本日の論題:目立ちたがり屋aboutYG性格検査

文字数 4,891文字

こんな遅くまで珍しいな
 まもなく下校時刻となるからか、顧問のSTYが顔を見せた。
ちょっと、後輩をしごいていましたので
虐めていた、の間違いじゃないのか?
――そうなんすよ、先生。先輩に虐められてるんで助けてください。
  後輩たちもそんな軽口を思い浮かべはするものの、
(……言えないよな、んな台詞)
(……そういうのは、ちょっと荷が重い)
 口に出せはしなかった。 
熱心なのもいいが、ほどほどにな
 そう言って、顧問は立ち去る姿勢を見せる。
それじゃ、後は頼んだぞ鷹司
はい、下校時刻までには揃って帰ります
 永久莉が模範的な回答をすると、顧問は本当に去って行った。
信頼されてるんですね、トワ先輩
比較対象がココを筆頭とした一芸入試組だとね
ちょっとそれどういう意味よ!
あー、凄く納得しました
こら、国光!

ほんと、どいつもこいつも目立ちたがり屋だから――

あ! 最後のテーマはそれにしよう!
……は?
……まだ、するんですか?
時間、ないと思うけど?
じゃぁ、ぶっつけ本番の即興劇で
えー、マジ?
つまり、自頭だけで勝負しろと?

そうそう。

ハンデとして、好きなほうで喋らせてあげるからさ

じゃぁ、否定派で

よしっ! 

じゃぁ、時間もないし始めよう

そうして、突発的なディベート――というより、ただの雑談が始まる。
正直、目立ちたがり屋はウザいです
 色々と疲れていたからか、秋人は歯に衣を着せずに言い放った。
自意識過剰でやかましくて……ほんと、なんとかなりませんか?
 どう考えても、特定の人物に向けた発言。
自分が大好きだから、どうしようもないですね
 わかっていてなお、その返し。
更に言えば、それが快感と自信になっちゃってますから
 この手のルール無視は恋々子にとって歓迎すべきモノであった。
目立つのも一種の成功体験
 とはいえ、明らかに言葉足らずだったので永久莉がフォローする。
それを繰り返し経験することによって、ココが言ったようになるってわけ
 もっとも、喋り方からして彼女もまた同類である。
けど、逆のケースもないですか?
 つまり、国光だけが真面目な姿勢でいた。

いわゆる、悪目立ち。

大勢の前で恥をかいたという経験は、たった一度でもトラウマになりかねません

そういう予期不安って奴が、一番ダメなんだよねー
行き当たりばったりでやらかす人間よりマシだと思いますが?

それは結果論。

同じくらい成功した人もいるはずなんだけど、予期不安の強い人には見えないのかな?

……
一方、行動しなかった人は失敗しないだけで成功もしない
だからこそ、行動する人――目立ちたがり屋を羨んで、攻撃しちゃうんじゃない?

それは違います。

断じて羨んでいません

 言葉だけは丁寧だが、国光もまた流れに飲まれていく。
むしろ、共感性羞恥を発揮しそうになって嫌だから忠告しているんです

うわぁ、ダメだねそれは。

そんなだから、いつまでも成長できないんだよ

は?
どうせなら成功者を見て、モデリングすればいいのに

観察学習。

いわゆる模倣ね

いや、そもそも目立ちたがり屋の真似をしたいと思いませんから
かといって、悪目立ちする人――恥をかいた人の真似をしたいわけでもないでしょ?
そりゃ、そうですけど……

でも、国光は無意識にそれをしちゃってるんだよね。

まぁ、類似性からの共感だろうけど

 せっかく永久莉が冷静に説いていたのに、恋々子が台無しにする。
そして、共感ばかりを求める人は基本的に憧れの人がいない
いわゆる、無自覚で捻くれたナルシストってやつなんだよね
……誰が、なんですって……?
目立ちたがり屋はそうやって極論を言ったり、決めつけたりするから嫌なんですよ!

