R96から 短編集

[その他]

20

8,512

1件のファンレター

小さくコツコツと書いていきます。御目に留まれば幸いです。宜しくお願い致します。

短い物語です。一般、恋愛、青春、‥‥etc. 雑多に集めます。
【翳りゆく海辺の街から】は、四十歳代の男と三十歳代の女の話です。
【その日、空が青かったから】は、高校一年生の話です。
【初夏に近い場所で】は、中学三年生の話です。
【星空に雪が降る】は、三題噺1 の応募作です。
【秋の空と夏の海と春の香と冬の夢と】は、高校二年生の話です。
【雪、舞い匂う朝に】は、中年男と若い女性二人の話です。
【泡沫の立ち位置】は、三題噺2 の応募作です。

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

美しい文章

続きが楽しみです!

返信(0)

小説情報

R96から 短編集

九六 昱喜華  96-no-tanu-tanu

執筆状況
連載中
エピソード
18話
種類
一般小説
ジャンル
その他
タグ
慕情, 切ない, 短編, 高校生, 中学生, 海
総文字数
34,133文字
公開日
2021年01月24日 09:46
最終更新日
2022年09月29日 23:00
ファンレター数
1