一般小説作品詳細

興梠探偵社物語

9|ミステリー|完結|45話|191,150文字

探偵小説, 助手, 謎解き, レトロ, 絵画, 【リデビュー小説賞】

3,631 views

興梠探偵社へようこそ! 昭和初期、過去に暗い傷を持つ孤独な探偵が毒舌の助手と共に依頼された謎に挑みます。

もくじ

登場人物紹介

登場人物はありません

小説情報

興梠探偵社物語

sanpo-hutagami

執筆状況
完結
エピソード
45話
種類
一般小説
ジャンル
ミステリー
タグ
探偵小説, 助手, 謎解き, レトロ, 絵画, 【リデビュー小説賞】
総文字数
191,150文字
公開日
2018年10月04日 10:59
最終更新日
2018年10月24日 16:15
応援コメント数
1

応援コメント一覧

聖月の依頼人について

天使の迷宮と合わせて楽しく読ませていただいています。 1話の聖月の依頼人ですが、最後まで掲載されておらず途中で終わってしまっているように思うのですが、いかがでしょうか。 確認していただければありがたいです。 これからも楽しみにしています。

作者プロフ

sanpo-hutagami

よろしくお願いいたします。
リデビュー小説賞に参加させていただきました。
★出版時のペンネームは二上圓(ふたがみまどか)です。
★〈ケダモノ屋・定廻り同心と首打ち人の捕り物控〉星雲社様・アルファポリス文庫より出版しています。
★貴社の希望レーベルは講談社タイガ、講談社ノベルスです。

当方、ミステリが好きでレトロな探偵小説に興味を持っています。

この作者の他の作品

小説

貿易商の六歳の少女が忽然と消えた?春なのに雪のように?10年前少女の姉も行方が分からなくなっている。同一犯の仕業なのか?届いた不可解な絵柄の手紙を手に迷宮を彷徨う探偵と助手…

5|ミステリー|連載中|30話|114,737文字

2018年12月14日 13:40 更新

レトロ, 戦前, 謎解き, 少女, 相棒, お仕事, 館

小説

古い港町、レトロな通りに店を構える大正時代創業の帽子屋は平成の現在、年若い兄妹が経営しています。今日もオリーブ色の扉を押してお客がやってきました。世界に唯一つ、自分だけの帽子を求めて…… あなたの探している帽子はどんな帽子?

5|ミステリー|完結|33話|111,984文字

2018年12月10日 12:37 更新

お仕事, 神戸, 謎解き, 兄妹弟, 3話完結, 本好き, 読書談義

小説

東子と咲葉は春日台中学校・推理部のたった二人の部員。これは二人の最初と最後の謎解きのお話。 全4話。

2|学園・青春|完結|4話|13,434文字

2018年10月25日 09:56 更新

謎解き, 日常, 部活, 女子中学生

小説

興梠探偵社へようこそ! 昭和初期、過去に暗い傷を持つ孤独な探偵が毒舌の助手と共に依頼された謎に挑みます。

9|ミステリー|完結|45話|191,150文字

2018年10月24日 16:15 更新

探偵小説, 助手, 謎解き, レトロ, 絵画, 【リデビュー小説賞】

TOP