九章  今岡単独パート

エピソード文字数 2,049文字

──コンコンッ!!
2019/02/09 00:05

eijivocal23

ふんふんっ!


……うん、どなたじゃな?


2019/02/09 00:05

入ります!


2019/02/09 00:06

ふんふんっ!


おおっ、カレン先生か。

どうなされましたかの?

2019/02/09 00:07
折り入って話したいことがありまして……って、なにをやっているんですか?
2019/02/09 00:07

これか?

これは日課のスクワットじゃよ。

すばらしい筋肉は、日々のたゆまぬトレーニングから作られるからのう。

2019/02/09 00:08

すいません……。

うっとうしいんで、話しているときぐらい、

じっとしていただいてもかまいませんか?

2019/02/09 00:08
え~~…………。
2019/02/09 00:08

え~~、じゃない!


いい加減にしないと、そのへんに転がっているダンベルやら鉄アレイやら、

全部捨てますよ!


2019/02/09 00:09

……しかたないのう。


では、ちと座って話そうかの。

カレン先生、そこのイスへどうぞ。


で、話とは?

2019/02/09 17:01

はい、そのことですが、

私の教職を解いていただきたいのです!

2019/02/09 17:02
なんとっ……!?
2019/02/09 17:03


やはり私には向いていません!

2019/02/09 17:03
そんなことはないと思うがのう……。
2019/02/09 17:04

しかし私は見ての通り、

極度の対人恐怖症!

これでは教えられるものも

教えられないではないですか!

2019/02/09 17:04

かもしれんがのう……。

しかし、カレン先生はそれ以外は本当に優秀、

風魔法は現役トップクラスで、

性格だって、比較的うちではまともなほう。


なので、いま辞められては困るのじゃよ……。

2019/02/09 17:04

そうはおっしゃいましても、

これでは生徒のためにもなりません!

2019/02/09 17:06
……なるほどのう。
2019/02/09 17:06
わかっていただけましたか?
2019/02/09 17:06

うむ。


……であれば、なおさら辞めてもらうわけにはいかぬのう。

2019/02/09 17:06


どうしてですか!!
2019/02/09 17:07

それはじゃな。

カレン先生が誰より生徒のことを想っておるからじゃよ。

2019/02/09 17:07


…………!!!!

2019/02/09 17:08

生徒を想う心、

それがなにより教師には大事なのじゃ。

それを誰より強く持つ先生に辞められたとあっては

もうここで教える者など誰もいまいて……。

2019/02/09 17:08


………………。

2019/02/09 17:09
わかったら、話はここまでじゃな。
2019/02/09 17:10

わかりました……。

では、最後に一つだけお聞きしてもいいですか?

2019/02/09 17:10

うん?

なにかの?

2019/02/09 17:10


学園長はさっきから何に

座っておられるのですか?

2019/02/09 17:11
イスじゃよ。
2019/02/09 17:11
私にはなにも見えませんが……。
2019/02/09 17:12

空気イスじゃよ。

じっとしておっても、

これならいつでもどこでも筋トレができるからのう。

2019/02/09 17:12

(……この人自身が、生徒のことより

(自分の筋肉のことしか考えてないんじゃないのか?


2019/02/09 17:12
ところ変わって、フリ●ンドール寮の談話室。
2019/02/09 21:19

eijivocal23

──ってことがあった、そうなんだよ。
2019/02/09 21:25
あんた、そんなことどこから聞いたの?
2019/02/09 21:25

ん?

盗み聞きしてた先輩から教えてもらっただけだよ。

2019/02/09 21:26

だーかーらー、

なんでそんなにコミュの範囲広いのよ!

ちょっとおかしいんじゃないの!

2019/02/09 21:26
情報交換は冒険者にとって大事なことだろ?
2019/02/09 21:27
ド正論で返さないでよね!
2019/02/09 21:27
じゃっどん、驚きもしたなぁ……。
2019/02/09 21:28
なにが?
2019/02/09 21:28
あん先生がそいまでとは、考(かんが)いもしもはんじゃった……。
2019/02/09 21:28
そうね……。
2019/02/09 21:29

学園長さァがそいまで研鑽をたゆまんとは、

おいも負けとれんでごわすな!

2019/02/09 21:29


そこじゃない!
2019/02/09 21:30
ま、ともかくあの先生もいろいろ苦労してるっぽいよ。
2019/02/09 23:06
本人がまともなら、なおさらそうでしょうね。
2019/02/09 23:07
ほいたあ、正気を失(うしの)うたら、どうでごわしょう?
2019/02/09 23:07
正気を失ったら……よけい、この学校がひどいことにならない?
2019/02/09 23:11

戦ばもともと正気でやるもんじゃなか。

そんぐらいで丁度よかではなかか?

2019/02/09 23:11
あんたの頭の中、どうなってんのよ?
2019/02/09 23:12
どうって言われもしても……。
2019/02/09 23:12

そういえばあんた、以前私の心、読んだことあったわよね?

あれ、どうやったの?

2019/02/09 23:12
わかりもはん。(しれっと)
2019/02/09 23:13
と・ぼ・け・る・な。(威圧)
2019/02/09 23:13

あ~、あれじゃないかな。

召喚士と召喚獣はお互いの考えが通じるって、

なにかの本で読んだことあるんだけど。

もしかしたら、ナオミもやろうと思えばできるんじゃない?

2019/02/09 23:14

そっか。

じゃあ、ちょっとやってみようかな。

2019/02/09 23:15

止めちょいたほうがよかよ。


2019/02/09 23:15

今さら止められますかって。


う~~ん……。

こうかな?

2019/02/10 00:29
(首置いてけ。首置いてけ。手柄首ば置いてけ。首置いてけ。首置いてけ。手柄首ば置いてけ。首置いてけ。首置いてけ。手柄首ば置いてけ。首置いてけ。首置いてけ。手柄首ば置いてけ。首置いてけ。首置いてけ。手柄首ば置いてけ。首置いてけ。首置いてけ。手柄首ば置いてけ。首置いてけ。首置いてけ。手柄首ば置いてけ。首置いてけ。首置いてけ。手柄首ば置いてけ。首置いてけ。首置いてけ。手柄首ば置いてけ…………)
2019/02/10 00:30


ひぃっ……!?

2019/02/10 00:30
じゃっで、やめちょけち言いもしたじゃなかか。
2019/02/10 00:31
な、な、な、なんで……!!
2019/02/10 00:31

おいは薩摩兵子(さつまへご)じゃ。

寝てん覚めてん、戦の手柄のこつしか頭ん無かぞ。

2019/02/10 00:31
どこかで聞いたような言葉だね。
2019/02/10 00:32
そいだけ、当たり前の考え方じゃち、いうこつじゃ。(笑)
2019/02/10 00:32
……もう、今日は寝る。
2019/02/10 00:32
じゃあ、オレもそろそろ寝るかな。
2019/02/10 00:33
おいもそうすっとでごわす。
2019/02/10 00:33

そう。

じゃあ、おやすみ。

2019/02/10 00:33
おやすみ。
2019/02/10 00:33
おやすみでごわす。
2019/02/10 00:34

言い交わしてから、二人と一匹は談話室を出て、それぞれの寝室へと続く階段を昇っていったのだった。

しかし────、

2019/02/10 00:34

eijivocal23

ドゴーン!!!! 
2019/02/10 00:34

eijivocal23

この日も大きな音とともに、倒れ落ちる二つの影があったという。 
2019/02/10 00:35

eijivocal23


しれっと、


ついてこようとするな!
2019/02/10 00:35

いやはや、騒がしいことだが、これもまた彼らの日常。

ありふれた光景の一つにすぎないのだった。

2019/02/10 00:36

eijivocal23

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)
※これは自由参加コラボです。誰でも書き込むことができます。

※コラボに参加するためにはログインが必要です。ログイン後にセリフを投稿できます。
※本コラボは完結済みです。

登場人物紹介

ナオミ=クロフォード(今岡パート)


召喚士見習いの1年生。

魔法の成績は、本人曰く「中の上」ということだが、実際のところは「中の中」。

よくもなく悪くもない、典型的な凡人である。

レオナルド=マイルズ(今岡パート)


剣士見習いの1年生。

魔法はからっきしだが、剣の腕はピカイチ。

脳筋っぽく思われがちだが、野卑というほどでもなく、周囲からの人望もそこそこある。

魔法以外弱点ないんじゃないか、こいつ?

ゴン(今岡パート)


ナオミの召喚獣。

ゴンという呼び名はナオミが呼ぶあだ名のようなもので、本人は気に入っていない。

ロイ=マッチョメン(今岡パート)


冒険者学園の学園長。

元冒険者で、むきむきマッチョな肉体は老いてなお健在。

キャラアイコンの下は、「ストⅡのザ●ギエフ」「鋼錬のアー●ストロング」「DBの全盛期・亀仙●」の肉体が付いていると想像すればいい。

学園長を名乗るぐらいなので、魔法にも長けていると思われるが……、その真偽は謎。

というのも、大抵は「魔法(物理)」でかたをつけるからである。

むろんその威力は計り知れない。

カレン=ティーハーフ(今岡パート)


風魔法の使い手で、冒険者学園の飛行訓練担当教師。

一応講師なのですべての魔法は一通り使えるが、とりわけ風魔法が得意。

むしろ風魔法だけなら、現役でもトップクラス。

ただ、極度の対人恐怖症なので、常にお面をかぶっている。


いや、人前に出るのが苦手なら、なんで講師になった?

あ、お面さえあれば、大丈夫だそうですよ。

セリナ=ティーハーフ(今岡パート)


魔法使い見習いの1年生。

名前からわかるとおり、カレン先生の妹である。

姉とは真反対で社交性が高く、周囲に打ち解けるのが早い。

血筋なのか、風魔法の上達速度はピカイチ。

しかし適正とは裏腹に、本人は火魔法をメインにしたいとのこと。

目標は「今のはメ●ゾーマではない、●ラだ」とドヤ顔で言うこと。

ゴリラ(今岡パート)


ウッホウッホ、ウホウホウッホ。

(冒険者学園の剣術講師)


ウホホウホホ、ウッホウッホウッホホ。

(アイコンのせいでオークに見えるが、現役のゴリラである)


ウッホウホホウ、ウッホウ?

