六章  今岡単独パート

エピソード文字数 1,932文字

かくして、ナオミさァ一行ば、寮の方へと帰ってきもした。
なにやってんのよ、あんた?
ん?
地の文が消滅しちょったもんで、代わりにナレーションば務めちょりもした。
変なところで律儀よね……。
まぁ、次ん時にゃ、また地の文さァも復活しちょっやろうで、
ひとまずの代理にごわすよ(笑)
それにしても新しい先生のあれにはまいったよな。
ああ、あれね……。
うちはわりかし変な先生多いけど、もやし特化とはなぁ……。
もやし特価なら、かかどんらが黙っちょらんとこでごわしたな(笑)
かかどん?
お母さんたちとか、奥様方とか、そういうのでいいんだったっけ?
あんた、いつの間にこいつの言葉、理解するようになったのよ……。
男同士、いろいろ話していれば相通じるところもあるってことかな。
あんたらの場合、変なところで通じていそうだけどね……。
……でも、私もなにか特化できるものがあったほうがいいのかな?

え?

もやしに特化するの?

それはない!

絶対ないからね!

じゃあ、なんでもやし特化の話をしだしたのさ?

私は特化の話をしたんであって、

もやし特化の話をしたわけじゃないの!

ああ、そういうことか。

でも、どうして急に?

私ってば、召喚士のくせにまだこいつしか召喚できてないでしょ……。


(←こいつ)

でもって、他の魔法も一応使えるには使えるけど、

いうほど得意ってわけじゃないし……。

まだオレたちは一年生なんだし、

そんなに気にする必要はないと思うけどな。

あんたはいいわよ!

一年のくせに剣の腕もけっこう立つし、

コミュ力だってはんぱないじゃない!

だいたいなんで学園長のツボまで心得てんのよ!

ああ、あれは先輩が教えてくれたから……。

ふつう、ほいほいと先輩たちと

コミュニケーション取れるってもんでもないでしょ!


そうかな?
そうよ!
でもさ、ナオミだって十分召喚士としての素質はあるほうじゃないかな?
お世辞はいいわよ……。

お世辞じゃないよ。

だって、スーさんっていう立派な召喚獣を召喚したじゃないか。

こいつのどこが立派なのよ……。


(←こいつ)

火を吐くわけでもなし、空を飛ぶわけでもなし……。

なんの取り得があるのか……。

でも、スーさん、剣の腕はかなりのもんだよ。
剣っ!?

ああ、スーさんの剣術……、

なんて言ったかな……。

示現流。

そうそう。その示現流っていうやつ。

あれ、すごいんだぜ!

でかい岩なんかも一刀両断!

ありゃ、でかいドラゴンの首も断ち切る腕前だね。

オレなんかよりも、ずっと腕前は上だよ。


……ちょっと待って。

なんで私が知らないようなこと、あんたが知ってるの?

うん?

たまに朝稽古に付き合ってもらってるからね。


しれっと衝撃発言しないでよね!
そんなに衝撃か?


衝撃よ!

だいたいなんであんたら、そんなことやってんのよ!

朝稽古は基本だろ?

なんか私が真面目じゃないみたいじゃない……。

私、わりとこの作品では真面目系のキャラだと思ってたのに……。

まぁ、そう、落ち込むなって。

落ち込むわよ!


……それに、なんであんた今日に限って大人しいのよ!

うん?

おいのこつか?

そうよ!

さっきちょこっと話したかと思ったら、あとはずっと黙ってるじゃない!

いや、今日は地の文さァの代わりを務めにゃならんもんで、

少(ち)す黙っちょった方がよかかと思(おめ)もしてな。

ほんと、あんた変なところで律儀よね……。

じゃあ、また地の文の代わりに、あんたが締めのナレーションでもするわけ?

おう。

地の文さァの調子が治(なお)っまで、

おいがしっかり務めもんど。

それいつまでやる気?
もいっとっこつじゃ。
え?

たぶんもう少しのことだってさ。


だからなんで言ってることがわかんのよ……。
なんとなくかな。

まぁ、いいわ。

でも、なんでもう少しのことってわかるの?

あっちじゃ、すぐ戻ってきちょいもした。

こっちでん、すぐ戻いもんそ。


時間的経過を無視して

メタいこと言わないでよね……。

鈴木どん、あいがとさげもす。

もう大丈夫じゃって、気ぃせんでくいやい。

eijivocal23

あ、地の文が戻ってきたみたいだね。

あんたもすんなり受け入れないでよね!

だいたいなんで地の文が、

こいつと同じ言葉を話してんのよ!

いえ、やはり感謝の気持ちを伝えるのならば、

同じ言葉で話した方が伝わるかと。

eijivocal23


そういう問題じゃないでしょ!

ナオミさァも、そう怒(おこ)いなさっな。

せっかっ地の文さァが戻ってきちょったどん。

なに言ってるかわかんないし、

ここは地の文も含めて変なのばっかり!

もう、イヤ!!

言うが早いか、寮の談話室を飛び出したナオミ。

そして足早に階段を昇っていき、自室の前までくるや──!

eijivocal23


お前もついてくるな!
ドゴーン!!!! 

eijivocal23

ふっとか音ばともに、倒れ落ちる地の文サァの姿(?)があったっちゅう。 

しかし、これもまた彼ら(?)の日常。

ありふれた光景の一つにすぎないのだった。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

ナオミ=クロフォード(今岡パート)


召喚士見習いの1年生。

魔法の成績は、本人曰く「中の上」ということだが、実際のところは「中の中」。

よくもなく悪くもない、典型的な凡人である。

レオナルド=マイルズ(今岡パート)


剣士見習いの1年生。

魔法はからっきしだが、剣の腕はピカイチ。

脳筋っぽく思われがちだが、野卑というほどでもなく、周囲からの人望もそこそこある。

魔法以外弱点ないんじゃないか、こいつ?

