第29話「鼓動は速まるばかり。」

文字数 710文字

 僕らは同棲を始めた。
 ある日、2人でソファーに座りながらテレビを見ていると、有名人の夫婦が出演していた。彼女はテレビに目を向けたまま何気なく言った。

「結婚ってどう思う?」

 鼓動が速まった。
「どう思うって?」
「“何のためにするか”とか。」
「それはまあ、永遠の愛を誓うとか、そういうものじゃない?」
「へえ。」彼女はクスリと笑って僕の顔を覗き込んだ。「あなたってロマンチストなのね。」
「いや、そういうわけじゃなくて、一般的にそうだという話で。」
「恥ずかしがらなくていいのよ。」
 そう言って頬をつつくと、彼女は僕の肩に頭をもたれた。
「私のこと愛してる?」
「愛してるよ。」
「私もよ。」
 僕らは熱く口づけを交わし、いつもより長い時間をかけて愛を確かめ合った。

 2人並んでベッドに横たわっていると、彼女は宙に浮かせた左手の甲を眺めながら言った。

「結婚指輪ってするべきだと思う?」

 また鼓動は速まる。
「それはまあ、人それぞれじゃないかな。」
「あなたのご両親は指輪してたかしら?」
「そういえばしてなかったな。」
「私の両親もしてなかったわ。」
「何か理由はあるのかな。」

「子どもは欲しい?」

 彼女は自然とこういう話をする。その度に僕の心拍数は上がり続ける。いつか倒れそうだ。
「君は子どもが欲しいの?」
「分からないわ。」
 しばらく2人とも黙って子どもについて考えた。

「もし生まれてきた子どもが“私達のような経験”をしたらさ、それでも幸せだと思う?」
「どうだろう。何とも言えないな。」
「私も分からないわ。」
「ただ、そんな経験をして君と出会えた僕はすごく幸せだよ。」
「私もよ。」
 彼女は僕の頬に口づけした。そのまま僕らは続けてもう一度愛し合った。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

登場人物はありません

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み