武藏風土記神話 埼玉見沼の地球学 ―共生と文藝の歴史地理學―

[科学]

20

15,475

0件のファンレター

 私達は何処から来て、何処へと向かうのか…?
気候変動と火山噴火、文明の興亡。
二度の世界大戦、三度の大震災。
相次ぐ小惑星の急接近、隕石の衝突。
そして…ウィルスとの戦争。
歴史の最後にして最新の頁を今、私達は生きている。
これより始まるは…地球世界と日本列島の創世記、そして自我の存在へと至る、幾億年と一夜の物語…。

 本書は、私の専攻分野である地理学を、共生科学における「卒業制作」という形で統合し、学問と芸術、感性と理性とを調和させた「地球学」の創造を目指す「同人雑誌」です。
学術的な研究成果を重視しながら、物語(読み物)としての「面白さ」をも意識し、具体的な事例としては、埼玉見沼などの地域を舞台としています。

【第一章 地球と宇宙】
 私達はどこから来て、どこに行くのか…世界はなぜ存在し、自分はどう生きるべきなのか…全ての始まりは、時間と空間の開闢にまで遡る。
今この場所で、日常という生活を暮らす「私」には、137億年もの「前世」がある。
地学・生物学、そして神話の叡智をも観照しながら、幾億年と一夜の物語が幕を開ける…。

【第二章 関東平野と武蔵野台地】
 壮大な自然環境が、人間にどのような影響を及ぼし、それに対して私達は、どう対応して来たのか?
「自己」は「他者」と如何に向き合って来たのか?
今ある地域の風土には、その歴史が刻まれている。
現在は過去を解く鍵であり、それを共に学ぶ事こそが、未来への希望を探し求める旅になるはずだ。
幾億年と一夜の物語を経て、今ここに「私」の世界が始まる。
折しも天下は、かの忌々しきウィルスの災禍に終止符を打ちつつあったが…。

【第三章 埼玉見沼】
 本章の舞台になる「埼玉見沼」という地域は、大宮・浦和・川口の間に広がる、芝川低地・大宮台地の緑地空間である。
首都圏の都市でありながら、広大な自然環境が保全されて来た、という事実が注目される。
一体どのような過去を経て、現在に至る景観が創造されたのか?その歴史地理(歴史地誌)を探究しよう。
そして最終的には、第一章・第二章で学んだ事項も踏まえ、私達の日本列島、延いては地球世界の未来を、共に展望したい…。

 本書は、星槎大学共生科学部(共生科学専攻)の2020(令和二)年度「卒業制作」として創られた本です。

登場人物

【神霊矢口】とさみや じゅのうじょうだい アキラ

十三宮 寿能城代 顯

関東州 東京府 東京市 蒲田区


蠍座♏11月1日(トパーズ

一人称「私」

二人称「あなた様

地位・同級生

専攻・地理学(共生科学士)

属性・

武技・レーザー剣・自動小銃

愛機・F/A-22A「ラプター」ステルス戦闘機(高機能ミサイル)


 十三宮聖の義弟、また星川初の養子。

本名は「富田巌千代」で、宗教信仰者としての法号(生前戒名)が「アキラ」。

東京の大森・蒲田で生まれ育ち、地理学などの探究に基づいた文芸作品を創る「地球学」作家。

同人サークル「スライダーの会」を結成し会長を務める。


「天主と神仏に感謝を、あなた様に幸福を…合掌」



【全キャラ一覧は此方】

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

武藏風土記神話 埼玉見沼の地球学 ―共生と文藝の歴史地理學―

スライダーの会  slider

執筆状況
完結
エピソード
21話
種類
チャットノベル
ジャンル
科学
タグ
現代, ほのぼの, 百合, 歴史, 神話, 社会, 美少女, 大学生, 宇宙, 冒険
総文字数
56,807文字
公開日
2020年05月04日 12:03
最終更新日
2021年09月01日 01:15
ファンレター数
0