登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

前へ進む、ということ

呪力を失い滅びゆく運命に抗って故郷を出て、険しい山脈を越えて開拓者となったはずの龍の一門が、呪力復活の兆しに溺れ過去の栄光に囚われてゆく中、そのことを疑問に思いながらもどうすることもできなかった主人公「達」の煩悶やいかばかりか。だが、それでも彼女達は一歩を踏み出したのだ。ラストの白久の微笑みと、彼女の思いを受け止めた亜鳥の眼差しに胸がいっぱいになった。「風が入ってきた。」の一文に感無量です。

続き、続きが気になります……!!!!

更新通知を受け取って、説明文の「大那物語」の文字に大喜びしていたのですが、忙しくてなかなか読むことができなくて、じりじりしながら本日やっと拝読いたしました! 14話まで一気読みです!  久伊、って「あの」久伊ですよね! これが龍の琵琶の「はじまり」の物語……!! 続きも楽しみにしております!

小説情報

龍の少女

土井紀和  kaohiko5987

執筆状況
完結
エピソード
19話
種類
一般小説
ジャンル
ファンタジー
タグ
龍, 狼, 呪力, 地霊, 和風ファンタジー, 【骨太小説】
総文字数
51,748文字
公開日
2019年08月08日 06:22
最終更新日
2019年09月16日 06:41
ファンレター数
2