(やーべ、国光の奴。さすがにキレかかってんな)

 それを見ることで秋人は冷静になっていた。

目立つ為に、他人とは違う行為を選ぶ。

たとえそれが社会的や倫理的に間違っていたとしても――

注目を浴びればそれでいい。

いわゆる、病的な嘘吐きや狼少年

それはまた極端な例ですね。

だとすると、逆も言えませんか?

目立つのが嫌いな人は陰湿で陰険なストーカー気質。

上辺の情報だけで判断して、よく知りもしない人を粘着して攻撃する

だから、すぐそういう極端なことを……
先に言い出したのはそちらじゃありませんこと?

 おほほほほ~、と高笑いが続きそうな物言い。

 恋々子は完全に遊んでいた。

……目立った、注目されたという成功体験。

それはとてつもない快感となり、麻薬のように追い求める

 ただの悪口合戦では分が悪いと、秋人は言葉を選ぶ。

 それでも先の発言に対する謝罪は口にせず――恋々子の弁論もスルーした。

そして、それが金銭と結びつくと更に悪質で強力になります。

炎上系、迷惑系ユーチューバーなどがまさにそうでしょう

もちろん目立つこと、それを追い求めることが悪いとは言いません。

現代において自己プロデュース能力は必要不可欠なモノですし、昔からスターと呼ばれるような人もいますから

ただ、今回のテーマは『目立ちたがり屋』ですよね?

(うぎゃっ!)

 恋々子は内心でしてやられたと思うも、スルーしておく。

なるほど。

必ずしも、『目立つこと』と『目立ちたがり屋』がイコールするわけではないと

 しかし永久莉は見逃さず、相手に水まで向ける。

はい!

間違った自己プロデュースとでもいいましょうか?

目立ちたがり屋という言葉には、最初からネガティブな要素を含んでいると思います

そりゃ誰からも愛されない人は、みんなから愛されているふりをしなくちゃいけないもん
 だが、ここでまた恋々子の中で線が繋がってしまった。

……はぃ?


(えっ? なに言ってんのこの人?)

スヌーピー。

というか、サリーの名言。

ただのパクリね

 とはいえ、前半の弁論を考慮するとあながち的外れでもないからか、

けど、そういうことよ。

自信がないから、目立とうとする。

寂しいから、構って貰いたい。

ひとりが嫌だから、注目されたい

 永久莉はその流れに沿って発言する。

基本的に裏表なの。

でも、それは決して悪いことではない

むしろ、それを悪いと詰るのは他者の努力を馬鹿にするのと似たような行為よ

いやいやいやっ!

他人に迷惑かけている以上、努力と一緒にはできませんって

でも教えを請うっていうのは、できない人ができる人に――他人に迷惑をかけるものじゃない?

それとも、ひとりで頑張ることしか努力って認められない?

……いや、それはその……

 ここで言い返すと、努力の定義というややこしい問題に移ってしまう。

 加え、永久莉の言い分を否定するだけの装備もない。

 

(その言い分はずるいっすよトワ先輩。いやまぁ、考えなしに努力って言葉に突っかかったおれが悪いんですけどね!)

あっ! 

なーる

 秋人が詰まっている隙に、またしても恋々子がしゃしゃりでる。

できない人が、できない人に迷惑をかけているって構図なんだ!

……はぃ?


(つか、この人は状態異常ばかり仕掛けるクソ敵かよ?)

 思考停止、もしくは感情的なツッコミを誘った隙に発言。

つまり、僻みね。

自分だって目立ちたいのに、他の人が目立つから嫌ってことでしょ?

だから、違います!

 ここで国光も復活。

 が、未だにイライラを引きずっている剣幕であった。

じゃぁ、自分と似たような人間。

もしくは、自分より劣った人間が目立つのが嫌なの?

