わたし Chapter.8  

文字数 8,170文字


 悪路も悪天候も関係無い!
 左右に繁る暗緑の樹木が高速に滑り去る!
 背後に轟く雷光は高鳴る鼓動の顕現(けんげん)か!
 サン・ジェルマンが駆るジープは、猛スピードで泥濘(ぬかる)む土肌を走り続けた!
 街中は避ける!
 疾駆に障害である事もあるが、何よりも街の人々に〈()〉を見られれば厄介だからだ。
 大回りに進路を取り、一路、雑木林沿いを爆走した!
「では〝ハリー・クラーヴァル〟は偽名だと?」
 助手席からの()い掛けに、サン・ジェルマン卿は悪路を睨み据えつつ答えた。
「そうとも言えるし、違うとも言える。私がハリー(・・・)クラーヴァルとして生きた時代(・・・・・・・・・・・・・・)は、確かに在ったのだからね」
「何故、偽名などを?」
「悠久たる時代(とき)の流れの中に在って〝不変の個〟など理不尽な(かせ)でしかない。それは神から課せられた獄刑と同じだ。だからこそ、時として生まれ変わる(・・・・・・)事で、魂の閉塞感を緩和したくなる時期もあるのさ」
「そして理由(・・)は、もうひとつ……迫害から逃れる(ため)冥女帝(ヘル)の開口に、バックミラー越しの一瞥(いちべつ)がピクリと反応する。「人間(ひと)の世で生きようとすれば、やがて不老不死の異能特性は顕著(けんちょ)に認識されてしまう。そうなれば口先三寸(くちさきさんずん)()(つくろ)いなど不可能──やがては脅威に駆られた暴徒によって迫害の憂き目に遭う。その魔手から逃れるには、住み慣れた地を離れるしかない。そうした流浪の中で安住を得る(ため)に別人を演じる必要があった。違うか?」
「私やウォルフガング・ゲルハルト──いや、ヨーゼフ・メンゲレと呼ぶべきか──は、そうして生き延びてきたのだよ……激動にうねる時代の変革を」
「ウォルフガング・ゲルハルトも、そうした存在だったのですか……」
 ブリュンヒルドにしてみれば初耳な情報である。
 同時に何故か納得に足るのであった──あの男の奇異性(・・・)に。
 確かに、彼は〝人間〟であった。
 (いな)、その異能が〝不老〟という内包性質では外的印象から嗅ぎ取る事など不可能だ。
 しかしながら、幾度(いくど)()(まじ)える事で、ブリュンヒルドは違和感にも似た異質を感じていた。
 その冷徹な猟奇性(・・・)だ。
 あまりにも冷徹過ぎる人格は、はたして如何(いか)にエゴイストとはいえ常人(・・)が到達できる域ではないように感じられた。
 しかし、常人(・・)ではないとしたら?
 悠久ともいえる時代(とき)の流れに生き永らえる事で、常人(・・)としての価値観が失われていたら?
 だからこそ、サン・ジェルマン卿の説明に至極納得するのだ。
 そして、彼もまた〈怪物(・・)〉であったのだ……と。
 時代が生んだ怪物(・・・・・・・・)であったのだ……と。
「だが、私と彼には相違がある。ひとつは〝不死体質〟を得た経緯。彼は(みずか)ら固執的に望んで〈科学〉によって〝不老体質〟を得た。だが、私は〈魔術〉──いや、正しくは〈錬金術〉と呼ぶべきか──によって〝不老不死〟を得たのだよ」
「錬金術? 噂程度に聞いた事はありますが……何です?」
 怪訝(けげん)(はさ)むブリュンヒルド。
 神話時代を基盤に生きた彼女は、後世のオカルト事情には正直明るくない。
 その事を察したサン・ジェルマン卿が要約に説明する。
