。

「それで、どうしてくれるわけ?」雑賀は言った。「人様の領域に、土足で踏み込んできて」

「俺がどうするかは、きみが決めることだ。どうして欲しい?」

 雑賀は黙った。次に口を開いたのは、十三秒後だった。雑賀は思考の遅い人間だ、と俺は感じた。

「わからない」

「なるほどな」困ったものだ。「いろいろな選択肢が考えられる。共に犯人を見つけても良い。先生に助力を仰いでも良い。放っておいても良い」

 雑賀は黙ったまま、何も言わなかった。

「悔しくはないのか?」

 何も答えないまま、雑賀は、ちらりとボロボロになった靴を見て。そして、机に突っ伏した。

「ナルコレプシーでも患っているのか?」

 俺の疑問に答えることなく、雑賀は机に突っ伏しつづけた。時折、頭を微かに震わせる。鼻息が荒かった。もしかしたら、机の臭いを嗅いでいるのかもしれない。

 そのままの状態で待機していると、雑賀は制服の裾で目元をごしごしと擦った。

「眼球を傷つけることになる。目元を擦るのはオススメしないぞ」

 俺は、なかなか良いアドバイスをしたな、と自己評価した。

 顔をあげた雑賀の目は、真っ赤だった。

「泣いたのか?」

「泣いてない」

 どこからどう見ても泣いていた。嘘が下手な女だ。

「なぜ泣いたんだ?」

「だから、泣いていません」

「泣けるのは良いことだ」

「どうして?」

「俺は、いままでに泣いたことがないからだ」

「そう」雑賀は小さな声で言った。「羨ましい」

「俺は、きみのほうが羨ましい」

 涙を流せないというのは、人として欠陥があるように思えてならなかった。もちろん、生理的な反応として涙が出ることはある。例えば、ゴーグルをせずに玉葱を切れば、あるいは冷やさずに玉葱を切れば、涙は出る。しかし、それは泣くこととは違う。

 俺は、何かに心が動かされ、その結果として泣きたいのである。

「復讐をします」と不意に雑賀が言った。「協力しなさい」

「そうしよう」俺は言った。「まず、何をすれば良い?」

「あなたのロッカー番号を教えなさい」

「360101」

 三十六期生、一組、一番という意味だ。もう特別クラスだが、靴箱は一組のときに使用していたところを、相変わらず使用している。

「ダイヤルの番号は?」

「0121」これは俺の誕生日だった。「悪用は厳禁だ」

「善用するから、大丈夫」

 まったくもって大丈夫なようには思えなかった。

 結局、その日は何をすれば良いのか、教えてもらえなかった。先に帰りなさい、と言われたので、大人しく帰ることにする。家までの道中、どうすれば雑賀を救えるのだろうか、と考えた。犯人を捕まえる方策を考える。すぐに幾つかのアイディアが生まれては、消えていった。

 車窓に映る自分の顔を見る。

 俺は目を開けっぱなしにして、眼球の表面を乾かし、涙を流してみた。これほど無意味な涙があるだろうか、と思った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み