それとも、誰であろうとも目立つのが嫌?
いや、だから……その……
(……あれ? そもそも僕はなんで目立ちたがり屋が嫌いなんだ?)
 度重なる状態異常攻撃を受けてか、国光は完全に混乱していた。
まぁ、目立ちたがり屋ってなると分不相応なイメージはあるけど――
 さすがにやり過ぎたと気付いたのか、恋々子は少しだけ塩を送る。
(だから嫌い……なのか? いや、それは何様だよ。分不相応なことをしている人間が気に食わないって性格悪すぎろ)

 自前の知識が尽き、それでも考えた結果。

 国光の中にはもはや、個人の主義・主張しかなかった。


 

もしかすると、できる人ができない人に迷惑をかけている。

そのように感じているから、嫌なのかもね

 明らかに虐めている風体になってきたので、永久莉は間に入る。
(だから、違うんですって……)
 ――が、国光の内心は不満たらたらだった。
どっちにしろ、わたしは目立たないで文句を言うよりも、目立って文句を言われるほうがいいかな
 やはり即興劇はまだ無理があったと、

心理学的な話をすると、目立ちたがり屋は外交的で不安定な人間。

一方、国光なんかは内向的で安定した人間

 永久莉はディベートを終わらせる方向に移る。
つまり、正反対だからこそ受け付けないってのはあるかもね
安定してますか、こいつ?
(今日はもうやだ……帰りたい)

自分という基準から大きく逸脱しない。

自分が理解、納得できるかが大事。

総じて、外部や他者の影響を受けずらいって点ではね

 永久莉は言葉を選んだものの、

決めつけが激しくて、頑固。

自分の中のルールや哲学に固執する。

総じて、劇的に変わったり成長することはない

 恋々子は辛辣だった。
対して、ココのような目立ちたがり屋は外部や他者の影響をダイレクトに受けるの
それで不安定なのは見てて明らかですね

とにかくブレる。

考えも発言も気分もころころころころ転がっていく

あー、確かに。

ココ先輩って、その場のノリと勢いだけで生きている感じっすね

失礼な! 

わたしだってちゃんと色々と考えてます

とにかく、他者評価を気にしない人にとって目立つ行為はあり得ない。

他人というモノは自分の聖域を脅かす存在でしかないから

あー、そういう意味で……

 ――無自覚で捻くれたナルシスト。


 一理あるなと思うも、国光を慮って秋人は言葉を呑み込んだ。

ちなみに、おれはどういうタイプですかね?
内向的で不安定でしょ

えー、おれって不安定ですか?

(内向的なのはわかるけどさ)

これまでの活動を思い返してみろ。

どう考えても安定はしてないだろ

ココ先輩と噛み合うことも多いし。

それでいて流行とか毛嫌いして、自分独自の価値観を大事にしているから完璧だな

……おまえなぁ
(せっかく配慮してやったってのに……こいつは!)
ちなみにトワ先輩は?

トワはアベレージ。

特に秀でたところがない、平均的な凡人ね

うっさい。

上手にバランスが取れているって言えっての

あー、そこは納得です
残るは外交的で安定したタイプですか?
YG(矢田部ギルフォード)性格検査に当てはめるとね

えーと……内向的で安定しているのがカーム、不安定なのがエキセントリック。

外交的で不安定なのがブラックボックス、安定しているのがディレクター。

そして、平均的なアベレージですか

 秋人が検索した内容を読み上げる。
ディレクタータイプがいないのが、なんかウチらしいですね
STYがいるじゃない
え? あの先生ですか?
そうでもなければ、部活動の顧問なんて幾つも兼任できないでしょう?

