ともだち Chapter.7

文字数 6,723文字


 アンファーレン宅の敷地裏には、木造仕立ての納屋が在る。
 農作業道具や(まき)が収納されているものの、老人自身は盲の(ため)、滅多に訪れる事がなくなった小屋だ。
 そこが〈()〉の寝床になる。
 そして、最近は同居人が一人(ひとり)増えた。
 戦乙女(ヴァルキューレ)だ。
 中央に山積みとなった(わら)が、二人のベッドであった。その量は共有しても余りある。
 一応、アンファーレン老の名誉の為に付記しておく。
 彼は家屋での睡眠を勧めてくれた。
 しかしながら、ブリュンヒルド自身が丁重(ていちょう)に辞退したのだ。
 屋内の造りは御世辞にも広いとは言えず、来客用の個室も無い。
 そんな環境では、否応(いやおう)無く〈()〉と共に居間で〝(うなぎ)寝床(ねどこ)〟状態だ。それでは盲目の老人が歩くにも障害物と成り兼ねない。
 何よりも先客である〈()〉が(かたく)なに拒み続け、納屋での寝起きに従事しているのだから、新参者の自分がぬくぬくと温床に預かるわけにもいくまい。
「野宿よりマシなのですから、贅沢は言えませんね。それにしても……」
 積まれた(わら)へと腰を沈めて、ブリュンヒルドは感慨を漏らす。
 物憂(ものう)い宿す視線の先には、藁束(わらたば)を寝台と整え続ける巨体が在った。
「どうした?」
「あ、いえ」気付かれたばつ(・・)の悪さに、慌てて取り繕う。「意外と柔らかい物だ……と。それに肌触りも、思っていたより不快ではありません」
「うん、(わら)はフカフカ」
「ええ、保温性も思っていたより悪くありません」
(わら)は温かい。冷たい洞窟で寝るよりも温かい」
「……そこまで極端な比較はしていません」
「そうか」
 相変わらずの噛み違いに困惑するも、ブリュンヒルドは会話に含まれていた違和感に気付く。
「え? 洞窟に? そんな場所で野宿した経験があるのですか?」
「うん」無関心に返事をしつつ〈()〉は作業を続けた。「アンファーレンに会う前は、色々な場所で寝た」
「そう……ですか」
「寒かった。そして、固かった」
 いそいそと働く巨体を見つめていると、何故だか(わび)しい感情が込み上げてくる。
 相手は〈怪物〉だというのに……。
(……随分(ずいぶん)と苦労したのでしょうか)
 神界の戦士として禁忌(タブー)とは知りながらも、ブリュンヒルドは〈()〉への同情を抑えられない。
 やがて就寝準備を終えた〈()〉は、真顔を向けて言った。
「ブリュンヒルド、寒かったら言え」
「え?」
「抱っこする。体温、温かい」
「……遠慮しておきます」



 並んで横たわる。
 ジージーと夜虫が鳴き、天井板の(わず)かな隙間が風と月明かりを(さそ)い込んだ。
 倦怠(けんたい)的な疲労感に反して、ブリュンヒルドは寝つけなかった。
 横臥(おうが)()える意識が、物憂(ものう)いを巡らせる。
(下界は、ここまで混沌としていたのですか……)
 完璧なる軍隊(フォルコメン・アルメーコーア)──。
 ウォルフガング・ゲルハルト──。
 アンファーレン老人と、孫娘のマリー──。
 ハリー・クラーヴァル──。
 そして、正体不明の〈()〉────。
 此処数日で、目まぐるしい体験をした。
 脳内整理だけでも一苦労(ひとくろう)だ。
 何よりも日中に体験したばかりの惨劇は、彼女の心に悪夢として刻まれた。
 (あたか)も〈怪物〉としての本性を(さら)け出したかのような〈()〉の姿は……。
(いったい貴女(あなた)は、どちら側(・・・・)なのですか……)
 何故だか寂しさにも似た感情に想う。
 優しく無垢な〈()〉──。
 恐ろしくも忌むべき〈怪物〉──。
 その両極端な側面を知ってしまったが(ゆえ)に、彼女は〝奇怪な隣人〟への心象を持て余すのだ。
(もしも、あの〝殺戮の化身〟が彼女本来の姿だとしたら、私は……私が()すべき事は…………)
 (おのれ)の在り方を自問する。
 さりながら如何(いか)なる選択であろうと、自分自身で決断せねばなるまい。
 闇暦(いま)の彼女は北欧神界(アースガルズ)の助力を断たれ、孤立無援(こりつむえん)の身なのだから……。



