第1話「生きる意味」

文字数 1,177文字

 "人は不完全だからこそ美しい"

 子どもの頃にそんな言葉をどこかで聞いた。今になってみればその意味も分かるような気がする。



 僕の家には13匹の猫がいる。というのも、両親が動物保護施設から猫を引き取り、2階建てである我が家の1階部分で猫カフェを経営しているのだ。
 両親2人で13匹の猫を世話するのは大変なので、忙しい時は親戚のおばさんが手伝ってくれている。
 そんな家庭で暮らす僕は、営業時間外にはいつも彼らと遊ばせてもらっている。幸せな日々だ。猫によって皆それぞれ性格が違うが、僕は頑張って覚えた。

 ある日、10歳になった僕は母に尋ねてみた。
「この猫たちはペットショップで買ったの?」
「いいえ、違うのよ。」
「じゃあどこからやって来たの?」
「そうねえ…」
 母は口元に手をやって返答を考えた。
「道を歩いていると、野良猫さんを見かけるでしょう?そういう子達よ。」
「みんな道で拾ってきたの?」
「うーん。まあ、そんな感じよ。」
 言葉を濁したことは幼い僕にもわかったが、母を困らせたくはないのでそれ以上は聞かなかった。
 別の日の夜、閉店後の1階で両親が話している声が聞こえた。2人は動物保護施設のことについて話していた。難しそうな内容だったが、1つだけ理解できたことがある。

 殺処分

 人のせいで動物が殺されている。
 僕は胸が苦しくなり涙が止まらなかった。泣いている僕に気が付いた両親が慌てて駆け寄ってきた。
「聞こえてたの?」
「どうして、動物が…」
 母は泣いている僕を抱きしめて優しく頭を撫でた。「ごめんね。」と何度も言いながら、両親もまた泣いていた。
 こうして僕は生きる意味を、生きる気力を失った。動物がひどい目に遭っているこんな世界は偽物だ、生きる価値なんてないと思うようになった。そう考えないと自分を保てなかったからだ。
 その後も偽物の世界で意味のない時が流れた。ロボットのようにただ学校に行って先生の話を聞いて、決められた給食を食べたりして家に帰った。まるでタイムリープでもしているかのように24時間を繰り返した。
 友達がいない僕は帰宅してもすることがないため、人のいない公園に出かけてはベンチに腰かけて、ただ空を眺めたりして過ごした。家の猫カフェから勝手に持ち出したエサを足元に置き、近寄ってきた野良猫を撫でたりもした。僕は猫を撫でながら「ごめんね。」と言うのが癖になっていた。

 僕は教師に勧められた通りに普通の高校に入り、ただ時が流れて進級していった。相変わらず家に帰ってもすることがないので、学校で言われた通りの勉強はしていた。高校2年生に上がる時、文系か理系かを選択しなければならなかったが、僕は何となく文系にした。「楽そうだから」といったありきたりな理由だ。いつも通り意味のない日々を繰り返し、2年目の高校生活は過ぎていった。
 そして僕は彼女と出会う。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み