作品数27
総合評価数478
総合PV数34,920

作者ブックマーク

銀狼さんのプロフィール

拙作に興味を持っていただき、ありがとうございます。
暗い吹き溜まりのかたすみにも、針のような光が差すことを信じ、書き続けております。テーマは「生きる!」
地球温暖化小説も投稿しております。こちらのテーマは「生き延びる!」近未来に問われるであろう生存の条件とは。
アトリエ画像は、大岩魚が棲むという、とある山奥の沼です。自然からのインスピレーションを大切にしております。
プロフィール及び書影画像は「パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集」から使用させていただいております。

銀狼さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    虹色のフュージョン

    現代ドラマ・社会派

    • 16

    • 1,338

    • 0

  • 一般小説

    こがね色の風化

    現代ドラマ・社会派

    • 10

    • 532

    • 2

  • 一般小説

    ヤツメウナギ

    現代ドラマ・社会派

    • 32

    • 1,100

    • 2

  • 一般小説

    ガイアの涙

    現代ドラマ・社会派

    • 37

    • 3,158

    • 6

  • 一般小説

    黒のイリュージョン

    現代ドラマ・社会派

    • 20

    • 704

    • 1

  • 一般小説

    ピラニアの夢

    現代ドラマ・社会派

    • 14

    • 301

    • 1

  • 一般小説

    鬼が見た夕陽

    現代ドラマ・社会派

    • 13

    • 329

    • 1

  • 一般小説

    ここから出よう、ヒロ

    現代ドラマ・社会派

    • 12

    • 1,520

    • 1

  • 一般小説

    白魔

    現代ドラマ・社会派

    • 16

    • 1,395

    • 3

  • 一般小説

    氷の化粧

    現代ドラマ・社会派

    • 12

    • 1,336

    • 2

銀狼さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • そのひとだけの物語

    銀狼さん、今日は。 ご無沙汰していました。 子どもの頃は、人生経験も少なくて、自分より長く生きていた親の心を察することも難しいですね。なんて書いている私も、未だに人生経験は乏しく、何かのおりには恥ずかしい思いになってしまいます。それでも、子ども時代を振り返れば、初めて知ったり思ったりすることもあります。 この小説に書かれた両親、特に父親の愛情や生きる哀しみが最終章で胸に迫りました。自分の人生を息子にあたる主人公が思ってくれて、父親は報われたのでしょうね。そうでなければと私は思いますが、 ... 続きを見る

  • 読みました。

    親子の物語と北の大地はよく合いますね。 気になるところが一つあるのですが、主人公の赴任先はマレーシアでしょうか?フィリピンのマニラに自宅があると書いてあったので。

  • トシさん!

    銀狼さん、こんばんは。「ヤツメウナギ」を拝読しました。 銀狼さんの強みだと僕が思っている現場の職人を中心にしたお話、今回も読み応えのある内容でした。 それ以外ももちろん面白いのですが、本作においては特に、トシさんの存在ですね。 この人の主人公に向ける眼差し(と言えないかもしれないのですが…)、それを引き出した主人公の人柄が良いです。 有り難うございました!

  • 読みました。

    挫折と再生、始まりと終わりの物語でした。 様々な感情と出来事の繰り返しの連続こそが、本当のドラマだと思います。

  • 人間の愛に触れる

    銀狼さん、こんにちは。「鬼が見た夕陽」を拝読しました。 世間といいますか、人の目。これが結局、個人の動きを規定してしまう。 でも個人には、それぞれのドラマと思いがある。そしてそこには、愛。 そんなことをストレートに伝えてくれる良い作品だと思います。 でもやはり、短いことで銀狼さんの特徴だと思っていた迫力ある人物の動き(動作も心情も)があまり味わえず、 ちょっと寂しいです! というのもお伝えしておきたいと思いました。 今後ともよろしくお願いいたします。

  • 別れ。

    自分も離別をテーマにした作品を書いたばかりなので、色々考えてしまいました。理不尽に気づかないのは、幸福てあると同時に悲劇でもありますね。

  • 空手。

    私も小学生時代に空手を習っていたので、懐かしさと初々しさを噛み締めながら読ませて頂きました。ささやかな変化は幼い時のプラス要素になりますね。

  • 新感覚!

    銀狼さん、こんばんは。 「イリュージョン」、拝読しました。 題材がまず面白いですね。こういう分野の方々の思考はまた違うと思い込んでいる庶民として、興味深く読みました。 豊かな感性があると、ちょっとした気持ちも、激しく影響してしまうのかもしれません。 そして銀狼さん、このラストは……意外でした! ちょっと嬉しく、ちょっと寂しい。これは素直な読後感です。 有り難うございました。

  • 白魔とは。

    恐ろしい存在は人間に何をもたらすかはわかりませんね。昔話を現代風にアレンジした作品の様で楽しませていただきました。

  • 雪の恐怖

    銀狼さん、こんにちは。「白魔」を拝読しました。 僕も雪国で生活していたことがあり、真っ白で視界が利かない時の恐怖を思い出します。 銀狼さんの特徴だと僕が思っている、現場仕事の描写は本作でも冴えわたっていますね。 人間関係の部分は、主人公に感情移入し、辛くなります。 結果的には最悪の方向を避けられたようで、安堵しましたが、 結構後ろまでハラハラしました。その点、とても面白かったです! あと、細かいところで申し訳ありません。 新潟は東北電力管内ではありますが、信州との境であ ... 続きを見る