哀しみのエヴァンス ~いつかアンダーカレントを~

作者

[恋愛・ラブコメ]

75

11,736

30件のファンレター

クラシックピアノから逃げ出した彼女が惹かれたのはジャズの世界

ジャズを教えてくれた天才ジャズギタリストのおかげで再びピアノに触れるが

彼女は彼の運命を大きく変えていた――――

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ジャズを弾きたい

 涼音は全てが分った今は叔父さんのバーでジャズを弾きたくなった。

征爾の真実

 征爾も涼音と同じで表舞台に疲れていた。  バイク事故も自分から向かって行き、良く見えていたから怪我は浅かった。  だから、征爾は涼音には申し訳ないと詫びる。 涼音は裏切られた気持ちだが、ジャズの楽しさを教えてくれた征爾に感謝する。 涼音はビルエヴァンスとジムホールの歴史的競演「アンダーカレント」を 弾ける時が来るだろうかと考える。

征爾のギター教室

 涼音にいちゃもんを付けた女で名前はナミちゃん。征爾はギターを弾けるようになっていた。  征爾がジャズギタリストとしての第一線を退いたのは涼音をかばって怪我をしたからでは なかったようだ。

ギター教室発見

 やっと、征爾の移転先に辿り着くが、そこには涼音にからんできた女がいた。

征爾のギター教室

 成瀬が征爾のギター教室の場所を突き止めていたが、ビルが取り壊しで、教室は消えていた。 弁当屋でギターを持った青年から情報がありそう。

成瀬の気遣い

 成瀬はバーで涼音を見掛けてからネットで調べて征爾との事件を知っていた。 だから、征爾の関係者の女性に絡まれたときに、助けに入ったのだった。 その後、征爾がギター教室を開いている事実を掴んでいたのだった。

征爾を探す

成瀬と一緒に征爾を探しに行く。 成瀬は何か知っている様子。

涼音大人になる

 シャワーを浴びて成瀬に抱き付き、スーツが濡れた。 父のスーツを着せて、一緒に出勤。

またも征爾のファン現る

 叔父のバーから成瀬と出ると、以前からんできた征爾のファンらしき女がまた現れて涼音を罵る。 征爾はこの前彼女に罵倒されて、涼音が「殺して」と叫んだ街に居るらしい。

蚊帳の外

 涼音が家でも店でもピアノを弾きまくる。 俊ちゃんだけ蚊帳の外。

小説情報

哀しみのエヴァンス ~いつかアンダーカレントを~

  hiiragi9

執筆状況
完結
エピソード
29話
種類
一般小説
ジャンル
恋愛・ラブコメ
タグ
ジャズ, ピアノ, クラシック, ジャズギター, バー, 罪, 贖罪, 長編, シリアス
総文字数
98,643文字
公開日
2018年10月15日 10:14
最終更新日
2019年09月02日 10:09
ファンレター数
30