『オフィーリア・ノート』作者ロングインタビュー

[創作論・評論]

32

27,760

5件のファンレター

爆笑、シェイクスピア談義!
キュートなぬいぐるみたちの対談で、オリジナル小説『オフィーリア・ノート』について、裏設定やこぼれ話などをゆるっと熱ーく(笑)しゃべってます。原作の戯曲『ハムレット』やシェイクスピアに関するトリビアも満載。「生きるべきか死ぬべきか、それは問題だ」は誤訳だ、という話とか、ハムレット=花より男子説とか、もっと本気でバ美肉を!とか(笑)。

もともと本編『オフィーリア・ノート』を読んだ後にお読みいただく想定で書いたものでした。でも、その後調整して、はじめからこのチャットを読みながら、各ページのリンクで本編を並行して読んでもいいようになっています(たぶん)。

目次

完結 全30話

2021年02月12日 08:41 更新

  1. プロローグ2021年02月12日
  2. part 1 本編(1)-(5)

  3. その1 そんなにうけるとは作者も思わなかったんですけど2021年02月12日
  4. その2 ひとことで言うと、オフィーリアがハムレットを理解しようと努力する話2021年02月12日
  5. その3 シェイクスピアは女子トークの達人2021年02月12日
  6. その4 幻のヴィッテンベルク2021年02月12日
  7. その5 ハムレットがピュアすぎる件2021年02月12日
  8. その6 再び女子トーーク2021年02月12日
  9. part 2 本編(6)

  10. その7 To be or not to beの哀しさ2021年02月12日
  11. その8 修道院へ行け!のエロティシズム、その清潔感2021年02月12日
  12. その9 ハムレット30歳説というデマ(たぶん23歳)2021年02月12日
  13. part 3 本編(7)

  14. その10 世紀の発見! 『ハムレット』=『花より男子』!?2021年02月12日
  15. その11 仮説:オフィーリア役者が大根だったかもしれない件2021年02月12日
  16. その12 男子たちの留学事情2021年02月12日
  17. part 4 本編(8)-(10)

  18. その13 仮説その2:ハムレットのサディズム=自傷行為?2021年02月12日
  19. その14 ホレーシオという生き方2021年02月12日
  20. その15 ガートルードという生き方2021年02月12日
  21. part 5 本編(11)-(12)

  22. その16 オフィーリア狂乱2021年02月12日
  23. その17 ダメパパの子どもたち2021年02月12日
  24. その18 ラスボス登場2021年02月12日
  25. part 6 本編(13)

  26. その19 花と苺2021年02月12日
  27. その20 「刃引き」2021年02月12日
  28. その21 それにしても2021年02月12日
  29. part 7 本編(14)-(15)

  30. その22 いよいよ2021年02月12日
  31. その23 毒、毒、毒2021年02月12日
  32. その24 改めて、ガートルードという生き方2021年02月12日
  33. その25 殿下昇天2021年02月12日
  34. part 8 本編(16)

  35. その26 美少女は死なない2021年02月12日
  36. その27 ハンカチ!2021年02月12日
  37. その28 「できる男」萌え2021年02月12日
  38. その29 終わりよければすべてよし2021年02月12日

登場人物

宮﨑稲穂(みやざきいなほ/イナホー)

俳優。シアターユニット・サラ専属。旗揚げから全作品に出演し、現在に至る。名前だけ見て女子と間違われることがあるが、男性。居合道六段、剣号「宮﨑哲舟」(てっしゅう)。


実村文(みむらあや/ザチョー)

劇作家・演出家。ときどき女優。シアターユニット・サラ主宰。NOVEL DAYSでは未村明(ミムラアキラ)名義で執筆。

イナホー

ザチョー

ファンレター

そうなのかー

なるほど、なるほど、と思いながら読みました! ホレーシオのハンカチの伏線、読み落としてました~(涙)。 「父上」は突っ込んではいけないギャグだったのですね(笑)。後ほどまた読み返してみようと思います。 ただ私が気になったのは、世の中の大半の人は(私も含めて)シェークスピアについてど素人だということ。 詳しい人同士が盛り上がってると、逆に疎外感を覚えてしまったりして……(笑)。未村さんは初心者向けにこの作品を書かれたのだと思いますが、ハムレットのあらすじどころか、題名も知らないよ、という ... 続きを見る

返信(1)

萌え絵に抵抗がないのでしたら

Waifu labs というAIが萌えアイコン作ってくれるサイトがあります。 そこで自分好みの女の子作ってみて、依頼相手にこんな感じでお願いします―。 とやればスムーズにいくかもですね。 自分が2000文字短編で使ってるアイコンはほぼWaifu labsです。 ご参考までに。

返信(1)

未村様へ

お友達相手だと逆に頼みにくいってのはあると思うので、ココナラとかのお仕事依頼サイトとか使ってみるのもいいかもしれませんね。

返信(1)

お邪魔します

一気に読ませて頂きました。いわゆる女子トークから下品さを薄めて、教養と言うか品のある仕上がりで、ほんとすごいです。 実はトップページで他のユーザー様とのトークを不謹慎にもチラ見したのですが、 未村様は本当に実直でまっすぐな方で、それゆえに短編中編に特化した才能というか、自分を誤魔化すのが苦手なんだと思います。 でもだからこそTo be or not to beの真意に気が付けたのだと思いますし、少なくともノベルデイズでは天下取れる逸材だと思います。 目指せ小説界の吾峠 呼世晴! あ、あ ... 続きを見る

返信(1)

勢い余って

この「作者ロングインタビュー」まで読んでしまいました。いろいろ勉強になって、すごく面白かったです。"To be or not to be"ですが、私もあの「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」の意味がよくわからなくて、未村さんの解説を読んで、やっと腑に落ちた、とうか、長年の謎が氷解した気分です。なるほど!です。…それと、志賀直哉の『クローディアスの日記』に言及されてますけど、私もあれ以前に読んで、なんだか直哉得意げに書いてるけど、これが「小説の神様」なの?とか思ったことが ... 続きを見る

返信(2)

小説情報

『オフィーリア・ノート』作者ロングインタビュー

未村 明(ミムラアキラ)  mimura_akira

執筆状況
完結
エピソード
30話
種類
チャットノベル
ジャンル
創作論・評論
タグ
シェイクスピア, ハムレット, オフィーリア, 創作論, 恋愛論, 演劇, 青春, R15
総文字数
24,546文字
公開日
2020年05月16日 11:49
最終更新日
2021年02月12日 08:41
ファンレター数
5