ともだち Chapter.1

文字数 7,061文字


 闇暦(あんれき)二九年──。
 昼の陽射(ひざ)しも慢性的な黒雲に遮蔽(しゃへい)され、曇天(どんてん)の如き淡い光源にしかならない。
 ダルムシュタッドの町外れに()る老人の家では、今日も美しく澄んだ音色が奏でられていた。
 ヴァイオリンの調(しら)べだ。
 質素な木造(もくぞう)家屋(かおく)(しげ)り囲う木々は魔樹(まじゅ)のシルエットと化して情景の仄暗(ほのぐら)さへ溶け込み、その根元を縫うように小川がせせらぐ。山から涌き出る清水(しみず)のせいか、(さいわ)いにも魔気(ダークエーテル)に毒されてはいない。健常体の水だ。
 家屋(かおく)からは(ほの)かな温かさが()れ、(かな)でる(げん)(うた)と流れ漂う。
 慢性的な闇が染め上げる現世魔界に()いて、それは不釣り合いな叙情ではある。
 さりながら、その旋律は浄化のような安らぎを周囲に拡散した。
 この音色にたゆとう間だけは、不思議と心に情景が広がった。
 見た事すら無い情景が……。
 青は澄み、緑は萌え、風はそよぎ、鳥は(さえ)ずる──その夢想の中では〈()〉も万物(ばんぶつ)に受け入れられていた。
 やがて終幕を迎える、かけがえの無い時間……。
 寂しくも満ち足りた想いを(いだ)いて〈()〉は夢から()める。
 目の前に居る奏者──ロッキングチェアに座る盲目の老人は暖炉の暖かさに揺れつつ、愛用のヴァイオリンを静かに膝元へと置いた。
「ありがとう」
 心から惜しみ無い拍手を送り〈()〉は感謝の意を示した。
 満足そうな温顔で応え、老人は席を立つ。
 覚束無(おぼつかな)い足下を気遣い、すぐさま〈()〉は寄り添った。
 そろりそろりと安全を確保しながら、食卓へと誘導する。
「続きは、また明日な……」
「うん」
 質素な樫卓(かしたく)へと相席する。
 二人だけが共有する独演会(リサイタル)ではあるが〈()〉は待ち遠しくて仕方なかった。
「それはそうと、娘さん? お前さんが来て何日になるかの?」
 マグカップのミルクを飲みながら、老人が切り出した。
「半年以上になる」と、答えて〈()〉はハッと思い至る。「迷惑か?」
「まさか?」老人は白長い(あご)(ひげ)を撫でながら、優しい苦笑で否定した。「ワシは息子を亡くして以来、何もかもが嫌になってな──だから、こうして隠頓生活(いんとんせいかつ)なんぞしておるんじゃが──来る日も来る日も孤独での。そこへお前さんが迷い混んだ。人知れず納屋(なや)なんぞに住み着いていたもんだから、そりゃ最初は驚いたが、話してみればなかなか誠実で聡明じゃないか。だとすれば、信用に足る人物──無断で納屋(なや)へと隠れ住んでいたのは、何か()むに()まれぬ事情があるのだろう──そう思えばこそ、ワシは〝オマエさん〟を受け入れたんじゃよ」
「ありがとう」
「それに、娘さんや? オマエさんには行く所なぞ無いのじゃろう?」
「うん、無い」
「だったら、ずっと此処に()ればいい。ここまで一緒に暮らしとったら、そりゃお前さん〝家族〟だろうさ?」
「そうか、ありがとう」
 優しい(しわ)が「うんうん」と(うなず)く。
 この〈()〉の受け答えには、感情的な機微(きび)(うかが)えなかった。
 というよりは、(いささ)か欠落していると言った方が正しいか。
 ()れど、悪意皆無な誠実さを感受させる。
 だからこそ、盲目の老人は満足そうな笑みで受け入れるのであった。
 それは、おそらく〝子供のような無垢な心〟(ゆえ)の非礼とも思えるから……。
 一方で〈()〉にしても、この老人は稀有(けう)な理解者であった。
 彼は、あれこれと詮索する事をしなかった。
 だからこそ名前を追求される事も無く、そのまま〝娘さん〟で通っている。
 そして──幸か不幸か──盲目であった事から、彼女の醜怪な容姿を見られる心配が無い。
 長く伸ばした前髪を垂らして醜い右顔面を覆い隠してはいたが、それでも一目見れば異様さに気付いたであろう。襤褸(ボロ)長外套(ローブ)だけは(まと)っているものの、全身を(つな)()める縫合(ほうごう)(あと)は隠しようもない。何よりも、この巨躯だ──彷徨(ほうこう)の中で学んだが、普通の女性(・・・・・)は、こんなに大きくない。
 フランケンシュタイン城から逃走して一年弱──。
 彼女は自分の居場所(・・・・・・)を見つけていた。
 それは(あや)うげな(もろ)さにある居場所ではあったが、この世で無二の居られる場所(・・・・・・)だ。
 老人が分け与えてくれたパンを受け取る。質素ながらも二人の昼飯だ。
「パン……おいしい……」
 大事そうに一口食べると、自覚無き実感を小さく漏らし呟いた。
 焦げた厚皮はボロボロと固かったが、それでも〈()〉には充分な御馳走であった。
 木の実よりはマシだ。あれ(・・)は集めるのに時間が掛かる。
「アンファーレン」
「うん? 何じゃね?」
「ありがとう」
 素直な感情を現す。
 この老人から教わった〝優しさ〟に感謝する言葉──大好きな言葉であった。
 ややあって、不意に玄関の樫戸(かしど)が開く。
 予期せぬ来客の反応を警戒して〈()〉は身を隠すように縮こまった。外套衣(がいとうい)(えり)をフードと被り、奇怪な素性を隠蔽しようと試みる。
 自衛手段だ。
 彼女の姿を見た者は例外無く恐れおののき、そして、拒絶と加虐心に任せて迫害した。
 此処へと辿り着くまで、幾度となく〈()〉が体験した教訓である。
「おじいちゃん、いるでしょ?」
 幼女の声であった。
