ドカベン魔法使いとの金汚い冒険

第23話「契約成立っ!! ッフゥーー!!」

エピソードの総文字数=2,376文字

~前回からのあらすじ~

えげつねー報酬を条件に遺跡調査をすることが決まった2人。

さっそく遺跡に向かう2人だが、カデナ遺跡はいま超危険区域らしい。

2人は果たして無事に帰ることができるのか! 決死の旅が始まる!!

む~す~ん~で
ひ~ら~い~て
手~を~打って……
契約成立っ!! ッフゥーー!!
危機感のかけらもねえな。どんな替え歌だよ
いま商売人の間で流行ってる替え歌や
ウソつけ
な、なぜわかった……
むしろなぜバレないと思った。

……ところで、1つ気になってるんだけど

ん?
お前が背負ってるその風呂敷ってさ、何が入ってるんだ?

商品が入ってるってのは聞いたけど

ああ、アイコンやと見えへんけど背負ってるコレね。

商品以外にも色々入ってるけど、それがどうしたん?

中身が気になるんだよ。ちょっと全部見せてくれないか
ええよ
有料やけど
金を取るな
1回20ゴールド
安い。払った(チャリーン)
まいど~! んじゃあね、まずはこちらの商品たち(ザッ)
おお、すごい量の薬だな。

1つ1つの量は少ないけど、こんなにあると重いだろ

そーでもない。実はこの荷物、全部魔法で持ち上げとる
魔法で?
そう。MP使いっぱなしよ
へぇ、だから普段MPを出し惜しみしてるのか
そうやねえ。ただでさえMPが少ないから、

荷物持ち以外でMP使ったらあっという間になくなるわ

例えばこれは何の薬なんだ?
おっとお客さん、商品に触れないで
お、おう、いや、触れてないけど……
いけない……。其れはトッテモ大切な商品なんダ……。

軽々しく触れちゃあイカン……

お前、そのくだりを1回やってみたかっただけだろ。なにその変な口調
全然客来たことないんやもん。1回やりたかってん。

別に触ってもええで

んじゃあ……
どうなっても責任は持たんけど
じゃあ絶対触らねーよ。怖いこと言うなよもう
他にも、こんなんあるで
うおっ、ボール? なんでこんなもんが
暇になった時に遊ぼっかな思てな。結局使ってないけど
意外な趣味だな
うーんでもこれなあ、あんまり蹴りたないねん。

当たったらアカン人に当たるっていうジンクスがあるんや

当たっちゃいけない人って、例えば?
師匠とか……
それはダメだなあ
いやあね。師匠運動不足やから、ボールでも買って遊んだれ思て。

さっそく買って「師匠これで遊ぼ! フゥッフゥ~↑↑」って言うてん

その頃からお前はそのテンションなんだな
師匠が「今忙しいんだ。ボールは外で蹴るといい」って言うから、

「ええ~今遊ぼうや! こうやって蹴ったらストレス解消に……」

……って言うて、チョコンと蹴ったつもりが師匠の後頭部に命中

後頭部はまずい
その後の師匠にな
うん
舌打ちされた
されるだろ、そりゃ
ふだん全然怒られたことないけど、

師匠が露骨に怒ったのはアレが最初で最後やな

そりゃ怒られる。お前が悪い
数年かけて作った薬をダメにしてもうた時も

「また作ればいいんじゃないかな」とか言うとったから

余計怖かったわ。怒るポイントが分からん

むしろ舌打ちで済んだだけよかったろ
うん、まあそういうエピソードがあるから、これはあんま蹴りたない。

他にも当てたアカン奴に当たったことが何回かある

ふーん。そんなボールを何で持ってきたんだ?
ん? まあ……うん、それはええやん
なんだよ。言えよ
いや……結局その後遊んでくれたなって思って……。

頼んだら付き合ってくれるって分かったっていう、思い出の品や

なんだ、なら良かったじゃないか
うん、まあ
……
――なに笑とんねん! その感じがムカつくから言いたなかってん!
いやいや。微笑ましいじゃん。良いと思うよ俺は
そういうのがムカつくねんてもぉー! あー言わんかったら良かった!
まあまあ、そう怒るなって
つーん!!
ところでさ、遺跡にはどういうルートで向かうんだ?

まだ何も聞いてないぞ

……ん、そういえばそうやな
そうだよ。何か考えでもあるのか?
せやなあ。まず、遺跡の周りには森があるやろ?

そこまでだいたい数日ってとこや

うん
そこまで
直行!
解決!
以上!
計画性0
だってさ、一応地図とかもらったやん
だな
前の奴がどこから行ったのかは書いてあるけど、その後の情報がない。

どこから行っても、その後どうなるのか分からんわけや

それはそうだけど
せやったら、情報がないのと一緒。

どこから突っ込んでも一緒! 意味なし! もう突っ込むだけ!

イノシシみたいな事言いだした
イノシシの真似しまーす!
おい、急に何か始まったぞ
コケコッコー!!
すごい。イノシシにかすりもしてねえ!
ごめん、間違えてカイカの真似してもーたわ
誰がチキンだよ
イノシシの鳴き声ってなんやったっけ? ブヒー?
それはブタ
サトリー! サトリー!
それはブッダ。ブッダは悟りなんて鳴き声じゃないし鳴くもんでもない
ああ分かった。ウマー! ウマー!
馬は「ウマー」とは鳴かない。そして馬じゃなくてイノシシの話だ
なんや、さっきから文句ばっかりやなあ。

そういうカイカはイノシシの鳴き声分かるん?

分かるよ。俺の村にも何匹かいたぜ
じゃあやってみてよ~
イノシシだろ? イノシシはこう……
プギッ! プギッ! って鳴くんだよ
――
プゴォーッ! って
――
……
――
……
――
おい、どこ行くんだよ
ふふふふふふふふ……ふふふふっ……
なんかツボってらっしゃる!? 笑うトコあったか今の!?
はははは!! あーおもろひ……ふっふっふ……
お前のツボが分かんねーよ、俺……
あー、おかしい……
そんなにおかしいかよ?
だって、鼻毛出てんねんもん
そっちかよ!! 鳴き声で笑ってたんじゃねーのかよ!!
えっ鳴き声? ごめん全然聞いてへんかったわ。

ほらしょーもない事してんとさっさと行くで―(スタコラサッサー)

待てコラ、お前ーーー!!!
第二章もいつもの調子で道中を歩く2人だった。

しかし次回、遺跡に挑戦する2人だがなんか色々えらいことになるらしい!

第一章でやる気のなかった戦闘とかバリバリやればいいと思います。お楽しみに!

TOP