 旧暦一九九九年七の月──地上は突如発生した魔界の気〈ダークエーテル〉によって侵食された。
 青い生命の泉は奇病に侵されたかのように黒ずんでいき、甦った死人(しびと)が人々を襲い喰らう──五感を放棄したくなるような阿鼻叫喚(あびきょうかん)が繰り広げられた。
 前代未聞(ぜんだいみもん)地獄絵図(じごくえず)を天界より見ていたブリュンヒルドは、胸が張り裂けんばかりの想いを噛み締める。
(地上が……私の愛する地上が〈魔〉に侵される!)
 それは耐え難いものであった。
 だから、独断に地上へと降り立ったのだ!
 仲間(ヴァルキューレ)達の制止を振り切ってまで……。
 だが、ブリュンヒルドの降臨から数時間後、地上は完全に〝闇の世界〟と変わり果ててしまった。
 新世界の法則と蔓延(まんえん)する魔気(ダークエーテル)は神界との交流を遮蔽(しゃへい)し、絶対的支配者と君臨する黒月(こくげつ)が救世の停滞を(うなが)す。
 そして、闇暦(あんれき)世界が完成した。
 彼女(ひと)りを〝(かご)(とり)〟と堕とし……。
 俗に〈終末の日(アンゴルモア・ハザード)〉と呼ばれる大災厄の体現であった。


 北欧神界(アースガルズ)へと帰る(すべ)を失った。
 (ゆえ)に、流浪(るろう)を続ける。
 さりとも、目的を(いだ)かぬままに彷徨(ほうこう)する事を()しとしていたわけではない。
 主神(オーディン)の加護が地上に及ばぬのならば、(みずか)らが〝加護〟と成れば良い。
 この現世魔界に()いて(なげ)き苦しむ人々を守り、その剣と成りて〈怪物〉達から救えば良い。
 それが、彼女の宛無(あてな)旅路(たびじ)の目的と化した。
 如何(いか)に現世魔界に身を置こうとも、自分は誇り高き〈戦乙女(ヴァルキューレ)〉なのだ──その自覚を(よりどころ)とする現実逃避だと、薄々気付いていながらも……。




 とりとめのない黙想に、どれだけの時間が経過したであろうか。
 やがて背中合わせの巨体が、のそりと身を起こした。
(こんな夜更けに? 何を?)
 ブリュンヒルドは緊迫の中で、寝入(ねい)芝居(しばい)(てっ)する。
 内心は穏やかにない。
 昼間の暴走ぶりが悪夢と想起(そうき)され、彼女の胸中に戦慄と警戒心を呼び起こしたからだ!
(まさか? いえ、やはり(・・・)人知れず悪行を?)
 闇夜を味方した不審な行動が、情に殺していた敵対視の方を傾かせた!
 はたして、それは殺人であろうか?
 はたまた人食いであろうか?
(やはり〈怪物〉は〈怪物(・・)〉! 同情など(いだ)くべき対象ではなかったのです!)
 (みずか)らのアマさを()いた!
 狙いは、盲目の老人?
 いや、もしかしたら、この瞬間に我が身へと襲い来るのやもしれない!
(私は〈戦乙女(ヴァルキューレ)〉……偉大なる主神(オーディン)の戦士! みすみす()られなどしません!)
 高揚が確信を(あお)り、失望が(むな)しさを刻む。
 失望?
 何故?
 相手は〈怪物〉だ。
 この闇暦(あんれき)で人々を支配し、苦しめ、その命すら軽んじる〝神の敵〟だ。
如何(いか)に善良の仮面で擬装(ぎそう)しようとも、所詮(しょせん)は〈怪物〉──ようやく本性を(さら)けだしたに過ぎないだけ!)
 なのに、何故……こうも胸が冷たくも痛い?
 触れれば壊れる繊細な氷細工ように……。
 上体を起こした〈()〉は、(しば)し隣の戦乙女(ヴァルキューレ)の様子を観察していた。
 背中一杯に視線を感じ、鼓動(こどう)が早鐘を打つ!
 が、熟睡(じゅくすい)していると感受したか、ゆっくりと寝床から起き上がった。
 いよいよ来る──ブリュンヒルドが予測するも、その展開は一向に訪れない。
(何故?)
 警戒心を裏切るかのように〈()〉は表へと出て行った。
 両手に軽く分けられる程度の藁束(わらたば)を抱えて……。



