武藏風土記神話 埼玉見沼の地球学 ―共生と文藝の歴史地理學―

[科学]

31

8,012

0件のファンレター

 私達は何処から来て、何処へと向かうのか…?
気候変動と火山噴火、文明の興亡。
二度の世界大戦、三度の大震災。
相次ぐ小惑星の急接近、隕石の衝突。
そして…ウィルスとの戦争。
歴史の最後にして最新の頁を今、私達は生きている。
これより始まるは…地球世界と日本列島の創世記、そして自我の存在へと至る、幾億年と一夜の物語…。

 本書は、私の専攻分野である地理学を、共生科学における「卒業制作」という形で統合し、学問と芸術、感性と理性とを調和させた「地球学」の創造を目指す「同人雑誌」です。
学術的な研究成果を重視しながら、物語(読み物)としての「面白さ」をも意識し、具体的な事例としては、埼玉見沼などの地域を舞台としています。

【第一章 地球と宇宙】
 私達はどこから来て、どこに行くのか…世界はなぜ存在し、自分はどう生きるべきなのか…全ての始まりは、時間と空間の開闢にまで遡る。
今この場所で、日常という生活を暮らす「私」には、137億年もの「前世」がある。
地学・生物学、そして神話の叡智をも観照しながら、幾億年と一夜の物語が幕を開ける…。

【第二章 関東平野と武蔵野台地】
 壮大な自然環境が、人間にどのような影響を及ぼし、それに対して私達は、どう対応して来たのか?
「自己」は「他者」と如何に向き合って来たのか?
今ある地域の風土には、その歴史が刻まれている。
現在は過去を解く鍵であり、それを共に学ぶ事こそが、未来への希望を探し求める旅になるはずだ。
幾億年と一夜の物語を経て、今ここに「私」の世界が始まる。
折しも天下は、かの忌々しきウィルスの災禍に終止符を打ちつつあったが…。

【第三章 埼玉見沼】
 本章の舞台になる「埼玉見沼」という地域は、大宮・浦和・川口の間に広がる、芝川低地・大宮台地の緑地空間である。
首都圏の都市でありながら、広大な自然環境が保全されて来た、という事実が注目される。
一体どのような過去を経て、現在に至る景観が創造されたのか?その歴史地理(歴史地誌)を探究しよう。
そして最終的には、第一章・第二章で学んだ事項も踏まえ、私達の日本列島、延いては地球世界の未来を、共に展望したい…。

 本書は、星槎大学共生科学部(共生科学専攻)の2020(令和二)年度「卒業制作」として創られた本です。

登場人物

【神霊矢口】(アキラ)

 とある大学理学などを専攻し、卒業制作に取り組む学生。明治の『教育勅語』を暗唱できる。


【キミの声、聴かせて】(めぐみ)

 神社の巫女さんを務めながら、日本宗教史を学んでいる。あまり運動しないが、短刀剣術は得意。


【紡絆生今】(ゆい)

 仁の幼馴染みで、現在は浦和に在住。勉強を好まず、馴れ馴れしい性格だが、皆に対して友好的。


【救世菩薩】(ひじり)

 仁の姉。教会の祭司を務め、自らの信仰を宗教哲学、特に自由主義神学で探究し、異教にも寛容。


【戦原維新】無敎(むきょう)

 大森の情報科学生。親友の星見と共に、ヴァーチャル3次元ホログラフィー技術を研究している。


【正教非戦】須崎(すざき)

 伊豆箱根の教会出身だが、横浜青葉の大学などに勤める海洋学者でもある。好物は、海洋深層水


【青鳥開眼】(いさみ)

 仁の姉で、聖とは双子。行政に勤め、航空工学や安全保障など、現代の諸問題を解決すべく奔走。


【天智心冥】亜紀(あき)

 結の従姉妹。大森貝塚の近隣に住み、渋谷の学校で地学部長を務め、人類考古学などにも詳しい。


【穏呼智真】桐原(きりはら)

 亜紀の後輩、地学部副部長。亜紀以上に理系の素質があり、特に鉱物化学の知識は圧倒的である。


【八紘一宇】(うい)

 結の母で、亜紀の伯母。中華大陸に留学経験あり、埼玉発展を目指す星川グループを大宮で経営。


【挺身巨砲】(あい)

 武家の末裔で、岩付城の歴史を語り継ぐ会。防衛学校などで軍事学を究め、泰平の世を守護する。


【観天察人】実葉(みのは)

 見沼の出身で、荒川の学校に勤めている社会科(地理)教諭。最近、オンライン授業に取り組む。


【碧星萬華】天河(てんが)

 実葉先生の教え子で、彼女を顧問とする科学部員。相対性理論・量子力学など天文物理学に関心。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

武藏風土記神話 埼玉見沼の地球学 ―共生と文藝の歴史地理學―

スライダーの会  slider

執筆状況
完結
エピソード
21話
種類
チャットノベル
ジャンル
科学
タグ
現代, ほのぼの, 百合, 歴史, 神話, 社会, 美少女, 大学生, 宇宙, 冒険
総文字数
56,807文字
公開日
2020年05月04日 12:03
最終更新日
2021年09月01日 01:15
ファンレター数
0