 ひとまずの安心を得た〈()〉は警戒心を()く。
 扉を開けて入って来たのは、愛らしい少女であった。まだ九才だ。
 幼き身を軟らかな彩りに飾るピンク色のチャイルドドレス。赤いバケット帽からは、金髪のおさげ(・・・)(こぼ)れる。腕に通す愛用のバスケットケースは、母親に手作りしてもらったお気に入りだ。
「あ、やっぱりお姉ちゃんもいた」
「うん、いた」
 素直な鸚鵡(おうむ)(がえ)しを返事とする。
「何じゃ? マリーよ、また一人(ひとり)で来たのかい?」
 出迎えようとする老体を気遣いに制して〈()〉は代役と席を立った。
 相手が幼い少女であるせいか、玄関先で並ぶと彼女の巨体が際立つ。
 マリーは〈()〉の顔を見上げ、ニカッと嬉しそうに歯を見せた。それに応えて〈()〉も微かに微笑(びしょう)を含む。
 まだ感情の表現が上手く出来ない……だから、これが精一杯の〝友情の(あかし)〟であった。
「マリー、一人(ひとり)で来た?」
 先刻の老人の言葉を、そのまま繰り返す。
「そうよ?」
 幼さ(ゆえ)に好奇心が先立ったのか、この少女は初見から〈()〉に怯えなかった。
 (ある)いは、アンファーレン老人から受け継いだおおらかな気質かもしれない。
 いずれにしろ〈()〉の奇異性を百も承知で接してくれる〝かけがえのない友達〟であった。
 来客であるはずの少女が、主導権を持って〈()〉の手を引く。
 こうして、いつもの三人(・・・・・・)が食卓を囲んだ。
「ああ、また何もしないパン(・・・・・・・)だわ」
 質素な食事を見て、マリーが(あき)れた。
「マリー、パンは何かをしてくれている」
「え?」
「私のお腹を満たしてくれている」
 的外れな〈()〉の返答に、マリーは大人びた()(いき)(さら)(あき)れる。
「そうじゃないのよ、お姉ちゃん。わたしが言っているのは、何の味付けもしてない(・・・・・・・・・・)って事なんですからね?」
「そうか、ありがとう」
「何を『ありがとう』なの?」
「教えてくれた」
 (しばら)くの間を置いて、少女は困惑の嘆息(たんそく)に沈んだ。
 このお姉さんの事は大好きだが、どうにも常識がズレている。下手をしたら、自分よりも知識が無いのかもしれない──そう感じた時から、マリーは自発的に〝教育係〟を意識していた。
「たぶん、こんなことだと思ったの。だから、コレを持ってきてあげたのよ?」そう言って、バスケットケースから(いく)つかの瓶詰(びんづ)めを取り出す。「はい、イチゴジャムとピクルス……それから、すこしだけど蒸し鶏(チキン)も」
「いちごじゃむ……」
 初めて見る物体を、まじまじと〈()〉は凝視(ぎょうし)した。赤いグチャグチャが(びん)に圧迫される見栄(みば)えは〈()〉の目にはグロテスクにも映る。
「なあ、マリー?」アンファーレン老人は(かす)かに困惑を込めて口を開いた。「来てくれるのは有り難いが、一人(ひとり)で来るのは、もう()めておくれ?  可愛い孫娘が危険に(さら)されると思うと、ワシは心配で心配で……」
「デッドのこと?」祖父の心配とは裏腹に、少女は涼しい態度で食事の準備を進める。「だいじょうぶよ、おじいちゃん。このまちには〝兵隊さん〟がいるから、デッドなんかこないもの」
「……〈完璧なる軍隊(フォルコメン・アルメーコーア)〉か。しかしのう?」
 釈然(しゃくぜん)としない様子(ようす)で白い(あご)(ひげ)()でた。
 この世に『完璧(・・)』などというものは無い。(まん)(いち)という事もある。
 人生の深みにそれ(・・)を知ればこそ、老人は懸念(けねん)(ぬぐ)えないのだ。
「私が着いていく」
 唐突に〈()〉が宣言した。
 瓶詰(びんづ)めジャムへの好奇心は()らさぬまま。
「ついていく……って、お姉ちゃんが、わたしをおくってくれるの?」
「うん」
 赤い(びん)には見入る。
「かえりはいいけど、くるときは?」
「呼べばいい。聞こえる」
「きこえないわよ! おうちまで一〇分もかかるのよ?」
「大丈夫。聞こえる」
「きこえませんよーだ!」
「聞こえる。マリーの声だから」
 実際〈()〉は、嘘をついていない。
 彼女の聴覚は常人レベルを(はる)かに超えているのだから。
 ただし、万事を集音していては精神的に()たない。
 そんな状態になれば、常時に()いて大騒音に(わずら)わされる事になるだろう。心休まる瞬間とて無い。
 だから〈()〉は関心事以外に、この超聴覚は使わなかった。
 生体的なスイッチのオンオフである。
 だが、マリーとアンファーレン老人は〈()〉にとって〝かけがえのないともだち〟だ。
 だからこそ、常にオンとしても良い──そう判断した。
「じゃあ、わたしがピンチのときも、お姉ちゃんがたすけにきてくれるの?」
「うん、行く」
 ジッとイチゴジャムを見据えながら言う。
「……そっか」
 マリーは何故だか嬉しくなって、パンを大きく頬張(ほおば)った。イチゴジャムの芳醇(ほうじゅん)甘味(あまみ)が口の中で()れる。
 幼い少女(レディー)なりの照れ隠しだ。
「……マリー?」
 ようやく〈()〉は目線を上げ、真顔で〝ともだち〟を正視した。
「なあに? お姉ちゃん?」
 食べる手を休めずに、マリーが応える。
「いちごじゃむは、()の内臓?」
 口に含んだミルクを思わず噴き出すアンファーレン。
 あまりに突飛でグロテスクな発想に、少女は顔をしかめるしかなかった。
 せっかくの食欲も減退したが、食卓は大笑いに包まれる。
 ただ一人(ひとり)朴念仁(ぼくねんじん)()いて……。



