第12話 アイスランドに伝わる恐怖のクリスマス猫

文字数 3,452文字

もうすぐクリスマスですね。

アイスランドのクリスマス・ソングを集めた珍しいアルバムをご紹介します。

アルバム:Hvít Er Borg Og Bær

作曲:Ingibjörg Þorbergs

リリース:2006年(1987年収録)

このアルバムは、アイスランドで1950年代に活躍したインギビョルグ・ソルベルグス(Ingibjörg Þorbergs)の楽曲を取り上げたものです。

アイスランド国内のさまざまなアーティストが参加し、彼女の作品を演奏しています。



一番のおすすめは、アルバムの8曲目、"Jólakötturinn"(ヨーラコットゥリン)


アイスランド語では「クリスマス」のことを jól(ヨゥル)と呼びます。

これは英語の Yule(ユール)と同じ語源の言葉です。

加えて、アイスランド語で köttur(コットゥル)と言えば、「猫」のこと。


つまり、Jólakötturinn(ヨーラコットゥリン)という歌は、Yule Cat(ユール・キャット)「クリスマスの猫」を意味します。


この曲のヴォーカルは、収録当時21歳~22歳だったビョーク・グズムンズドッティル。

そう、今や世界的歌手である、あのビョークが歌っているのです!!

「ユール」は歴史的に、キリスト教が伝来するよりもはるか昔からゲルマン民族が守ってきた伝統で、冬至を境に太陽が再び長くなり始めるのを祝うお祭でした。


キリスト教伝来以降は、この冬至祭の習慣にキリスト教的意味づけが加えられていきました。

今でも英語や北欧諸語では「クリスマス」を表す言葉として「ユール」が使われています。


アイスランドの文化は、元宗主国であるノルウェーやデンマークの影響を受けています。

現代のアイスランドは総人口約36万人のうち、約80%がプロテスタントのキリスト教徒であり、そのほとんどがルター派のアイスランド国教会に属しているそうです。



そんなアイスランドの民話には、ユール(クリスマス)の時期に山から町へ降りてくるモンスターたちが数多く登場します!


キリスト教改宗以前の北欧神話と「クリスマス」が習合した物語と言えます。

”The Yule Lads: A Celebration of Iceland's Christmas Folklore”

by Brian Pilkington (Author, Illustrator), 2001.

アイスランドのユールにやってくるのは、サンタクロースではなく、13人のトロールたちです。

アイスランド語で Jólasveinarnir(ヨーラスヴェイナル)と呼ばれています。

英語のYule Lads(ユールラッズ)と同じ言葉です。


現在では、12月12日から一夜に一人ずつ山から降りてきて、クリスマス・イヴに13人全員集合し、また翌日から一人ずつ山へ帰るというストーリーになっています。


13人のユールラッズたちは、羊をおどかしたり、ヨーグルトを盗み食いしたり、肉やソーセージをくすねたり、キャンドルを盗むなどの悪さをしながら、良い子どもにはささやかなプレゼントを、悪い子どもにはジャガイモを贈るのです。



そんなユールラッズたちの母親が、恐ろしい女巨人Grýla(グリーラ)です。

アルバムの5曲目が、グリーラについての歌”Grýlukvæði”です。

この曲は、アイスランドの国民的歌手であるMegas(メガス)が歌ってます。

彼は1945年生まれなので、収録当時は41歳~42歳。現在は77歳です。

ビョークはメガスを心から敬愛していて、彼のアルバムのバック・コーラスを務めていました。

彼女がバック・コーラスとして参加したメガスのアルバムは、なんと3枚もあります。


グリーラは、13世紀頃に書かれた『スノッリのエッダ』に登場する女巨人で、クリスマスと結びつけられたのは17世紀以降なのだとか。


現在のグリーラは、ユールの時期に山から降りてきて、町を探して悪さをする子どもたちを狩り、巨大な袋に入れて持ち帰って、シチューにして食べてしまうというストーリでよく知られています。