ゴン(今岡パート)


ナオミの召喚獣。

ゴンという呼び名はナオミが呼ぶあだ名のようなもので、本人は気に入っていない。

ロイ=マッチョメン(今岡パート)


冒険者学園の学園長。

元冒険者で、むきむきマッチョな肉体は老いてなお健在。

キャラアイコンの下は、「ストⅡのザ●ギエフ」「鋼錬のアー●ストロング」「DBの全盛期・亀仙●」の肉体が付いていると想像すればいい。

学園長を名乗るぐらいなので、魔法にも長けていると思われるが……、その真偽は謎。

というのも、大抵は「魔法(物理)」でかたをつけるからである。

むろんその威力は計り知れない。

カレン=ティーハーフ(今岡パート)


風魔法の使い手で、冒険者学園の飛行訓練担当教師。

一応講師なのですべての魔法は一通り使えるが、とりわけ風魔法が得意。

むしろ風魔法だけなら、現役でもトップクラス。

ただ、極度の対人恐怖症なので、常にお面をかぶっている。


いや、人前に出るのが苦手なら、なんで講師になった?

あ、お面さえあれば、大丈夫だそうですよ。

セリナ=ティーハーフ(今岡パート)


魔法使い見習いの1年生。

名前からわかるとおり、カレン先生の妹である。

姉とは真反対で社交性が高く、周囲に打ち解けるのが早い。

血筋なのか、風魔法の上達速度はピカイチ。

しかし適正とは裏腹に、本人は火魔法をメインにしたいとのこと。

目標は「今のはメ●ゾーマではない、●ラだ」とドヤ顔で言うこと。

ゴリラ(今岡パート)


ウッホウッホ、ウホウホウッホ。

(冒険者学園の剣術講師)


ウホホウホホ、ウッホウッホウッホホ。

(アイコンのせいでオークに見えるが、現役のゴリラである)


ウッホウホホウ、ウッホウ?

(っていうか、現役のゴリラってなんだ?)

ルーチェ=ローズブラウニー(星崎パート)


騎士の一家ローズブラウニー家の3女。騎士である姉と兄がいる。

しかしルーチェは救うべき民を蔑ろにし、貴族であり騎士である自分たちの誇りばかり優先する一族のやり方に反発し、人々を救うための冒険者を目指し、学校に入った。

貴族故に豊富な魔力を持つが、コントロールが苦手。家族からは落ちこぼれ扱いをされている。そんな環境も、彼女が冒険者を志した理由になっている。

幼い頃に剣を叩き込まれ、剣士としての素質を持つが、召喚士見習いである。


得意:剣術

苦手:魔法

好き:甘い物


「私は立派な冒険者になって、困っている人や差別されている人たちを助けるのですわ!」


ラティエ(星崎パート)


ルーチェの召喚獣。見た目は少女で、本人は優秀な精霊を名乗っているが、重度の怠け者。

ルーチェの豊富な魔力にひかれて、やってきた。マイペースで、基本的に言うことを聞かない。


得意:どこでも眠れる

苦手:起きていること

好き:寝ること


「え~、めんどぃ」「ラティエ、お腹空いたぁ」

ニャーシィ=ドルッチェ(星崎パート)


27歳、未婚、彼氏いない歴=年齢。

魔法薬学の先生。なぜか呪術と恋愛に関する魔法に詳しい。未婚なことから、成功率はよろしくないらしい?


「うふふふ。今日は意中の相手を奪う魔法薬を調合しましょうねぇ~~」

キル=ブラッディロード(星崎パート)


元魔王軍の幹部。魔王が倒されたことで、人間側に寝返った。彼が教鞭をとることに反対する者もいるが、人間とモンスターのハーフである点と、強力な魔法の使い手である彼から学べることも多いという点から、学園長が採用した。

魔法戦闘学の教師。


得意:もやし魔法

好き:もやし

趣味:もやし育成


「もやしの持つアスパラギン酸は疲労回復やスタミナをつける効果がある。強くなりたければもやしを食え!」

希望ミライ(星崎パート)


剣士見習い。なにかの手違いで異世界に飛ばされた剣道部。ここはゲームの世界で、自分が主人公の物語だと思っている。主人公にはライバルが必要という理由から、勝手にレオナルドをライバル視している。


得意:剣

好き:自分


「これはアバターってやつね。なんでも出来るのなら、今日から私は超美少女魔法剣士よ!」

ウィル=ラガマフィン(星崎パート)


白竜に乗った魔法オシャレ学の先生。

18歳にして教員となった。冒険者だって、可愛く・かっこよくなくてはならない。そんな考えから魔法オシャレ学を提案した。さまざまなコーデを作る魔法の授業である。

女性にモテる王子様系の女性。


得意:装飾魔法

苦手:辛いもの

好き:おしゃれ


「さあ、ボーイズ&ガールズ諸君。僕がエスコートしてあげよう」

ブラック(星崎パート)


猫型の獣人。鍛冶屋見習いの生徒。元々剣の心得があったが、盗賊に襲われ膝に矢を受けてしまったため、剣の道を諦めた。その際キルに助けられ、キルのための剣をつくるべく鍛冶屋見習いになった。


得意:鍛冶

苦手:熱いもの

好き:キル先生


「オレの命はキル様のためにある」

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色