「要するに〈科学〉の前身学問分野だよ。人類にとって超常的行使術であった〈魔術〉や〈魔法〉は、旧暦中世に()いて理路整然化しようとする研究の流れに推移した。つまりは、そのプロセスを解析しようとする神秘学が〈錬金術〉だ。それ自体は前時代的なカルト性によって根絶の()()()ったが、そこで(たくわ)えられた膨大な知識の(いしずえ)は合理的な理論へと昇華結実し、やがて〈科学〉となったのさ。多くの人々は知らぬままだが『化学ノウハウ』や『蒸留技術』など〈錬金術〉が生み出した基礎科学は決して軽視されるべき物ではない」
「は……はあ……」
 納得に至らない納得を浮かべていた。
 (いささ)か難解であった事を承知に、サン・ジェルマン卿は微かな苦笑を浮かべる。
 が、それも一瞬。
 すぐさま真剣味に引き締まり、述懐を続けた。
「かつて、とある錬金術師──(ある)いは〝魔術師〟か──が『不老不死の探究』に没頭していた。その集大成として生み出された生命(いのち)が、この私(・・・)──不死身の男〝サン・ジェルマン伯爵〟なのさ」
「錬金魔術による人造生命体──(すなわ)ち、そなたは〈ホムンクルス〉か」
 ヘルの暗い指摘に、忌まわしき想いを噛んで頷く。
「それも〈唯一無二のホムンクルス〉と呼べるだろうね。総じて〈ホムンクルス〉は蜻蛉(かげろう)(ごと)く短命だ。多くは〝人間〟よりも寿命が短い……()してや、不老不死たる〈ホムンクルス〉など現存しないだろう」
「……〈完全人造生命体(パーフェクト・ホムンクルス)〉というワケか。成程。だからこそ、父上と邂逅(かいこう)した事もあった。その封印地を探り出すにも、費やせる時間は無限に有るのだからな」
「かつては〈アステカ〉も〈バビロニア〉も体験しているさ」
 自然の剛力にタイヤを持っていかれそうになり、卿は荒いハンドル(さば)きで立て直した。
「すみません……その〈ホムンクルス〉とは?」
 またも神話時代の無知が、話の腰を折る。
「〈錬金術〉に()ける最大秘奥義のひとつにして、()の〈賢者の石〉と並ぶ永久的命題のひとつだ。(すなわ)ち、魔術によって〈人間〉を生み出そうとする禁忌実験だよ」
「生命の……創造?」
 ゾッとする事実を想起(そうき)し、ブリュンヒルドは思わず後部座席の〈()〉を盗み見た!
 死体を縫合した再生被造物──忌まわしき科学実験の落とし児────それ(ゆえ)に、彼女(・・)はどれだけの悲劇を背負ってきた事か!
 だからこそ、抑えきれない(いきどお)りに任せて吠えるのだ!
 人類の愚かしさに対する糾弾を!
「何故、そのような魔術実験を! 摂理に反した暴挙を! ともすれば、神の意に対する反逆ではありませんか!」
「愚直だな、ブリュンヒルド嬢。人間の(さが)だよ。定命(じょうみょう)であらばこそ〈永遠の命〉を欲し探究するのは……」
「ですが!」
 鎮まらぬ憤慨(ふんがい)を無下に(さえぎ)り、サン・ジェルマン卿は平静に続ける。
「さりながら、この非倫理的『生命創造』は、崇高な理念の下で実験され続けたのは事実だ。ひとつは、純粋に『不老不死への願望』──私の場合は、まさしくこれ(・・)に該当する」
「……もうひとつは?」
 不信感にも似た戦乙女(ヴァルキューレ)(うと)みを一瞥(いちべつ)し、道程の正視に回答を示す。
「……『生命創造プロセスの解析』さ。生命の創造とは、(すなわ)ち『神の領域』と同義だ。それを得る事によって自分自身を〈神〉と昇天同格化する事こそが、多くの錬金術師の根底的目的なのだよ」
「神に並ぼうなどと! それは傲慢(ごうまん)というものです!」
「フッ……見くびられたものだな、我々(われわれ)〈神〉も…………」
 感情的に呑まれるブリュンヒルドに反して、冥女帝(ヘル)は涼やかだ。