グリーラの夫であるLeppalúði(レッパルージ)は怠け者の巨人で、妻が仕事に出ている間、ほとんど住処の洞窟で留守番しています。



グリーラとレッパルージ夫妻は、13人の息子たちと大きな黒猫と一緒に暮らしています。

この恐ろしい一家の飼い猫が、Jólakötturinn(ヨーラコットゥリン)です。


牛のように巨大な猫で、ユールの時期に新しい羊毛の服を着ていない人々を食べてしまうのです。

若き日のビョークが歌ったのが、この巨大で獰猛な黒猫のお話です。


ビョークの荒削りな歌声が、恐ろしいユール猫の物語に最高に合っていますよね。

ビョーク・ファンは必聴の一曲だと思います。

”The Yule Lads: A Celebration of Iceland's Christmas Folklore”より
ビョークが歌った楽曲の歌詞を書いたのは、アイスランドで最も愛されている詩人のひとりである、Jóhannes úr Kötlum(1899年 - 1972年)です。

その美しく流れるような言葉は、多くの音楽家たちにインスピレーションを与え、彼の詩に基づいた歌曲が200曲以上作られているのだとか。


ちなみに、現代のアイスランド語は、千年以上前から文法構造がほとんど変化していない、超古風な言語なのだそうです。

ちょうど紫式部や清少納言が使っていたのと同じ言葉を、現代のわたしたちが話しているようなものだと考えると、アイスランド語が奇跡のように思えてきますね。



Jóhannes úr Kötlumは、その詩「Jólakötturinn」(ヨーラコットゥリン)の中で、クリスマスに全員に新しい服を与えるよう注意すれば、恐ろしいユール猫に捕まることはないだろうと書いています。


歌詞に書かれている、新しい洋服を着なければいけないというのは、羊毛業がアイスランド人の生活にとって重要な位置を占めていた現実を反映しています。


かつて、羊毛の刈り取りは老いも若きも家族全員が取り掛かる仕事で、アイスランドではクリスマス期間の前に羊毛取引が行われていました。


自家製の毛糸を紡ぎ、冬を迎えるためのセーターや靴下やミトンなどを家族総出で編んで、クリスマス前に一生懸命働いた者たちだけがようやく新しい洋服を着ることができたのです。


そんな厳しい生活の中で、子どもたちの怠惰をいましめ、積極的に家内の仕事をさせるために、恐ろしいユール猫の民話は生まれたのでしょう。



この同じ楽曲を別の歌い手さんでも聴いてみましょう!

ヴォーカル:Ragnheiður Gröndal

収録アルバム:Vetrarljóð, 2004年

こちらのRagnheiður Gröndalは、アイスランド出身の1984年生まれ。

アイスランド国内では2006年に年間最優秀歌手に選ばれています。


ビョークの荒々しい歌声も味わい深いですが、Ragnheiður Gröndalの透き通った歌声で聴くと、真冬の凍てつく寒さを感じるようで、また違った魅力がありますね。




近年のアイスランドでは、冷戦時代にアメリカ軍が駐留していたからなのか、アメリカのクリスマス文化の影響も強く受けるようになっています。


13人のユールラッズは、もともとサンタクロースとは全く関係ないにも関わらず、赤い帽子をかぶり、白いひげを生やし、子どもたちにプレゼントを配る姿で描かれるようになりました。

最近では「13人のサンタクロース」などと呼ばれています。


今や世界中でサンタクロースと言えば、赤い洋服を着て赤い帽子をかぶり、白いひげを生やした恰幅のよい男性というイメージですが、これは20世紀にコカ・コーラが自社商品の宣伝を通して広めた姿です。


その地域に固有のクリスマス(ユール)を祝う習慣が忘れ去られて、全てがコカコーラ・レッドのサンタに取って代わられたら、さみしいですよね……。



「Jólakötturinn(ヨーラコットゥリン)」は、昔ながらの言い伝えをもとにJóhannes úr Kötlumが見事な詩を書き、インギビョルグ・ソルベルグスが曲をつけ、それを1980年代後半にビョークが歌って大人気となり、今でもさまざまな若手歌手によってカバーされています。


ユールの時期になると山から町へとやってくる、恐ろしい巨大な黒猫の歌。


これからも歌い継がれていってほしいものですね。

2020/12/25
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

南津海(なつみ)ちゃん


社会科研究部の部員。好奇心旺盛。

寿太郎(じゅたろう)くん


社会科研究部の部員。南津海ちゃんとは幼なじみ。

せとか先生


社会科研究部の顧問。専門は世界史。

みはや先生


専門は音楽。せとか先生と仲良し。

考えるカエル


『バイブル・スタディ・コーヒー』から出張

本を読むウサギ


『バイブル・スタディ・コーヒー』から出張

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色