 慢性的な黒雲に覆われている闇暦(あんれき)だが、一応は昼夜(ちゅうや)の区切りが存在する。
 陽光は闇の層に遮られて弱体化するものの、一応は判別可能だ。
 日中は曇天(どんてん)(さなが)らの薄暗さになるし、夕暮れは短く黄昏を染めるのだから。
 従って、少なくとも現状は夕刻だ。
 街へと続く丘陵(きゅうりょう)の野道を、大きな人影と小さな人影が()()って歩いた。
「ねえ、お姉ちゃん?」マリーが見上げて言う。「お姉ちゃんは、どうして街に来たがらないの?」
 優しい困惑を浮かべ〈()〉は答えた。
「私は行ってはいけない……嫌われる」
「そんなことないわ! 街の人達は、みんな優しいのよ?」
「そうだな……優しい人達だ」
 それは知っていた。
 実際に幾度(いくど)かは、街へと忍び込んだ事もある。
 物影に隠れて羨望(せんぼう)に観察した光景は、彼等の長閑(のどか)な善良さを〈()〉に示してくれた。
 石畳(いしだたみ)の広場では社交の雑談が笑みに交わされ、子供達は溌剌(はつらつ)とした元気で遊び駆け回る。
 坂道に立ち往生する荷馬車が在れば通りすがりが力添(ちからぞ)えをし、杖つく老人には周囲が気遣(きづか)った。
 何処かの誰かが困れば、何処かの誰かが手を貸す──そんな人達だ。
 強く(あこが)れた。
 (まぶ)しさに()かれた。
 だからこそ〈()〉は思う──自分は介入してはいけない……と。
 それは、きっとこの世界(・・・・)を壊してしまう事になるから……。