 距離は左程(さほど)ではない。
 歩いて一〇分程度の道程(みちのり)だ。
 とはいえ、不確かな獣道(けものみち)しかない悪路は(ある)(にく)い。常人であるならば……だが。
 闇暦(あんれき)特有の暗さは夜闇(よやみ)の祝福によってますます深く染まり、雑木林(ぞうきばやし)魔樹(まじゅ)の森と(しげ)らせていた。
 その中を黙々と進む〈()〉は、追跡に気付いた様子が無い。
 適当な間合いを取って──(ある)いは、樹の陰へと身を隠しながら──ブリュンヒルドは追った。
 無論、鎧装束は装着済みだ。
(一体、何処へ?)
 晴れぬ疑念に洞察する。
 そう、(いま)だ潔白が証明されたわけではない。
 確かに自分を襲いはしなかった。
 アンファーレン老も……。
 さりとも、彼女が悪行を働かぬという立証にはならない。
 尾行は続いた。
 (さら)に一〇分といったところか。
 完全に街からは(はず)れ、領域外となっている。
 足下に泥濘(でいねい)する黒霧(くろきり)が、その立証だ。
 この魔気〈ダークエーテル〉は、人工領域には侵入出来ない。
 ダルムシュタット内部に〈デッド〉が発生しない理由が、それ(・・)だ。
 裏返せば、こうも黒い霧が発生しているという事は、それだけ街から離れたという事でもある。
 いつ〈デッド〉と遭遇してもおかしくない。
 そんな(あや)うい環境で、二人(ふたり)の追跡劇は続いた。
 もっとも(まん)(いち)〈デッド〉に襲われたとしても、両者にとって敵ではないが……。
(例えば、あの(わら)(たば)を種火と使って、山火事を引き起こそうと(たくら)んでいるとしたら? 何よりも、皆が寝静まったこんな夜更(よふ)けに、見計(みはか)らったかのような行動は(あや)し過ぎます!)
 鼓舞(こぶ)めいて、自分へと言い聞かせる。
 相手は狡賢(ずるがしこ)い〈怪物(・・)〉……情に(ほだ)されて気を許しては、姦計(かんけい)を見抜く事など出来ない!
 だが……そうだとしたら、この後ろめたさは何だというのであろうか?
 揺らぐ。
(私は……本当に正しいのでしょうか)
 その自失に注視を()らした一瞬、忽然(こつぜん)として〈()〉が消えた!
「しまった!」
 慌てて〈()〉が居た場所まで駆け出し、周囲を見渡す!
「ど……何処へ?」
 (とどこお)黒霧(くろきり)は視界を(かす)ませ、(おお)(しげ)る樹々が〈()〉の味方と索敵(さくてき)(はば)んだ。