 何故ならば、彼女は知っている。
 人間というものが、如何(いか)に〝死〟という呪縛を(おそ)れているかを……。
 ともすれば、知識探究の果てに凌駕(りょうが)せんと足掻(あが)くのは当然と言えるだろう。
「それで? 何者なのだ? そなたのような特異存在(・・・・)を生み出した魔術師は?」
「……〝クリスチャン・ローゼンクロイツ〟! 後の旧暦中世時代には、史上最大の魔術秘密結社〈薔薇十字団(ローゼンクロイツ)〉を設立した大魔術師だ!」
 豪雨の重みを(わずら)わしさに、サン・ジェルマン卿はハンドルを舵切った。
 はたして、それは内なる嫌悪感の(あらわ)れやもしれないが……。
いつの時代(・・・・・)の人物だ?」
「十七世紀──旧暦中世だよ」
「時代が合わぬな。旧暦十七世紀の人物なれば、十六世紀に滅亡した〈アステカ〉や紀元前文明たる〈バビロニア〉へ、そなたが訪れる事は叶わぬ」
 ヘルの指摘は、相変わらず本質を穿(うが)つものだ。
 サン・ジェルマン卿は乾いた自嘲を軽く浮かべる。
「クリスチャン・ローゼンクロイツが表舞台(・・・)へと姿を見せたのが、十七世紀だったというだけの話さ。彼自身(・・・)は、遥か古代から存在していた」
「しかし、そんな以前から生きているなど──」そこまで(くち)にして、ブリュンヒルドはハッと思い当たった。「──まさか貴方(あなた)は、そのための……不老不死を完全にする(ため)実験体(・・・)?」
 返事は無い。
 ただ黙して悪路と闘うだけであった。
 思い沈黙を共有し、やがてサン・ジェルマン卿は次なる話題進展を切り出した。
「私とメンゲレの次なる相違は〝欲〟の在り方だ。彼は〈第四帝国〉──(すなわ)ち〝人造超人による現人類の支配〟を野心としていた。そして、その頂点に君臨する事を……ね。嬉々と〈ナチスドイツ〉に参加したのも、(みずか)らの研究にとって願ったり叶ったりの後援組織と利用できるからだ」
「では、貴方(あなた)の〝欲〟とは?」
 (しば)しの間を噛み締め、サン・ジェルマン卿は吐露のように紡ぎ出す。
「……死ぬ事(・・・)だよ」
「そんな? それは……」
 間違っている──そう主張しようとしたものの、ブリュンヒルドは言葉を呑んだ。
 (はか)らずも、この場に居る者は定命を凌駕(りょうが)した人外ばかりだ。分からぬではない。
 ()して自分は〈北欧神館(ヴァルハラ)〉に、ヘルは〈冥界〉という適応環境に生きていた。
 しかしながら、サン・ジェルマン伯爵は──そして、ウォルフガング・ゲルハルトは──違う。
 人間社会だ。
 見渡せば〝定命の人間〟ばかりの環境である。
 そうした渦中での疎外感や虚無感は計り知れない。
 そして、常に奇異への偏見に晒され、迫害に畏れて生き続けねばならない……。
 サン・ジェルマン伯爵が〝人並みの死〟を望み、ウォルフガングが独善的な選民意識に自己逃避して歪むのも、一概(いちがい)に否定できる在り方ではないだろう。
 それでも──「死んでいい命は無い」──後部座席に眠る戦友を改めて眺めた。
 彼女(・・)なら、どういう答に行き着くのであろうか?
 神への謀反と生まれ落ち、迫害に忌避され続け、それでも〈生命(いのち)〉を慈しむ彼女(・・)ならば……。
 そんな(うれ)いが観察視されていた事を、戦乙女(ヴァルキューレ)は気付く事もなかった。
 悠久の流れに(いのち)と向き合ってきた冥女帝(ヘル)一顧(いっこ)に……。
(形はどうあれ、此処に集った者達は皆同じ。定命の(ことわり)から外れながらも、それ(ゆえ)に〈(いのち)〉と向き合い、葛藤している者達だ)