そう言われてみると、そうですね。

あの先生、生徒たちに頼まれてやってるんですもんね

一応タイプに優劣はなく、全員が揃っているほうが組織としては成功するそうよ
……ウチ(ディベート部)を見てると、とてもそうは思えませんけど?
タイプに優劣はなくても、個人にはあるかんね
身も蓋もないこと言わないでくださいよ
結局、内向的な人は核となるその基準によって、外交的な人は影響を受けるモノによって大きく変わるから

で、不安定な人はアタリからハズレまで色々引きやすい。

一方、安定している人は一度引いたモノに縛られやすい

秋人にわかりやすく言うとね。

色々な女のコに好意を持つか、ひとりの女のコをずっと想い続けるか

ちょっと、待ってください。

なんで、おれにわかりやすいでそのたとえなんですか

『付き合う』じゃなくて『想う』ってところが、実に秋人向けだと思ったんだけど――違った?
ぷっ……
あははー
くっ……

ちょっ! 

ふたりして、酷くないっすか?

あと国光、てめーまで笑ってんじゃねぇよ

 秋人はそう文句を言うも時間切れ。

 下校の予冷が鳴り響き、放送部のアナウンスが流れ始める。

それじゃ帰るよ
やー、今日は楽しかったな~
もう御免ですからね
いや、いつかリベンジを!
 そうして、恋々子先輩のなんちゃって100本ノックは無事に終わったのであった。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

染谷 恋々子《 そめや こここ》、愛称ココ

一芸入試組3年生だが、その年齢にあるまじき低身長でちんちくりん

ディベート部ではババ抜きにおけるババ扱い

つまり、引いた相手は嫌がる

味方にすると恐ろしいが、敵に回すと愉快なコ

頭の回転は早いものの、よくよく空回りして明後日の方向に飛んでいく

そういった性質に加え、ふらふらと揺れながら歩くことからコケコッコーの蔑称あり


鷹司 永久莉《たかつかさ とわり 》、愛称トワ

中高一貫付属組のJコース3年生で、ディベート部では最も頼りになる存在

ただ、恋々子のノリに付き合えるだけあって中々の性格をしている

4姉妹の長女で同性の扱いが得意な一方、男性はちょっぴり苦手

もっとも、後輩たちは男のカテゴリーに入っていないのかそんな様子は微塵も窺えない

姉妹揃って発育がいいいらしく、小学生の末妹ですら恋々子を上回っているとか

林原 秋人《 はやしばら あきひと》、A(進学)コース1年生

基本的に真面目で普通の性格

事実、そのスタンスで発言することが多い

ただ、時折り全方位に向けて敵意を向ける悪癖があり

特に恋愛や異性を含む論題になるとその傾向が強くなり、周囲をドン引きさせる

加賀 国光《 かがくにみつ》、SA(特進)コース1年生

入部当初は無口で口下手だったものの、最近は口が軽くなってきている

ただ、時折り迷子になるのか会話の着地点を見失う傾向が強い

本人は陰気でつまらない奴と思い込んでいるものの、女子に告白された経験あり

更にはそれを普通と思える感性な為、恋愛関係の論題になるとナチュラルに秋人を刺激する

ディベート部の顧問

通称、STY

S(セクハラ)T(ティーチャー)Y(山本)

かつては生意気な生徒だった為、破天荒な生徒に対しても寛容である

伊西(いにし)エレナ

一芸入試組3年生、元ディベート部

恋々子曰く、性格が悪いというか性悪

初期から何かと話題にあがるマスメディア部の部長だが、登場は#7より


腐頭 桜《ふとう さくら》

一芸入試組3年生、マスメディア部の副部長

エレナ曰く、恋々子よりも馬鹿で間抜けで煩くて人としてどうかと思う存在

一方、誰もが認める美人で背も高い

登場はエレナと同じく#7より

響《ひびき》先生、31歳独身

藍生先輩曰く、さぞかし簡単な人生を歩んで来られたお人

その評価を裏切らず、教師にあるまじき幼い言動が目立つ

登場は#7より(初出は別作品、結婚すべきかどうかをアラサー女教師が女子高生に相談する)

 

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色