「……た……て……だ……ある……て……」
 (かす)かに聞こえた〈()〉の発声を頼りに、ようやくブリュンヒルドは居場所を突き止めた。
 気取られない程度の距離で、(しげ)みへと隠れて様子を(うかが)う。
 岸壁を行き止まりとする(ひら)けた場所であった。
 周囲は樹々の緑に囲われながらも、そこだけは土肌に禿()げている。
 そこに〈()〉は居た。
 拾った枝を(たきぎ)として(だん)を取り、その前で地面に直接座っている。
 彼女の奥に見えるのは、岩壁を(えぐ)った浅い穴。一見には(ほこら)にも見えた。
 はたして自然に刻まれた物か、はたまた〈()〉が怪力任せに砕いたのか……それは判らない。
 ただ、その中には納屋に劣らずの量で(わら)が積み上げられていた。おそらくコツコツと持って来ていたのだろう。だとしたら、寝床(・・)だ。
 他にも古びた鍋やら斧やらが無造作に放置され、貧しくも荒れた生活臭を演出している。
(隠れ家……なのでしょうか?)
 状況から、そう推測した。
(もしかしたら、此処で人間に反旗を(ひるがえ)す算段を画策しているのかもしれません)
 そんなブリュンヒルドの疑念を知る(よし)もなく、当の〈()〉は焚き火の明かりを頼りとして本に()(ふけ)っていた。
「……た……か……が……の……」
 先程から聞こえてきた意味不明な発声は、どうやらコレの朗読である。
 まだ難解な文面は解読できないようだ。
(いったい何を読んでいるのでしょう? 呪文書(グリモワール)(たぐい)ではなさそうですが……)
 というよりは〝魔術〟などという高等知性的な技能を扱えるとは思えない。
 どちらかといえば〈魔獣〉と同じく〝生態として備わった魔力を行使するタイプ〟だ。
 いや、それ以前に……。
(彼女からは、いわゆる〝魔力〟というものを感じないのですよね……近しい禍々(まがまが)しさは感受するものの…………)
 不思議な感覚であった。
 怪物──魔物──人間為(ひとな)らざる者────そうした存在には間違いない。
 にも(かか)わらず、この〈()〉からは前提条件たる〈魔力〉が感知出来なかったのだ。
「……から……で……」
 奇妙な音読は続く。
(本当に、一体何を?)
 好奇心に突き動かされて身を乗り出す。
 それが抜かり(・・・)であった!
 手前の足場が段差となっている事に気付けず、ブリュンヒルドは滑り落ちる!
「きゃ!」
 短い悲鳴に尻餅をついた!
「いたたたた……!」
 自分の間抜けさに苦笑したくも、(さす)る尻の痛みが涙を誘う。
 と、(みずか)らに(かぶ)さる暗さで、ブリュンヒルドは慄然(りつぜん)とした!
 眼前を見上げれば、白い月明かりを背負った巨躯(きょく)の影が!
「あ……あ……」
 威圧的なシルエットに戦慄する!
 完全に不意を突かれた!
 応戦しようにも万全の状態に無い!
 武器は転げ落ち、腕を伸ばしても届かない位置に有る!
 圧倒的に不利な体勢で発見されてしまった!
「ブリュンヒルド、来た」
「あ……あの……こ……これは……!」
 大きい()がユラリと迫る!
()られる?)
 恐怖に(まぶた)()じ、(すく)身体(からだ)を縮めた!
 しかし──「え?」──彼女の予測を裏切り、大柄な手は優しく頭を()でる。
 その挙動に添えられた言葉は、(おだ)やかな抑揚であった。
「大丈夫。痛いけど痛くない」
「な? 何を?」
「ブリュンヒルド、まだ痛いか?」
「い……いえ」
「尻、(さす)ってやる」
「結構です!」



