第2話「思わぬ展開」

文字数 1,398文字

 高校3年生になった僕は、同じクラスにいた1人の女の子に圧倒され、魅了された。
 簡単に言うと彼女は魔性の女だ。容姿は誰がどう見ても美人、常に明るくポジティブで、皆に対して平等に優しく、おまけに成績も優秀だった。彼女は“理想の女の子”という概念そのものだ。そんな風に考えた。
 同級生はもちろん後輩や教師、売店や食堂のおばさんまでもが男女問わず彼女に惚れていた。周りには常に人が集まり、ひと時も笑顔を絶やさず全員に対応していた。まるでテーマパークのスタッフみたいだ。

 彼女は"完全"だ。少なくとも僕にはそう見えた。そして不完全な自分とは真逆に位置する人間だと思った。知らぬ間に僕もまた彼女のことを目で追うようになっていた。自分の性欲を初めて自覚した時は気持ち悪くなったが、彼女の前ではそれも仕方ないと思うようになった。
 僕は家に帰り、閉店後の1階で撫でている猫に話しかけてみた。
「あの子は本当に人間なのかな?」
 猫は小さく鳴いて、僕の足に頭突きした。

 数日後。音楽の授業が終わり、僕が最後に教室を出ようとしたところで先生に声をかけられた。
「これ、引き出しの中に忘れてたから渡してあげて。」
 手には1冊のノートがあった。それは“あの子”のものだった。
「わかりました。渡しておきます。」
 僕はノートを受け取り音楽室を出た。彼女と話すことを想像してみると、鼓動が自分の耳で聞こえるほどに緊張してきた。
 僕は今、あの子の私物に触っている。そんなことを考えている自分に嫌気が差したが、それも仕方ない。
 彼女はどんな字を書くのだろうか。ノートを開いて見てみようかと思ったが、それは人として絶対にしてはいけないような気がしたので止めた。浦島太郎の教訓だ。
 緊張しながら教室に戻り、彼女の席を見た。幸いにも周りの人だかりはいなかったので、僕は全身全霊で平然を装いながら彼女にノートを手渡した。
「これ、音楽室に忘れてたらしいよ。」
「ありがとう。わざわざごめんね。」
 僕はこんなに近くで彼女の笑顔を見たのは初めてだったので、再び圧倒されていた。ましてや僕に向けられた笑顔だ。僕は時間が止まったように呆然とその場に立ち尽くしていた。そんな自分に気づいて慌てて席に戻ろうとしたところで、彼女は僕を呼び止めた。
「あのさ、数学を教えてくれない?」
 また時間が止まり、鼓動が速くなった。一瞬、彼女が言った言葉の意味がよくわからなかった。
「いいけど、なんで?」
 "なんで僕なんかに頼むのか"という意味で言った。
「数学、苦手なんだよね。あなたは得意そうだと思ったから。ダメかな…?」
 彼女は不安そうにこちらの顔を覗き込んだが、可愛すぎたので僕は思わず目を逸らした。
「役に立つかは分からないけど、僕は構わないよ。」
「ありがとう。今日の放課後でもいい?」
「問題ないよ。」
「じゃあ放課後、教室で。楽しみにしてるね。」
 楽しみ?
 いや余計な期待はしないでおこう。彼女は魔性の女だ。
 僕は期待と不安に胸を膨らませながら自分の席に戻った。その後の授業は頭に入らなかった。彼女と2人きりで数学を教えている自分の姿を想像すると、動機がして少し気分が悪くなった。
「数学なんて勉強して何の意味があるの?」と学生はよく言うけれど、少なくとも今の僕は「数学を勉強しといて良かった」と確信している。
 17時、放課後のチャイムを合図に僕の鼓動は一気に速くなった。









ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み