 かつて、サン・ジェルマンは言った──「外の世界(・・・・)は、とても怖い所なんだよ……(きみ)にとってはね。とても怖く、恐ろしく、残酷で、苦しい世界なのさ。()は、この城から出てはいけない……出るべきではない(・・・・・・・・)んだ」と。

 その言葉の意味を、現在(いま)の〈()〉は理解する事が出来た。

 罵倒(ばとう)に投げつけられる石礫(いしつぶて)──容赦なく殴りつける硬い棒──幾度(いくど)痛みを味わったかは数えていない……。
 心の痛みを……。
 普段は優しい人々も、一度(ひとたび)()〉の醜怪(しゅうかい)さを見れば豹変するのだ。
 それでも〝人間(ひと)〟を憎めなかった。
 憎めない自分が恨めしくさえ思えた。
 (あわ)れであった。
 だから〈()〉は泣いた。
 毎日……毎日…………。
 ひたすらに慟哭(どうこく)した……。

 ()れど、現在(いま)は違う。
 自分の(てのひら)には持て余す小さな手の(ぬく)もり──それが心の(きずあと)を埋めてくれるから。
「……マリー」
「なに? お姉ちゃん?」
「私が怖くない?」 
「顔のこと?」
「うん」
 長い前髪を垂らしたところで、完全に隠し通せるはずもない。せいぜい遠目か一見(いちげん)程度にしか通用しない小細工だ。
 当然ながら、マリーは〈()〉の右顔面を朧気(おぼろげ)に見ている。
 その醜怪さを……。
 さすがに()()した眼球までは見えていないだろうが……。
「こわいわよ?」
 屈託(くったく)なく答えた。
「そうか」
 当然の返答とばかりに〈()〉は受け入れる。
「こわいに決まっているじゃない。顔だけじゃなく、体もキズだらけだもん。最初に見たときは〈デッド〉かと思ったわ」
「うん、ごめん」
 何故か謝っていた。
「でも、しかたないわよ? だって、それだけの大ケガをしたんでしょう?」
「……うん」
 この子と初めて出会った時に〈()〉は()をついていた。
 厳密にはアンファーレン老が()(つくろ)った方便(ほうべん)なのだが……。
 (いた)(かた)ない選択とはいえ、その()()は心苦しかった。
 正直、()は嫌いである。
 たぶん、それは〝罪〟であり、この苦しさ(・・・)は〝罰〟だ。
「それにね? わたし、お姉ちゃん好きだもん」
 またも屈託(くったく)なく言う。
 それは〈()〉にとって、予想外の言葉であった。
「怖いのに?」
 戸惑(とまど)いを(いだ)いて(たず)ねる。
「うん、やさしいから」
「そうか」
 何故だろう……胸が温かく、そして苦しかった。
 けれども、この苦しみは(つら)くない。
 これまで味わった〝寒い苦しみ〟とは違う。
 それを人間(ひと)は〝愛情〟と呼ぶ事を〈()〉はまだ知らない……。
「マリー」
「なに? さっきから?」
「ありがとう」
 心から涌き出る想いそのままに〈()〉は微笑(ほほえ)みを捧げた。
 小さなともだちは(しばら)く不思議そうに見つめていたが……やがて温かな笑顔を与えてくれた。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

名前:名前は無い。

   便宜上〈娘〉と呼ばれている。

(NonName/CodeName is〈Daughter〉)


性格:

 朴訥。朴念仁。

 しかしながら、それらは繊細にして博愛的な性格故である。


特徴:

 轟く豪雷から生命を授かったオカルト科学による蘇生死体。

 電気ある限り不滅と言える生命力は、闇暦に於いても稀に見る特性である。

 己のレゾンデートルに苦悩し、それを見極めようと足掻いている。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み