第四項 避難

エピソード文字数 924文字

 「よろしかったら、私たちと一緒に避難されませんか?」
戦いを終えて、ワゴンでリジルたちの無事を確認する僕に、彼女は声をかけてきました。
「貴女は?」
「先ほど処刑されそうだったところを、助けていただいた者です」
「ああ、あのときの……」
「ありがとうございます。貴方のお陰で、村は救われました」
キレイな女性(ヒト)だった……見た目だけじゃない。優しそうで、暖かい、それでいて瞳に力がある、ステキな女性だった。
 「私はクレナ。クレナ・ティアスです。あなたは?」
「え?あ、えっと……僕は」
僕は咄嗟に、どう名乗るべきかを悩みました。
「僕は蓮といいます……よろしく」
「よろしく。失礼ですが、アルビジョワの方ではありませんね?」
そう言ってこの知的な美人さんは、僕にぺこりと頭を下げた。
「ええ、まぁ……後ろの2人はこの国の子です。戦火に見舞われてしまったようで」
「それは大変ですね。よろしかったら、この子たちを保護させてください。これから避難する隣町なら、こどもたちを預かれるので」
「預かる?施設かなにかですか?」
「学校があるんです。そこで戦災孤児が寝泊りしています。食事も、粗末ですが提供できるので」
「そうですか。私もそこにお邪魔していいでしょうか?この子たちをお任せできるのか、拝見したいので」
「構いませんよ。村を救っていただいたんです。お礼をさせてください」
そう言って彼女は、僕たちのワゴンに乗り込みました。後部座席に座り、フェルトを膝の上に載せてあやしながら、北にある隣町へと導いてくれました。
 塞がれていたトンネルは、駆けつけたレジスタンスがダイナマイトで吹き飛ばし、なんとか通れるようになっていました。レジスタンスのトラックに大勢詰め込んで、彼らは避難を始めました。僕もワゴンを走らせて、彼らとともに町を目指したのです。
 フェルトをあやす姿は、僕にとって心安らぐものでした。たったひとりでこの子たちを守る重責、追っ手と戦う緊張感を、彼女の存在が弱めてくれているような、支えてくれているような気持ちになっていたのだと思います。だから、この後彼女と過ごすうちに、彼女の優しさに触れるうちに、僕は心惹かれていくのです……
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

主人公の少年。

他のシリーズでは「蓮野久季(はすのひさき)(21?)」と名乗っていた。

本名は明かされないが、2章以降では”シーブック”と名づけられる。

セシル・ローラン(17)

”恋人ごっこ”に登場し、蓮の辛い過去を暴いて苦しめた女性。

本編では、蓮と出会い、惹かれ、壊れる様子が語られる。

閉じた輪廻が用意した、蓮を苦しめるための女性。

リジル(14)

アルビジョワ共和国で戦火に見舞われ、両親を失った少年。

妹のフェルトを守るために必死で生きている。蓮と出会い保護された。

水のプラヴァシーを継承し、「恋人ごっこ、王様ごっこ」では”耐え難き悲しみの志士(サリエル)”となって戦った。

フェルト(5)

リジルの妹。戦争で両親を亡くし、また栄養失調から発育が遅れている。

リジルと蓮に無邪気に甘える姿が、蓮の中に眠る前世の記憶(前世の娘)を呼び起こす。

この幼女の存在が、リジルを強くし、蓮に優しさを取り戻させる。

クレナ・ティアス(24)

アルビジョワで蓮が出会う、運命の女性。

レジスタンスの参謀として活躍する、聡明な女性。

アルビジョワ解放戦争の終盤、非業の死を遂げ、永遠に消えない蓮の瑕となる。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み