白羊城に住まう彼らについての話

作者 meimei

[ファンタジー]

3

695

0件のファンレター

 もう一つの欧州。もう一つの中世末期。
 弱小豪族の出自からたった一代で大国・ラーヌンの宗主となったアイバース公には、二人の息子がいた。
 ――長子・嫡子のカイバートと、次子・庶子のキジスラン。
 二人は丸切り、殺し合う事を運命づけられたかのような兄弟だった。
 そしてこの兄弟を取り巻く人々もまた、憎悪と愛情を含む多くの感情に絡み取られていった。絡み取られていきながら、王城・白羊城に住まい続けていた。白羊城に住まい続けながら、自分達の行く末も、ラーヌンという国の行く末も、白羊城の行く末も、確実に変えてゆく事になっていった。
 ……淡々と進んでゆく時間の中、白羊城という世界で繰り広げられてゆく、架空中世史ファンタジーの話。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

白羊城に住まう彼らについての話

meimei

執筆状況
連載中
エピソード
13話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
中世末期, 欧州の架空中世史, 豪族一族, 都市国家, 愛情憎悪と嫉妬羨望, 白羊城
総文字数
141,643文字
公開日
2022年03月15日 20:10
最終更新日
2023年01月25日 18:01
ファンレター数
0