 死ねぬ男〝サン・ジェルマン伯爵〟──。

 戦乙女(ヴァルキューレ)と転生した神話時代の王女〝ブリュンヒルド〟──。

 そして〈冥女帝〉たる自分(ヘル)────。

 ()しくも不老不死の体現者であり、定命への愛をジレンマと(いだ)く者達である。
(だからこそ、(われ)()かれ(つど)うた……か。いや、(ある)いは──)
 隣座席へ視線を流す。
 横たわるのは、総ての元凶たる巨躯(きょく)
(──(いざな)われたか……この者に…………)
 噛み締めるかのように(まぶた)()じた。
「それで? 何処へ向かおうと言うのです?」
 ブリュンヒルドがサン・ジェルマン卿へと(たず)ねる。
(かのじよ)生まれた場所(・・・・・・)だよ」
「それは?」
「フランケンシュタイン城だ」
 雷鳴が歓喜に轟いた。




 切羽詰まった来訪者のように、大粒の雨が窓を乱打する。
 気持ち鎮まった矢先にまた雷光が轟き、不安を再び掻き乱す。
 嫌いだった。
 昔から、こういう天気は怖くて嫌いだ。
 マリーは窓辺に眺めるのをやめて、ベッドへと潜り込む。
 頭からタオルケットを被り、大きなぬいぐるみを添い寝の友と付き合わせた。
 室内が青白いストロボに浮き彫りとされ、数秒遅れで雷鳴が威嚇を吼える。
 それが幾度(いくど)となく繰り返される。
 自分の部屋に魔物が棲みついたかのように不穏であった。
 だから、とりとめの無い思索に意識を逃がす。
(さっきの鳴き声、何だったのかな……)
 答は無くていい。
 幼児なりの現実逃避だ。
(大人達は兵隊さん(・・・・)が倒してくれた──って安心しているけど……ううん、たぶんその通りだわ。だって、鳴き声が()んだんですもの。でも、その兵隊さん(・・・・)たちの方が、何倍もこわい人たちなのよ?)
 その事を想起(そうき)すると、同時に浮かぶ想いが胸を締め付ける。
(……お姉ちゃん)

 ──そこまで〝会いたい〟という気持ちが強いなら会うべきです! でなければ、貴女(あなた)は一生後悔する!

 もうひとりのお姉ちゃん(・・・・・)が後押ししてくれた言葉が、小さな胸に灯火と揺らいだ。
 モヤモヤと(わずら)った闇から、彼女を救い出す道標のように……。
(明日、会いに行こうかな……)
 不確かな決意に微睡(まどろ)む。
 やがてスヤスヤとした寝息は、畏怖を()いる雷鳴すら忘却させた……。





 漆黒の大海に溺れるが如く〈()〉は沈んでいく。
 抗う気は無い──(いな)、そんな気力など、最初(はな)から生じなかった。
 とうに精根尽きている。
 身を委ねてたゆとうだけだ……。
(私は……どうなった?)
 最後に網膜へと焼き付いたのは、白く染まる世界。
 現状とは正反対な光景。
(ああ、そうか……ロキ(・・)だ…………)
 ようやく思い出す──(おのれ)の末路を。

 仰臥(ぎょうが)に堕ちて逝く──。

 深淵へと────。

 奈落へと──────。

 恐怖は無い。
 感慨も無い。
 ただ受け入れるだけであった。

 安らぐ感覚が五体に(まと)わり着き、誘眠を真綿とくるんで来る。
(私は……死んだのか?)
 自分には無縁な事象だと思っていた。
(……死ねた(・・・)のか?)
 ともすれば、それは(ほの)かにも嬉しい。
 (おのれ)の異常性が、ひとつ否定されたのだから……。
 (おのれ)が〈怪物(・・)〉たる異常性を…………。

 背後の湖底から水泡が昇っていく。
 過ぎ去り消える泡は、ひとつひとつが異なる情景を包み込んでいた。

 長閑(のどか)な田園──。

 風情在る(あか)煉瓦(レンガ)の街辻──。

 小鳥(さえ)ずる湖畔────。

 どれもこれも初めて見る景色だ。
 さりとも、総てが懐かしい(・・・・)
 それは不思議な光景であった。
 人間達は(せわ)しなく()()うも、理不尽な畏怖に()びる様子など無い。
 何よりも空は青く、雲が白い。
 どこまでも続く青は〈()〉の心を驚嘆へと解放し、嬉しくも哀しい感情を揺さぶった。
(これは……旧暦?)
 書物で知った情報と照らし合わせる。

 ──懐かしいな。

 自分の内で誰か(・・)が懐古した。

(誰だ?)
 
