デビルトレーダー 悪魔と取引した商人

作者 石食い

[ファンタジー]

3

2,067

0件のファンレター

スュツリス帝国の裏で暗躍し、商売のためなら如何なる手段もいとわない手腕で恐れられる商人ヴィンセント
衣服、食品、薬品、土地、脅迫、強盗、偽証、詐欺、暗殺…
手を出してない商売はない程あらゆる商売に手を出す為、各業界からも恐れられ「悪魔」と呼ばれ恐れられる
悪逆非道を行いながら彼が目指す目的とは何か?彼の知られざる過去とは?
痛快ダークヒーロー商売劇

※「探偵は暇をもて余す」シリーズを読んでいただくとより深く楽しめます

登場人物

ヴィンセント

黒のハットとスーツを着こなし右手に手錠で繋がった金属製の鞄をを常に持つイーター商会の代表取締役社長

目的の為なら手段をいとわない

彼の出生、過去、目的は不明

ミレーユ

世界一の商人を目指す少女

勝ち気で負けず嫌い、商売で困っている人たちを助けてあげる事を目標にしている

非情な商いをするヴィンセントを敵視している

一人で店を切り盛りしているマリーンを尊敬している

イデス イーター商会番頭 幹部

がさつで粗暴の荒いが義理人情に厚い

一度仲間だと認めた相手には優しいが、初対面の相手にはガンを飛ばすなど怒ると手がつけられない狂犬

常に店番をしている

ヴィンセントの命令には絶対服従

アルバート イーター商会傭兵 幹部

イーター商会専属の傭兵部隊「ガーコ」の隊長

屈強な体格と顔の傷を隠す様にサングラスを掛け、見た目は近寄りがたいが誰にたいしても優しく心優しいジェントルマン

己の肉体と隊員たちに愛のムチと言って日々、肉体と戦闘技術を鍛えた後甘い物を食べるのが日課

ヴィンセントに対して絶対的な信頼をよせている

ユース イーター商会霊媒師 幹部

中性的な容姿と顔立ちで初対面で会った相手は男か女かわからないほどの美青年

華奢な身体のわりに自分の背丈ある木片で作られた張りぼての棺を背負っている

誰にたいしても物腰が柔らかく、礼儀正しい

ヴィンセントには絶対的な忠誠を誓う

コレッティア イーター商会技術開発 幹部

海外から来た科学者兼技術者

極度の対人恐怖症で常に自分の研究室にひきこもっている

滅多に顔を出さないので商会内でも彼女の存在を知るものは少ない

彼女の知識・技術は今の帝国を遥かに凌駕する程

ヴィンセントには絶対的な信用を寄せている

サリーナ イーター商会社長秘書

ヴィンセントと社員のスケジュール管理、資料作成管理、時にはヴィンセントの留守の間社長代理を勤める

仕事意外の会話は一切せず、機械の様に仕事をこなす

社長のヴィンセントの指示には必ず従う

パム イーター商会運転手

いつも笑顔が絶えないイーター商会の専属運転手

十代ながら天才的な運転技術を持ち、目的地まで最速、安全に飛ばす。

マリーン コレリア雑貨店店主

老舗雑貨店を切り盛りしている魔女

主に薬草や医薬品、日用雑貨を中心に取り扱う

ヴィンセントとは長い付き合い

ユベール・ロッシュ・Jr.  探偵

ヴィンセントの義理の叔父

帝都の郊外で名前のない探偵事務所を運営している

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

デビルトレーダー 悪魔と取引した商人

石食い  sanxsu

執筆状況
連載中
エピソード
17話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
ファンタジー, 魔法, サスペンス, 暴力・流血描写あり, スピンオフ
総文字数
18,972文字
公開日
2020年10月05日 16:50
最終更新日
2021年05月21日 20:08
ファンレター数
0