第四項 帰宅

エピソード文字数 976文字

 渋滞もなく、40分程で神奈川の自宅に着きました。うちは一軒家で、サラリーマンの父と専業主婦の母、僕、そして忘れちゃいけないペットのコロマル(柴犬)の四人(?)家族だ。
「ただいま…」
玄関を上がった時、いつも真っ先に駆け寄ってくるコロマルが見当たりません。それどころか、何かが腐ったような、鼻を突く嫌な臭いがします……
 何とも言えない違和感、胸騒ぎのようなものを感じながら、僕は居間にいきました。そこには両親がいて、父は新聞を読んで座っています。母は居間のとなりの台所で、何か料理をしています。
「あの……ただいま……」
今のテーブルに着いた僕に、ふたりは声をかけてくれません。やばい、怒ってるのかな?と父の方をチラ見します。あれ?ここでもなんというか、違和感が……
 もう10時を過ぎようとしているのに、どうして父さんは家にいるんだろう?会社が休みなら、ワイシャツを着ているのも変だし……あれ?父さんの新聞……
「父さん……こんな時間に家にいていいの?それと新聞、一昨日の日付じゃない?」
そんな僕の問いかけに、父さんは答えませんでした。答えなかったけど
「お前どこに行ってたんだ。連絡もよこさないで」
怒ってるのか、声が震えています。
「ごめん、実は」
僕が説明しようとすると、父さんは急に震えだしました。怒りで身体が震えているというより、激しく振動し始めました。
「連絡もせず……お前は悪い子だ!」
父が新聞を引きちぎり
「悪い子には、おしおきが必要だなぁ!」
叫んで立ち上がりました。そのまま大きな鬼(体長2メートル以上?)になって、いきなりテーブルを叩き割りました。
 テーブルの上のお皿やコップが飛び散り、床に落ちて割れました。そんな父のビックリな姿を見て、僕は頭が真っ白になりました。
「あら、あなた……お説教はご飯の後にしましょうよ。せっかくのスープが冷めてしまうわ」
そう言って母が近づいてきました。いくら天然気味の母でも、父が巨大化したんだから、もう少し驚くべきだと思います。思いましたけど、そんな母を見て、僕の方が驚いてしまうのです。だって……
「ほら、コロちゃんがこんなにも美味しそうなのに」
母の手にはスープが入った圧力鍋があり、中央に何かが突き出していました。そう、さっきから姿が見えない、大事な家族、コロマルの顔が……
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公の少年。

他のシリーズでは「蓮野久季(はすのひさき)(21?)」と名乗っていた。

本名は明かされないが、2章以降では”シーブック”と名づけられる。

セシル・ローラン(17)

”恋人ごっこ”に登場し、蓮の辛い過去を暴いて苦しめた女性。

本編では、蓮と出会い、惹かれ、壊れる様子が語られる。

閉じた輪廻が用意した、蓮を苦しめるための女性。

リジル(14)

アルビジョワ共和国で戦火に見舞われ、両親を失った少年。

妹のフェルトを守るために必死で生きている。蓮と出会い保護された。

水のプラヴァシーを継承し、「恋人ごっこ、王様ごっこ」では”耐え難き悲しみの志士(サリエル)”となって戦った。

フェルト(5)

リジルの妹。戦争で両親を亡くし、また栄養失調から発育が遅れている。

リジルと蓮に無邪気に甘える姿が、蓮の中に眠る前世の記憶(前世の娘)を呼び起こす。

この幼女の存在が、リジルを強くし、蓮に優しさを取り戻させる。

クレナ・ティアス(24)

アルビジョワで蓮が出会う、運命の女性。

レジスタンスの参謀として活躍する、聡明な女性。

アルビジョワ解放戦争の終盤、非業の死を遂げ、永遠に消えない蓮の瑕となる。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック