第六項 瑕

エピソード文字数 883文字

 「はぁっ…はぁっ…」
涙を流しながら見上げると、そこには母親が立っていました。母もやはりグールとなっていて、天井に頭が届いています。ただ、父の時とちょっと違うのは、母が僕の悪魔、銀色のそれを恐れているのです。
 母はいろいろ考えたのでしょう。考えた末、顔だけ母に戻りました。繰り返しになりますが、身長が2メートルもあって、血で赤黒くなったエプロンをした、緑色の化け物が母の顔でそこにいました。
「お母さんも殺す気なのッ?」
その化け物が叫びます。顔だけ母親で全身の肌が爛れたグールの姿は……本当に怖かった。おぞましかった……あまりの酷さに僕は目をそむけてしまいました。
 視線を外すと同時に、ドスッ!っという衝撃を受けました。見下ろすと、左脇に包丁で刺さっていました。そして見上げると、汚く歪んであざ笑う母の顔がありました。母のようでグールのような、白目をむいて、口が裂けんばかりに開いて笑っていました。

 せめて……化け物の顔でいてくれよ……

 僕は銀色の悪魔を召喚しました。母だったソレを滅ぼすために。振りぬいた悪魔の拳が、母の顔面を粉砕しました。
 僕はそのまま、力なく床に膝をつきました。そのままゆっくりと仰向けに倒れ、ボーっと天井を眺めていました。この家に暮らすことはもうない……一緒に暮らす家族もいない……
「ああ……終わったんだな……」
自分の人生が、普通の暮らしがもう続かないことがわかりましたた。

 化け物と戦った。
 両親を殺した。
 銀色の悪魔が殴打したけど、その感触が、両親を殺したときの感触が、何故かこの手に残っている。
 僕の心に、しっかりと刻まれている……

 「痛い……」
 心臓を鷲づかみにされているみたいで、息が出来なくなりましたた。胸を押さえながら、激しい動悸に襲われました。とっても苦しかったけど、大量の出血でもう、身体が動かなくなっていて、悶えることもできませんでした。
 薄れ行く意識の中で、セシルさんが駆け寄ってくるのがわかりました。あれ?セシルさんだけじゃないな。何人かの男性が、玄関に駆け込んで来たようです。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公の少年。

他のシリーズでは「蓮野久季(はすのひさき)(21?)」と名乗っていた。

本名は明かされないが、2章以降では”シーブック”と名づけられる。

セシル・ローラン(17)

”恋人ごっこ”に登場し、蓮の辛い過去を暴いて苦しめた女性。

本編では、蓮と出会い、惹かれ、壊れる様子が語られる。

閉じた輪廻が用意した、蓮を苦しめるための女性。

リジル(14)

アルビジョワ共和国で戦火に見舞われ、両親を失った少年。

妹のフェルトを守るために必死で生きている。蓮と出会い保護された。

水のプラヴァシーを継承し、「恋人ごっこ、王様ごっこ」では”耐え難き悲しみの志士(サリエル)”となって戦った。

フェルト(5)

リジルの妹。戦争で両親を亡くし、また栄養失調から発育が遅れている。

リジルと蓮に無邪気に甘える姿が、蓮の中に眠る前世の記憶(前世の娘)を呼び起こす。

この幼女の存在が、リジルを強くし、蓮に優しさを取り戻させる。

クレナ・ティアス(24)

アルビジョワで蓮が出会う、運命の女性。

レジスタンスの参謀として活躍する、聡明な女性。

アルビジョワ解放戦争の終盤、非業の死を遂げ、永遠に消えない蓮の瑕となる。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック