眠りながら考えた ~演劇とか旅とか音楽とか~

[日記・個人ブログ]

46

8,506

2件のファンレター

☆NEW!☆「その14 ページ・ターナー」
演劇や小説について、とくに自分の創りたい作品や理想の舞台について、考えたことを書いていきます。
1~10は少し前から書きためていたエッセイの蔵出しです。11から最近の作になっています。

目次

連載中 全20話

2022年08月02日 12:40 更新

  1. まえがき 2021年05月24日
  2. その1 都市に祝祭はいらないのか2021年05月25日
  3. その2 こういう演劇は二度と観ないと心に誓ったあの日のこと2021年05月26日
  4. その3 「ちょうど必要なだけの数の音符でございます、陛下」2021年05月25日
  5. その4 観客といっしょに歳をとること、あるいは/そして成井硝子店の再出発について2021年05月26日
  6. その5の1 俳優修業2021年05月26日
  7. その5の2 俳優修業(つづき)2021年05月26日
  8. その6の1 なぜパイプオルガンだったのか2021年05月27日
  9. その6の2 なぜパイプオルガンだったのか(つづき)2021年05月27日
  10. その7 犬かもしれない2021年05月27日
  11. その8 演劇公演の中止は「国民」にとっての損失なのか? いま? この状況で?2021年05月29日
  12. その9 「飛ぶ船」としての劇場2021年05月29日
  13. その10の1 インプット/アウトプットという言い方が好きになれない3つの理由2021年05月30日
  14. その10の2 インプット/アウトプットという言い方が好きになれない理由のつづき2021年05月30日
  15. その11 ときどき自分が何をしているのかわからなくなる2021年10月07日
  16. その12 ヒズ・マスターズ・ボイス2021年10月08日
  17. その13の1 演劇小説に必要なのは女優と演出家と、そして2022年02月13日
  18. その13の2 演劇小説に必要なのは女優と演出家と、そして(つづき) 2022年02月13日
  19. その13の3 演劇小説に必要なのは女優と演出家と(つづきのつづき) 2022年02月13日
  20. その14 ページ・ターナー2022年08月02日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

その6

「たまたま」立ち寄った教会で出会った神父さま、「たまたま」聞こえてきたオルガンの音。「なんとなくいいなぁ」で始めたと書かれていましたが、未村さんの出会いはすべて神さまのお計らいだったのだなぁと感じました。 プロテスタントは各個教会主義なので、教会や牧師による違いがけっこうある気がします。わたしが最初に教会を訪れた時、無牧の小さな群れだったので、映画やドラマで描かれる欧米の教会のイメージと全く違いました。その後、教会では男性牧師と女性牧師を招聘しました。そのお二人がアメリカの教会に招聘された時、 ... 続きを見る

返信(3)

その1&その5

その5の「ワーニャ伯父さん」を演じる場面、とても感動しました。ああ、舞台で見てみたい!思いました。オルガンの風の喩えが躍動的で美しいです。コンソールとふいごの位置が近い楽器だと、ストップを引いた時に無音の状態でも風を送る音って感じますよね。鍵盤に指をおくと、ふわっと息を吹き込むように音が鳴り始める感じ。それを文章から感じました! その1の都市に祝祭はいらない、という意見に対して、「「救い」や「癒し」や「祝祭」」が必要だと述べておられ、とても納得しました。活動報告に書かれている、芸術をやっている ... 続きを見る

返信(2)

小説情報

眠りながら考えた ~演劇とか旅とか音楽とか~

未村 明(ミムラアキラ)  mimura_akira

執筆状況
連載中
エピソード
20話
種類
一般小説
ジャンル
日記・個人ブログ
タグ
演劇, 戯曲, 脚本, 音楽, 外国暮らし, 創作のヒント, エッセイ, 生きる
総文字数
35,817文字
公開日
2021年05月24日 07:25
最終更新日
2022年08月02日 12:40
ファンレター数
2