光と闇の跫(あしおと)

作者 夢酔藤山

[歴史]

30

833

0件のファンレター

【これまでのあらすじ】
武田晴信は上田原で敗れたのちに武田の再起を志し、勝沼大善寺の勧進能を企画する。能奉行を任された小山田信有には気を許せぬ子がいた。その子の才覚を認めた武田信繁と山本勘助の推挙で、晴信は近習に取り立て小山田弥五郎の名を与える。弥五郎の出自には秘密があった。それゆえ父に疎まれていたことを、今わの際に語る信有。
弥五郎は武田家で頭角を表し、文武を学んでいく。
得度した晴信は信玄と号し、川中島の死闘に臨むが、この血戦はほろ苦い結果だけが残された。信繁も、勘助も討たれて死んだ。信繁から託された諱を、信玄は弥五郎に与える。小山田信茂の誕生だった。
漂白民(わたり)と武士の血に葛藤する信茂。上ナシの漂白民を従わせる織田信長。義信事件の余波で小山田弥三郎信有が罪状明白となったが、信茂は病死扱いでこれを匿う。信玄はこれについてみて見ぬふりをした。
信玄は西へと軍勢を動かすが、漂白民を采配する信長家臣〈弥右衛門の子〉の刺客により命を奪われる。後継者の勝頼と武田家御親類衆・譜代重臣の間には、不協和音が漂っていた。そして、運命の長篠へ。

本作の副産物エッセイ「郡内おやまだ散歩へのお誘いagain」、小山田信茂公顕彰会ホームページにて月イチ連載中。併せてお楽しみ下さい。
小山田信茂公顕彰会ホームページ https://greenforestnagasak.wixsite.com/nobushige17


時代小説を執筆しています。
房州日日新聞・南信州新聞・西多摩新聞・南房総情報誌NNB・小山田信茂公顕彰会HPにて小説エッセイ連載中(2021年6月現在)。井上源三郎資料館HP・倉吉せきがね里見まつり公式HP等でも作品掲載中。
「Ambitious渋沢栄一青春譜(つむぎ書房)」「千人同心日光への旅 千人のサムライがゆく日光勤番(西多摩新聞出版)」好評発売中。
皆さまのご声援に支えられて描いております。よろしくお願いします。


四方山のことはこちらへ。
blog散文小径 http://musuitouzan.blog.fc2.com/

登場人物

小山田信茂    

甲斐国郡内領主。武田二十四将。武田家を裏切ったと定説される文武の才に秀でた武将。

父・信有に嫌われて育つが、それは出自にまつわる秘密があった。

小山田弥三郎信有

小山田信茂と腹違いの兄弟。嫡流として小山田家を相続するが、のちに病没。ということになり、信茂を支える影の参謀となる。

武田信玄

甲斐国主。智謀に長けた戦国最強の武将。小山田信茂を高く評価し、その出自も含めて期待している。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

光と闇の跫(あしおと)

夢酔藤山  big-bear-dream

執筆状況
連載中
エピソード
21話
種類
一般小説
ジャンル
歴史
タグ
戦国, 武将, 武田信玄, 戦国時代, 愛憎, 歴史, 刀剣, 長編, 家族, 小説
総文字数
305,266文字
公開日
2021年06月08日 11:27
最終更新日
2021年06月24日 05:00
ファンレター数
0