 心底に居る他人(・・)へと戸惑う。

 ──懐かしいわね。

 また別の誰か(・・・・)が懐古を呟いた。

(誰なんだ?)

 間違いなく心底に……(いな)()の奥底に誰か(・・)が居る!
 自分の知らぬ誰か(・・)が!
 二人(・・)だ!
 男と女だ!
 

 青年がいた。
 目の前に立つ青年は見るからに温厚で優しそうだった。
 それは慈しみに見つめる瞳が暗に裏付けている。
(……フォン・フランケンシュタイン?)
 その名を呼ぶと〈(かのじょ)〉には涙が零れた。
 初めて会った青年だ。
 面識など無い。
 それでも、懐かしかった。
 胸が締め付けられた。
 込み上げる感情が何なのか理解できないまま、抱き締めて欲しい狂おしさが暴れた。
 だから──涙が零れた。
 青年は(いと)しさに微笑(ほほえ)むだけ……。
 されど、その眼差(まなざ)しは〈()〉を捕らえてはいない。
 まるで〈()〉が見えていないかのように、その背後へと愛情は注がれていた。

 示唆されたかのように振り向く。

 女性がいた。
 繊細なドレスを気品に(まと)う令嬢だ。
 初めて見る女性だ。
 たおやかで……可憐で……儚くて…………。
 そして、何よりも自分(・・)に似ていた。
(……エリザベス・ランチェスカ?)
 その名を(つぶや)くと〈(かれ)〉には狂おしさが暴れた。
 ずっと会いたかった。
 彼女を見つけた途端(とたん)、抱き締めたい衝動に駆られた。
 だから──涙が(あふ)れた。
 会った事など無いというのに……。
 彼女は、ただ(いつく)しむだけ……。
 されど、その(うれ)いは〈()〉を認識してはいない。
 まるで〈()〉が存在していないかのように、その背後へと慈愛は注がれていた。

 ──エリザベス・ランチェスカ……。

 ──フォン・フランケンシュタイン……。

 惹かれるままに歩み近付く二人。
 ずっと焦がれた想いに(ゆだ)ね、強い抱擁(ほうよう)ひとつ(・・・)となった。
 尽きぬ涙に戸惑う〈()〉を透過として……。

 ──もう放さない……。

 ──もう離れない……。


 ──ずっと……ずっと…………。


 その者達が何者(・・)なのか──〈()〉は知らない。
 だが、体感を通じて確信できた事があった。
 直感的に理解できた事があった。
 自覚を帯びない感情が教えてくれた事実が……。

嗚呼(ああ)、そうか……()は…………)

 〝フォン・フランケンシュタイン〟にして〝エリザベス・ランチェスカ〟────。

 〝エリザベス・ランチェスカ〟にして〝フォン・フランケンシュタイン〟────。

 この身体(からだ)は〝エリザベス・ランチェスカ〟の物──。

 この脳は〝フォン・フランケンシュタイン〟の物──。

 死してひとつ(・・・)となった恋人同士──。

 もはや離れる事もない二人──。

 では、()は何だ?

 (すべ)てが()(もの)……。

 生者(せいじゃ)模倣(もほう)した死体……。

 ()()ぎだらけの(みにく)い失敗作……。


 ()は……()は…………?

 ()は、()だ?


 恋火(ふたり)抱擁(ほうよう)と重なり、自分(・・)虚影(きょえい)と熔けていく。


 そして〈()〉は、深い闇に呑まれた。
 生も死も平等な深淵(しんえん)へと……。





 ()は……()だ?



ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

名前:名前は無い。

   便宜上〈娘〉と呼ばれている。

(NonName/CodeName is〈Daughter〉)


性格:

 朴訥。朴念仁。

 しかしながら、それらは繊細にして博愛的な性格故である。


特徴:

 轟く豪雷から生命を授かったオカルト科学による蘇生死体。

 電気ある限り不滅と言える生命力は、闇暦に於いても稀に見る特性である。

 己のレゾンデートルに苦悩し、それを見極めようと足掻いている。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み