加害者達

作者 神楽時子

[現代ドラマ・社会派]

4

333

0件のファンレター

その日は朝から雨だった。
学校から傘をさして図書館に寄った蛍は、帰る時傘立てに自分の傘がないことに気づき、走って帰ることに。
一方誠はスーパーで買い物を終えて、車で妻の待つ病院へ帰ろうとしていた。
不幸にもこの二人が出会い頭の事故をおこし、蛍は亡くなってしまう。
あったはずの傘はどうしてなくなっていたのか、また安全運転をしていても、事故をおこし相手を死亡させたら、どんな状況だったとしても車側が悪いことになるのか。
これらの疑問点と共に、事故に関係した者達各々の視点から、事故を通して学んだこと、他者を想う気持ち、また許すことの大切さを描いた作品。

目次

連載中 全4話

2021年09月24日 21:43 更新

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

加害者達

神楽時子  512tpdg

執筆状況
連載中
エピソード
4話
種類
一般小説
ジャンル
現代ドラマ・社会派
タグ
交通事故, 友情, 車, 被害者家族, 傘, 加害者家族, 現代ファンタジー, 想い, 雨, 許し
総文字数
3,617文字
公開日
2021年09月08日 12:31
最終更新日
2021年09月24日 21:43
ファンレター数
0