3–5

エピソード文字数 1,043文字

ヴィゼリーとリーセリーの聖劇の内容はこうだった。
お兄ちゃん!

みてみて。

きょうはね、おえかきしたんだよ!

どぉれ?

あ、獅子の絵だ!

リーセリーは本当にそれ好きだな。

紋様術師として、ガイア教会の施設で育てられた幼少期。
とう!

えいっ!

…………。
またこんな夜中に素振りしてる。

剣のお稽古なんかしてどうするの?

リーセリー、俺たちはどんな状況でも魔女様のために戦わなきゃいけないんだ。どんなことでも身につけておいたほうがいい。

それに剣術は体も鍛わる。

やって損はないさ。

……ふぅん。
まあ、いいや。

寝坊だけはしないでよね。

鍛錬に励んだ少年期。
そして器継承戦争の勃発。
我が姉プレリュールは(みまか)られたばかりの『器の魔女』の後継者でありながら、教会領を切り売りする内容の証文を国内外の諸侯と交わした。


これは一切の世俗の事柄への関与を断たねばならない聖務への冒涜行為であり、今後も蓄えた財で政治の領域に干渉する意図が明らかだ。このような人物が『器の魔女』の座につくことを許すわけにはいかない。


かつての教会領の住人たちが、王侯貴族の重税に喘ぐ現状を皆は知っているはずだ。どうか彼らを救うためにも、また世界を守る器を保持するためにも、王軍を味方につけたプレリュールの打倒に協力してほしい!

(ねえ、あの子)
ひそひそ声で現実に引き戻された。

イグネフェルとミクリラは、またしても不審げな目に取り囲まれていた。

(イグネフェル……)
(そっくり……)
(まさか……)
(そんなわけないだろう。大人しそうな子じゃないか)
ねえ。
ミクリラが囁きかけてきた。

広場を埋めるほどの観衆なのに、二人の周りだけ、両腕を伸ばしても誰にも当たらないくらい人が離れていた。

場所変えよ。離れるよ。


う、うん。でもどこに?
いいから。
舞台に背を向けるとき、その内緒話が耳に飛び込んできた。
(ふん。あたしは知ってるよ。ナーシュにおかしな紋様を組み込まれるまであのイグネフェルもいい子だった。

父親があの子を狂わせたんだ)

どういうことなの!?
衝動的に、イグネフェルは会話する老人たちのほうを振り向いてしまった。
広場が静まり返る。

舞台の上さえも。

その沈黙を破るのは、舞台の上の一人の女。
ほぉう、そこにいるのは王軍の将イグネフェル!

なんの(えにし)か。または余興か!

その役はセレナル。

世界の涙の魔女、セレナル――。

来るがいい、少年よ。

お前が在りし日の英雄か他人の空似か、私が見定めてくれよう。

イグネフェルもミクリラも、観衆に取り囲まれていた。

逃げ場はなかった。

ワンクリックで応援できます。
(ログインが必要です)

登場人物紹介

イグネフェル

本作主人公の紋様兵器。魔女を討伐するべく旅に出る。

涙を流す機能がない。

ヴィオレンタ

本作のヒロイン。

セレナル

『世界の涙の魔女』。

30年前の器継承戦争によって魔女の地位を継いだ。

ミクリラ

30年前に名を上げた英雄オーレリアの孫娘。

ナーシュ

イグネフェルの創り主。

30年前の器継承戦争で息子イグネフェルを失い、自身は顔面を奪われた。

ヴィゼリー

西の浮遊要塞の司令官。生ける紋様兵器。

リーセリー

ヴィゼリーが連れている紋様兵器。

オーレリア

30年前の器継承戦争の英雄。ミクリラの祖父。

アグア

東の浮遊要塞の司令官。

ビューワー設定

背景色
  • 生成り
  • 水色