三章  今岡単独パート

エピソード文字数 1,718文字

逃げるように寮へと帰ったナオミ一行。

そのナオミは寮の談話室にたどり着くや、大きな溜め息をついていた。

eijivocal23

ハァ~~…………。

どうした?

溜息なんかついて?

いえ、いろいろあってね……。

それにしても相変わらず、この寮の名前には慣れないわね。

そうか?

オレは面白くていいと思っているぞ。

……ないわ。
……ないか?

あるわけないじゃない!

なによ、フリ●ンドールって!?

出オチ感はんぱないじゃない!

フ●チンドールって、はじめて聞いたとき、

「おもしろっ!」って思ったけどな、オレは。

それはあんただけよ!

だいたいなんかくたびれた帽子がはじめ寮の名前を呼んだとき、

寮生の人たちもちょっと恥ずかしそうにしてたでしょ!

歓迎はしてくれたじゃないか?
歓迎しながらも気恥ずかしそうだったって言ってるの!

はて?

いったいフリチンド●ルの、なにがそんなにおかしいんでごわすか?

ちょっ……!

伏字の使い方間違えてるからね?

うん?

フリチンド●ルじゃあ、駄目でごわしたか?

それじゃあ、なんか素のままのアレがドリルっぽくなってる感じがしない?

強そうで、よか!

おはんも男なら、このロマンわかっとじゃなかか?

…………ありだな!
バッカじゃないの!

バカと言われるおぼえはなか!

そもそもバカなんは、おまんさァのほうじゃ!

なんで私がバカなのよ!
あいほど、おいのことをゴンち呼ぶなと、

言っちょいたじゃなかか!

…………呼びにくいのよ。

呼びにくくはなか!

おいの名は鈴木権三郎(すずき・ごんざぶろう)じゃと、

なんべん言うたらわかっとか!

いやぁ、スーさんの怒鳴り声はいつ聞いてもおもしろいわ。

たまになに言っているのかわからないのが、またいいよな(笑)。

あんなこと言ってるけど、あれはいいの?

ん?

おいの言葉が聞きとりにくかは、しょうがなかことじゃって。

いちいち腹ぁ立てもはんど。


いや、そっちじゃなくてね……。

スーさんっていうのはいいのかって聞いてるの。

おいの名は鈴木権三郎じゃ。

敬意ば払(はろ)うて、スーさんち敬称つけて呼んでくるっとを、叱る道理はなか。

相変わらずハードルがよくわからない言い分よね……。

まぁよか。

今度から気ぃつけてくいやい。

これ以上とやかくは言いもはんど。


じゃっどん、ないごて溜息なんぞ吐いておじゃした?

…………それはもういいのよ。


まさか寮の名前に嫌気がさしただけってことはないんだろ?

それだったら別に今にはじまったことじゃないんだしさ。


そりゃそうだけど…………。

(言えるわけないじゃない…………)

(またあいつらに憎まれ口をたたいたことに自己嫌悪しただなんて…………)

まぁ、いろいろ悩んことばあると思(おめ)もすが、

素直になるっとが一番(いっばん)大事じゃっど。

…………あんたねぇ、人の心読んだでしょ、いま!

はて?

なんのことでごわしょ?


とぼけないでよね!

いくら召喚獣でもやっていいことと

やっちゃいけないことの区別ぐらいつくでしょ!

え?

なになに?

どういうこと?

もういいのよ!

もう私は部屋に帰るから、ついてこないでよね!

そう怒鳴るやいなや、寮の談話室を出て、階段を昇っていったナオミ。

それを目で追いつつ、レオは心配そうに呟くのだった。

eijivocal23

あ~あ、スーさんのせいで怒らせちゃった……。

そいはすまんことをしもした。

では、責任ばとりもんそ。

え?

どこいくの?


うん?

ナオミさァの部屋ば決まっておりもんそ。

いまついてくるなって言われたばっかりじゃないか……。

じゃっどん、心配じゃって、しょうがなか。


いや、でもさぁ……。

たとえばの話になりもすが、ナオミさァが着替えちょる最中に敵に襲われでもしたら、一大事じゃっど。

召喚獣としては助ける必要がありもんそ。

……それは一大事だね。

仲間としてオレも見捨てておくことはできないな。

そいでこそ、おいが見込んだよかにせじゃ!

じゃあ、決まりでごわすな!

(※注:よかにせ=いい男、見込みのある若い男性)

ああ、大事な仲間のためだからね!

言うや、この一人と一匹は固くうなずき合い、そして果敢にも仲間を救わんと階段に歩を進めるのだった。

そして────、


eijivocal23


ドゴーン!!!!

eijivocal23

大きな音とともに、倒れ落ちる二つの影があったという。

eijivocal23

しかし、これもまた彼らの日常。

ありふれた光景の一つにすぎないのだった。

eijivocal23

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。

登場人物紹介

ナオミ=クロフォード(今岡パート)


召喚士見習いの1年生。

魔法の成績は、本人曰く「中の上」ということだが、実際のところは「中の中」。

よくもなく悪くもない、典型的な凡人である。

レオナルド=マイルズ(今岡パート)


剣士見習いの1年生。

魔法はからっきしだが、剣の腕はピカイチ。

脳筋っぽく思われがちだが、野卑というほどでもなく、周囲からの人望もそこそこある。

魔法以外弱点ないんじゃないか、こいつ?

