作品数13
総合評価数253
総合PV数4,648

作者ブックマーク

銀狼さんのプロフィール

拙作に興味を持っていただき、ありがとうございます。
暗い吹き溜まりのかたすみにも、針のような光が差すことを信じ、書き続けております。
アトリエ画像は、巨大岩魚が棲むという、とある山奥の沼です。自然からのインスピレーションを大切にしております。
プロフィール画像は「パブリックドメインQ:著作権フリー画像素材集」から使用させていただいております。
長文が多く、ご負担をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

銀狼さんの作品アトリエ

  • 一般小説

    氷の化粧

    現代ドラマ・社会派

    • 18

    • 138

    • 0

  • 一般小説

    孤狼の拳

    現代ドラマ・社会派

    • 19

    • 359

    • 1

  • 一般小説

    ここから出よう、ヒロ

    現代ドラマ・社会派

    • 18

    • 440

    • 0

  • 一般小説

    ブラックベルト

    現代ドラマ・社会派

    • 21

    • 496

    • 2

  • 一般小説

    ガイアの涙

    現代ドラマ・社会派

    • 25

    • 583

    • 1

  • 一般小説

    チェーンスカル

    現代ドラマ・社会派

    • 18

    • 385

    • 1

  • 一般小説

    魚鬼(イトウ)

    現代ドラマ・社会派

    • 20

    • 379

    • 2

  • 一般小説

    群 翔

    現代ドラマ・社会派

    • 19

    • 208

    • 0

  • 一般小説

    鉄骨の掟

    現代ドラマ・社会派

    • 18

    • 258

    • 0

  • 一般小説

    魔切り

    現代ドラマ・社会派

    • 19

    • 348

    • 1

銀狼さんのアトリエ作品をもっと見る

活動報告

活動報告はありません

ファンレター

  • 家族と、少年の心

    銀狼さん、こんばんは。 若者の、時に暴挙に走りがちな脆い心の変化が丁寧に描かれていて引き込まれました。 紹介文から、武は最後に…と予想していましたが、良かった(?)のだと思いました。 親子のみならず家族という関係の難しさと大切さを改めて考えさせてくれます。 有り難うございました。

  • 対?

    『ノワール版』を読んでいたので、こちらは戸惑わなかった。 針のような光を見ました。 全作品、読了。読破ではないけど。 読みたいっていいな。

  • 迫力ありました

    おはようございます。 読ませて頂きました。初めは大きな魚との闘いの物語かと思っていました。すみません。 魚鬼は菊の魂だったのかと思っています。愛する人を見つめていたのですね。何年かして、周平は菊と再会すると期待して読んでいたのですが。でも、孫?も生まれ、菊の名前を貰った子と家族四人で暮らすのは、ひとつの幸せなんだなと納得しました。幸と勇、その名前は幸せと勇気の意味かと思っています。 戦闘シーンが迫力ですね。棒頭や熊との闘い、素晴らしいです!

  • 大作

    こんにちは。 投稿サイトでは長い物語になると思いますが、一気読みできるお話でした。 空手が実践でどこまで使えるかという議論もいろいろあると思いますが、生身の人間ですからね、やるのは。 闇の世界に亮は入り込みますが、一線は超えず良心を保っている。なのに、この結末。 虚無感と爽快感とが入り混じる面白い読後感です。 歌舞伎町である集団に絡まれたことや、かつて職安に行ったこと(前科なしですよ)なども懐かしく思い出しました。 もちろん、こんなことにはならなくてよかったなあ、と思います。 ... 続きを見る

  • The Day After Tomorrow

    2004年の映画を思い出します。地球温暖化のあとには○○期が。ジャンルがSFではないのが怖いです。 未来の子供達に責められるでしょうね。大量の二酸化炭素……『プロジェクトX』のゴビ砂漠に大量のポプラを植えた話を思い出した。 14万字の物語は、いろいろなことを思い出させさ、考えさせてくれました。 ロンは、予想通り。娘は…… 主人公は地球でした。

  • いいですね、空手

    ファンレター失礼します。空手少女のお話しですね。 自分は大学だけ、息子ももう辞めてしまいましたが、稽古や審査の光景が目に浮かびます。 子ども社会の様子と親の心も垣間見れ、面白かったです。 オリンピックで、武道からスポーツになったことを大衆に知らしめましたが、裾野が広がるのは嬉しいことです。 有り難うございました。

  • はじめまして

    ファンレター、失礼しますm(__)m 「虎狼の拳」「魚鬼」「海辺のカール」、そしてこちらの「魔切り」と、四作品続けて読ませて頂きました! 卓越した文章力とバックボーンの現実的で詳細な記述、硬派で人情味のある人物、生々しい心理描写、大自然や動物へのリスペクト、迫力あるアクション描写……作風は様々ですけど、共通しているのは文章からとても「力」と「生々しさ」を感じることです。 体温と息遣いまで感じる文章に、ただただ感服いたしました。

  • 今晩は

    今晩は。 ゆっくりですが、読ませて頂いています。 時代劇というのでしょうか。まだはじめしか読んでいませんが、今迄に読ませてもらったのは、現代ドラマだったので、そんな意味でもいっそうに新鮮です。足抜けって、こんなに準備に時間や手間がかかり、失敗したら怖いのですね。本当に命懸けです。逃げれて良かったです。続きを楽しみに読ませて頂きます!

  • 1話完結40000字ですか?

    4作品目です。読むたび文字数が増えていきます。どうして分けないのでしょう? pv数など興味なし? 実は最初は間違えて開けてしまいました。1話の文字数に驚き読み始めたところ、一気に。 暴力は苦手。動物も泣かせるので苦手なんですが…… 下調べ、相当されるのでしょうね。 次は『鉄骨の掟』にしようかな。

  • 怖いですね

    今晩は。 『ブラックベルト』を読ませていただきました。 やりきれませんね。空手が得意で健康的な人が、最後はあのような結末になるのですから。モデルがあるのですね。怖いですね。亮でもヒロでも、善良な人がこのようになるのは悲しいです。 あなたの小説は男性的だなと、いつも思います。優しさも感じますが、いかにも男性らしい、社会派の物語ですね。読んで心に残りました。 有難うございます。