「では、此処は貴女(あなた)新しい家(・・・・)だと?」
「うん」
 パチパチとはぜる()()の前に(すわ)()み、二人は事の真相を語り合った。
「……いずれ出ていくつもりだったのですか? アンファーレン老人の所を?」
「うん」
 膝を(かか)えて(すわ)る〈()〉は、踊る炎を眺めながら答える。
 ブリュンヒルドは、茜の陰影を遊ばせる横顔を見つめ続けた。
 相変わらず感情の機微(きび)は無い。
 だが、物悲しそうにも映るのは、ブリュンヒルド自身が憐れみの念を(いだ)いてしまったせいだろうか。
 不覚にも、この怪物(・・)に……。
「いつまでも居てはいけない。私が居たら迷惑」
「アンファーレン殿は、そんな風に思っていないのでは?」
「うん」
「でしたら、もう少し考えてみては……」
「ダメ。私が居たら、きっと不幸を呼ぶ」
「不幸を?」
 (うれ)いたかのような眼差(まなざ)しで闇空(あんくう)(あお)いだ〈()〉は、胸中に秘めた想いを吐露(とろ)する。
「私は〈怪物(・・)〉だから……」
「ッ!」
「〈怪物(・・)〉は、人間と一緒に居てはダメ。いつか不幸にしてしまう。誰も傷付けたくない」
「あ……貴女(あなた)は……」
 胸が締め付けられた。
 (おのれ)偏見(へんけん)()じた。
 どこまでも無垢(むく)で、優しく、寂しい〈()〉……。
 どこまでも憐れな〈()〉……。
 ブリュンヒルドは初めて知った。
 こんな〈怪物〉もいるのだ……と。
 ふと(われ)へ返ると、こちらをジッと見つめる〈()〉の視線に気付く。
「な……何です?」
「ブリュンヒルド、まだ痛いか?」
「え?」
「泣いている」
 指摘されて、ようやく自覚した。
 自分の頬を(つた)(しずく)に……。
「い……いえ、これは……目にゴミが……」
 ばつ悪く指で(ぬぐ)い、(つと)めて明るく話題を転化する。
「ところで、先程、本を読んでいらっしゃいましたね?」
「うん」
 素直に(うなず)く〈()〉は、外套(がいとう)の中から対象物を取り出した。
 それは〝本〟ではなく〝手帳〟だ。
 革製の表紙で装丁されているものの、年季からか(いささ)かボロボロになりつつある。
「城から持ってきた」
「城?」
 怪訝(けげん)鸚鵡(おうむ)(がえ)しを(くち)にしたものの、ブリュンヒルドはそれ以上追求しなかった。
 一応、彼女が以前に居た生活環境だと察しはつく。
「これで言葉を勉強してる」
「言葉を?」
「うん」
 預かった手帳を開いてみる。
「こ……これは!」
 閲覧して、すぐさまゾッとした!
 魔術書(グリモワール)ではない。
 しかし、もっとおぞましい代物(しろもの)だ!
 身の毛がよだつ()まわしい書物だ!
 (すう)(ページ)(めく)っただけで、不快な吐き気すら(もよお)す!
 人間を部位解剖した()()に、事細かな注釈が殴り書かれていた!
 (ぜん)(ページ)が、それ(・・)だ!
「これは……これは!」
 悪夢に魅入(みい)られたかのように、ブリュンヒルドは荒く読み進める!
 筋肉の解剖図──眼球の断面図──神経組織の展開図──そして、脳の解体図!
「これはこれはこれはこれは!」
 記述(きじゅつ)されていたのは、狂気ともいえる手記!
 外道(げどう)(きわ)まりない人体実験の記録(・・・・・・・)
「そんな……そんな……そんな!」
「ブリュンヒルド、そんなに面白いか?」
 不意に呼び掛けられ、現実へと呼び戻された。
 途端(とたん)、精気を吸いとられたかのような憔悴感(しょうすいかん)に支配される。
 呆然自失(ぼうぜんじしつ)とした虚脱(きょだつ)の瞳が、憐れな〈()〉を(とら)えるなり(うる)んだ。
「どうした? 悲しいお話だったのか?」
 無垢な好奇心が()を指しているかは理解している。
 ()れど、もはや(ぬぐ)うつもりは無い。
 その(すべ)も無い。
 (ほほ)(つた)う涙を……。
「私も、早く読めるようになりたい」
 未体験の楽しみへと浮かべる微笑(びしょう)
 その愚かしい様に、戦乙女(ヴァルキューレ)は哀しく首を振る。
 そして、心の底から込み上げる激情に突き動かされていた!
 (むく)われぬ魂を……神にさえ見放された魂を抱き締める!
 愛のままに!
 強く!
 力強く!
「ブリュンヒルド、苦しい」
 その胸に(うず)められた頭が、唐突な抱擁(ほうよう)に困惑する。
「この本は……私が預かります! もう……もう絶対に……この本は読まないで下さい!」
 (こら)えきれずに叫んだ!
「ぅ……ぅぅ……ぅぁぁ……」
 噛み殺していた嗚咽(おえつ)()れる。
 汚らわしい無垢なる手が、泣き濡れる頬を優しく()(なだ)めた。
「ブリュンヒルド、大丈夫……痛いけど痛くない」


 如何(いか)なる『魔術書(グリモワール)』よりも、()の『邪神召喚書(ネクロノミコン)』よりも、禍々(まがまが)しき呪われし手記『Fの書』──。


 ブリュンヒルドは理解したのだ……。
 この〈()〉は、死体の繋ぎ合わせ(・・・・・・・・)
 手記に記載されていた()まわしい人体実験の産物!



 黄色く(よど)んだ単眼が見下(みお)ろす夜闇(よやみ)に、無情なる哀しみが痛みを(きざ)んだ。


 それは、決して()には(かえ)せぬ人類(ひと)の大罪であった……。
ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

名前:名前は無い。

   便宜上〈娘〉と呼ばれている。

(NonName/CodeName is〈Daughter〉)


性格:

 朴訥。朴念仁。

 しかしながら、それらは繊細にして博愛的な性格故である。


特徴:

 轟く豪雷から生命を授かったオカルト科学による蘇生死体。

 電気ある限り不滅と言える生命力は、闇暦に於いても稀に見る特性である。

 己のレゾンデートルに苦悩し、それを見極めようと足掻いている。

ビューワー設定

文字サイズ
  • 特大
背景色
  • 生成り
  • 水色
フォント
  • 明朝
  • ゴシック
組み方向
  • 横組み
  • 縦組み