ゴン(今岡パート)


ナオミの召喚獣。

ゴンという呼び名はナオミが呼ぶあだ名のようなもので、本人は気に入っていない。

ロイ=マッチョメン(今岡パート)


冒険者学園の学園長。

元冒険者で、むきむきマッチョな肉体は老いてなお健在。

キャラアイコンの下は、「ストⅡのザ●ギエフ」「鋼錬のアー●ストロング」「DBの全盛期・亀仙●」の肉体が付いていると想像すればいい。

学園長を名乗るぐらいなので、魔法にも長けていると思われるが……、その真偽は謎。

というのも、大抵は「魔法(物理)」でかたをつけるからである。

むろんその威力は計り知れない。

カレン=ティーハーフ(今岡パート)


風魔法の使い手で、冒険者学園の飛行訓練担当教師。

一応講師なのですべての魔法は一通り使えるが、とりわけ風魔法が得意。

むしろ風魔法だけなら、現役でもトップクラス。

ただ、極度の対人恐怖症なので、常にお面をかぶっている。


いや、人前に出るのが苦手なら、なんで講師になった?

あ、お面さえあれば、大丈夫だそうですよ。

セリナ=ティーハーフ(今岡パート)


魔法使い見習いの1年生。

名前からわかるとおり、カレン先生の妹である。

姉とは真反対で社交性が高く、周囲に打ち解けるのが早い。

血筋なのか、風魔法の上達速度はピカイチ。

しかし適正とは裏腹に、本人は火魔法をメインにしたいとのこと。

目標は「今のはメ●ゾーマではない、●ラだ」とドヤ顔で言うこと。

ゴリラ(今岡パート)


ウッホウッホ、ウホウホウッホ。

(冒険者学園の剣術講師)


ウホホウホホ、ウッホウッホウッホホ。

(アイコンのせいでオークに見えるが、現役のゴリラである)


ウッホウホホウ、ウッホウ?

(っていうか、現役のゴリラってなんだ?)

ルーチェ=ローズブラウニー(星崎パート)


騎士の一家ローズブラウニー家の3女。騎士である姉と兄がいる。

しかしルーチェは救うべき民を蔑ろにし、貴族であり騎士である自分たちの誇りばかり優先する一族のやり方に反発し、人々を救うための冒険者を目指し、学校に入った。

貴族故に豊富な魔力を持つが、コントロールが苦手。家族からは落ちこぼれ扱いをされている。そんな環境も、彼女が冒険者を志した理由になっている。

幼い頃に剣を叩き込まれ、剣士としての素質を持つが、召喚士見習いである。


得意:剣術

苦手:魔法

好き:甘い物


「私は立派な冒険者になって、困っている人や差別されている人たちを助けるのですわ!」


ラティエ(星崎パート)


ルーチェの召喚獣。見た目は少女で、本人は優秀な精霊を名乗っているが、重度の怠け者。

ルーチェの豊富な魔力にひかれて、やってきた。マイペースで、基本的に言うことを聞かない。


得意:どこでも眠れる

苦手:起きていること

好き:寝ること


「え~、めんどぃ」「ラティエ、お腹空いたぁ」

ニャーシィ=ドルッチェ(星崎パート)


27歳、未婚、彼氏いない歴=年齢。

魔法薬学の先生。なぜか呪術と恋愛に関する魔法に詳しい。未婚なことから、成功率はよろしくないらしい?


「うふふふ。今日は意中の相手を奪う魔法薬を調合しましょうねぇ~~」

キル=ブラッディロード(星崎パート)


元魔王軍の幹部。魔王が倒されたことで、人間側に寝返った。彼が教鞭をとることに反対する者もいるが、人間とモンスターのハーフである点と、強力な魔法の使い手である彼から学べることも多いという点から、学園長が採用した。

魔法戦闘学の教師。


得意:もやし魔法

好き:もやし

趣味:もやし育成


「もやしの持つアスパラギン酸は疲労回復やスタミナをつける効果がある。強くなりたければもやしを食え!」

希望ミライ(星崎パート)


剣士見習い。なにかの手違いで異世界に飛ばされた剣道部。ここはゲームの世界で、自分が主人公の物語だと思っている。主人公にはライバルが必要という理由から、勝手にレオナルドをライバル視している。


得意:剣

好き:自分


「これはアバターってやつね。なんでも出来るのなら、今日から私は超美少女魔法剣士よ!」

ウィル=ラガマフィン(星崎パート)


白竜に乗った魔法オシャレ学の先生。

18歳にして教員となった。冒険者だって、可愛く・かっこよくなくてはならない。そんな考えから魔法オシャレ学を提案した。さまざまなコーデを作る魔法の授業である。

女性にモテる王子様系の女性。


得意:装飾魔法

苦手:辛いもの

好き:おしゃれ


「さあ、ボーイズ&ガールズ諸君。僕がエスコートしてあげよう」

ブラック(星崎パート)


猫型の獣人。鍛冶屋見習いの生徒。元々剣の心得があったが、盗賊に襲われ膝に矢を受けてしまったため、剣の道を諦めた。その際キルに助けられ、キルのための剣をつくるべく鍛冶屋見習いになった。


得意:鍛冶

苦手:熱いもの

好き:キル先生


「オレの命はキル様のためにある」

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色