(っていうか、現役のゴリラってなんだ?)

デヴァ=ボ=ウチョウ(今岡パート)


冒険者学園の歴史学講師・デヴァ先生。

インテリジェンスソードのため、話すことが可能。

ふだんは飛び回ることによって、移動している。

齢2000年という歴史の生き証人でもある。

むろん武器としての性能もまったく衰えていない。

いや、歴史学もいいけど、こいつが剣術講師でもよかったんじゃね?

ルーチェ=ローズブラウニー(星崎パート)


騎士の一家ローズブラウニー家の3女。騎士である姉と兄がいる。

しかしルーチェは救うべき民を蔑ろにし、貴族であり騎士である自分たちの誇りばかり優先する一族のやり方に反発し、人々を救うための冒険者を目指し、学校に入った。

貴族故に豊富な魔力を持つが、コントロールが苦手。家族からは落ちこぼれ扱いをされている。そんな環境も、彼女が冒険者を志した理由になっている。

幼い頃に剣を叩き込まれ、剣士としての素質を持つが、召喚士見習いである。


得意:剣術

苦手:魔法

好き:甘い物


「私は立派な冒険者になって、困っている人や差別されている人たちを助けるのですわ!」


ラティエ(星崎パート)


ルーチェの召喚獣。見た目は少女で、本人は優秀な精霊を名乗っているが、重度の怠け者。

ルーチェの豊富な魔力にひかれて、やってきた。マイペースで、基本的に言うことを聞かない。


得意:どこでも眠れる

苦手:起きていること

好き:寝ること


「え~、めんどぃ」「ラティエ、お腹空いたぁ」

ニャーシィ=ドルッチェ(星崎パート)


27歳、未婚、彼氏いない歴=年齢。

魔法薬学の先生。なぜか呪術と恋愛に関する魔法に詳しい。未婚なことから、成功率はよろしくないらしい?


「うふふふ。今日は意中の相手を奪う魔法薬を調合しましょうねぇ~~」

キル=ブラッディロード(星崎パート)


元魔王軍の幹部。魔王が倒されたことで、人間側に寝返った。彼が教鞭をとることに反対する者もいるが、人間とモンスターのハーフである点と、強力な魔法の使い手である彼から学べることも多いという点から、学園長が採用した。

魔法戦闘学の教師。


得意:もやし魔法

好き:もやし

趣味:もやし育成


「もやしの持つアスパラギン酸は疲労回復やスタミナをつける効果がある。強くなりたければもやしを食え!」

希望ミライ(星崎パート)


剣士見習い。なにかの手違いで異世界に飛ばされた剣道部。ここはゲームの世界で、自分が主人公の物語だと思っている。主人公にはライバルが必要という理由から、勝手にレオナルドをライバル視している。


得意:剣

好き:自分


「これはアバターってやつね。なんでも出来るのなら、今日から私は超美少女魔法剣士よ!」

ウィル=ラガマフィン(星崎パート)


白竜に乗った魔法オシャレ学の先生。

18歳にして教員となった。冒険者だって、可愛く・かっこよくなくてはならない。そんな考えから魔法オシャレ学を提案した。さまざまなコーデを作る魔法の授業である。

女性にモテる王子様系の女性。


得意:装飾魔法

苦手:辛いもの

好き:おしゃれ


「さあ、ボーイズ&ガールズ諸君。僕がエスコートしてあげよう」

ブラック(星崎パート)


猫型の獣人。鍛冶屋見習いの生徒。元々剣の心得があったが、盗賊に襲われ膝に矢を受けてしまったため、剣の道を諦めた。その際キルに助けられ、キルのための剣をつくるべく鍛冶屋見習いになった。


得意:鍛冶

苦手:熱いもの

好き:キル先生


「オレの命はキル様のためにある」

魔氷剣士マオ(星崎パート)


この世界には存在しないはずの「スマートフォン」という魔道具を持つ少女。どこか別の世界から来た、という噂もある。謎の冒険者。自称「2人の創造神の知り合い」。


得意:ボケとツッコミの二刀流

苦手:じっとすること

好き:楽しいこと


「別の世界でアタシを見た? 他人の空似だろ」

ベルフェゴール市長(星崎パート)


ニャーシィの父。学園のある町ではそこそこ偉い男。最近何者かからの脅迫を受けているらしい。しかし、この件に関して国の騎士や冒険者が首を突っ込むことを嫌い、私兵に対応をさせている。

キルのことを何故かよく知っているが……。


「娘の仕事ぶりを見学させてもらう」

神速のユリウス(星崎パート)


ベルフェゴール市長の抱えている私兵団の幹部・四光剣の1人。と名乗っているが、実は某国の騎士。四光剣はすべて某国の騎士で、ある計画のためベルフェゴールを監視している。


「どうやら君たちは、知りすぎてしまったようだねぇ」

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色