聖女と隠者のクロニクル

作者 楓屋ナギ

[ファンタジー]

247

37,394

27件のファンレター

妖精と魔法が息づく『女神の島』、イニス・ダナエ。不死の乙女エレインをめぐる物語。

目次

完結 全34話

2021年08月12日 13:16 更新

  1. 序章

  2. 1.フラン  公開日: 2020/07/11
  3. 2.アリル 公開日: 2020/07/12
  4. 第一章

  5. 1.幸せの黄色いかぼちゃプディング 公開日: 2020/07/15
  6. 2.師匠と弟子と魔法動物 公開日: 2021/01/11
  7. 3.聖女の守護者 公開日: 2020/07/18
  8. 4.エレイン 公開日: 2021/01/11
  9. 5.くるくるまわる 公開日: 2021/01/11
  10. 第二章

  11. 1.夜更けの訪問者 公開日: 2020/07/19
  12. 2.くるみのパンケーキをどうぞ 公開日: 2021/01/20
  13. 3.聖なる盗み 公開日: 2021/01/20
  14. 4.王子さまの事情 公開日: 2021/01/20
  15. 5.シャトンは知っている 公開日: 2020/07/21
  16. 第三章

  17. 1.スコーンがのどに引っかかる 公開日: 2020/07/23
  18. 2.遠い夢 公開日: 2020/07/24
  19. 3.誓いと禁呪  公開日: 2020/07/26
  20. 4.恋のお話はいかが? 公開日: 2020/07/27
  21. 第四章

  22. 1.死者の王 公開日: 2020/07/28
  23. 2.エリウの問わず語り 公開日: 2020/07/30
  24. 第五章

  25. 1.王女さまのステップ 公開日: 2020/08/01
  26. 2.林檎のパイで占いを 公開日: 2020/08/05
  27. 3.蕪のランタンは道しるべ 公開日: 2020/08/09
  28. 4.魔女の罠 公開日: 2020/08/15
  29. 5.異界へ 公開日: 2020/08/16
  30. 第六章

  31. 1.咲き残る夢の半分 公開日: 2020/08/19
  32. 2.迷い子 公開日: 2020/08/20
  33. 3.ふたりの妖精女王 公開日: 2020/08/22
  34. 第七章

  35. 1.お留守番は誰がする 公開日: 2020/08/24
  36. 2.金のオルフェン 公開日: 2020/08/27
  37. 3.夜が明けるまでに 公開日: 2020/08/29
  38. 4.導く者 公開日: 2020/09/01
  39. 5.赤い実 白い実 公開日: 2020/09/04
  40. 第八章

  41. 1.冥界の花 公開日: 2020/09/11
  42. 2.あるべきところへ 公開日: 2020/09/19
  43. 3.妖精たちの新年 公開日: 2020/09/22

登場人物

アリル

ダナンの王子。四代目『惑わしの森』の隠者。

21歳という若さながら枯れた雰囲気を漂わせている。

「若年寄」「ご隠居さま」と呼ばれることも。


シャトン

見た目はサバ猫。実は絶滅したはずの魔法動物。

人語を解する。

まだ乙女と言ってもいい年頃だが、口調がおばさん。

フラン

赤の魔法使い。三代目『惑わしの森』の隠者。

墓荒らしをしていた過去がある。

聖女や不死の乙女と関わりが深い。

エレイン

亜麻色の髪に若草色の瞳。

聖女と同じ名を持つ少女。


エリウ

エリウの丘の妖精女王。

長年、聖女エレインの守り手を務めた。

オルフェン

ダナンの王女。アリルの妹。

「金のオルフェン」と称される、利発で闊達な少女。

宮廷での生活より隠者暮らしを好む兄を心から案じている。

ドーン

冥界の神。死者の王。

もとはダヌと敵対する勢力に属していた。

人としてふるまう時は「キアラン」と名乗る。

ファンレター

校正 なんですが、うっとうしかったらごめんね

後ろからエリウに両肩を|掴まれた。 なぜか棒線が間にはいってました。

返信(1)

弟子になった王子

世界観が大きくて素敵だった。こんな世界を考えるのが異世界ファンタジーなんですね。ただいま勉強中です。

返信(1)

新年を迎える。ファンタジーの世界でもしっかりと年が過ぎていく、そのリアルがいい。

人はみな、太陽が中天に差し掛かるまで眠る。こういう好きな表現がいっぱいで。面白かったです。

返信(0)

文章が綺麗です

流れるような文章にのせて、次々と読んでました。素敵でした。

返信(0)

赤い髪の魔法使いの話の謎が知りたい

シャトン、守ろうとするのはわかるけど、邪魔をして欲しくなかった。どんどん面白くなってますね。

返信(0)

キタ━(゚∀゚)━!

オルフェン王女さま。さすがです。

返信(0)

メダル

メダルが役に立って良かった。みごとな伏線?でした。

返信(0)

ファンタジーってこう書くんだ

とってもいい勉強になります、師匠!

返信(0)

久しぶり公開でしたね、ちょっと前を読み直しました。

情景描写が綺麗で、いつも読み込んでしまいます。

返信(0)

会話がファンタジーの世界の言葉としてとても合っていて素敵!

赤き薔薇ばらの蕾つぼみのごとく愛らしい唇から こういう言葉の使いかたが本当に素敵!

返信(0)

小説情報

聖女と隠者のクロニクル

楓屋ナギ  kaedeya

執筆状況
完結
エピソード
34話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
ファンタジー, 妖精, 猫, 魔法, 長編, ハロウィン
総文字数
164,700文字
公開日
2020年07月11日 08:45
最終更新日
2021年08月12日 13:16
ファンレター数
27