皇女と候補生と航宙軍艦 カシハラ号

作者 もってぃ

宇宙歴479年6月6日──
帝国宇宙軍の装甲艦が、突如としてシング=ポラス星系の自由都市テルマセクを制圧した。

航宙軍士官学校次席の士官候補生准尉ツナミ・タカユキは、練習艦カシハラ乗組みの実習幹部としてテルマセクを訪問中、この異常事態に遭遇する。
混乱の最中に艦長以下の幹部士官と正規クルーを失った練習巡航艦カシハラは、候補生だけで艦を発進させ帝国軍の包囲からの突破を図ることとなった。

目次

連載中 全36話

2022年01月22日 00:00 更新

  1. 第1部 少女が覚悟を決めるまで……

  2. プロローグ 冗談ごとじゃないぞ!2021年11月15日
  3. 第1話 歯車は回った2021年11月16日
  4. 第2話 時代という舞台の幕が上がったのだ……。2021年11月18日
  5. 第3話 〝サンタンジェロ〟に突入、〝ホリディ〟は未着2021年11月20日
  6. 第4話 それで、わたしはどうなります?2021年11月22日
  7. 第5話 そんな顔しないでください2021年11月24日
  8. 第6話 これは宇宙軍側の失態、ということですかな……?2021年11月26日
  9. 第7話 乗艦を許可します、皇女殿下──ようこそカシハラへ2021年11月28日
  10. 第8話 民間人を艦に乗せるのか?2021年11月30日
  11. 第9話 しっかりしろ、ツナミ・タカユキ‼2021年12月02日
  12. 第10話(前) それはツナミやミシマの都合でしょ⁉2021年12月04日
  13. 第10話(後) そうして……わたしを利用しますか?2021年12月06日
  14. 第11話(前) そう…… 〝勅任艦長〟だ2021年12月08日
  15. 第11話(後) 〝否定はしません〟 ……そう言いました2021年12月10日
  16. 第12話 巡航艦《カシハラ》について説明しよう──。2021年12月12日
  17. 第13話(前) でしょうね。でも、そのことからあなたは逃れられません2021年12月14日
  18. 第13話(後) 君は馬鹿じゃないんだろうが、利口ではないんだろうな2021年12月16日
  19. 第14話 卑怯です、そんな言い様は……2021年12月18日
  20. 第15話 わたしは、〝わたし〟としてベイアトリスに参ります2021年12月20日
  21. 第16話 キミの能力が僕には必要だ2021年12月22日
  22. 第17話 務めは果たさねばな2021年12月24日
  23. 第2部 若者は戦い、今日を足掻く

  24. 第18話 すっかり〝候補生虐め〟が板についてきましたね?2021年12月26日
  25. 第19話 何だ、素直な顔もできるんじゃない……2021年12月28日
  26. 第20話 ただ〝期待〟はするだろう?2021年12月30日
  27. 第21話 なるほど…… 当に〝戦の女神〟なのだな……2022年01月05日
  28. 第22話 総員……っ! ──衝撃に備え‼2022年01月06日
  29. 第23話 やられっ放しって訳にゃいかないだろ2022年01月07日
  30. 第24話 敵より先に、相手の姿を捉える2022年01月08日
  31. 第25話 アルセは己の迂闊さを呪った……2022年01月09日
  32. 第26話 〝いま〟だ‼ 撃て!2022年01月10日
  33. 第27話 艦長と〈アスグラム〉はよく戦いました2022年01月12日
  34. 第28話 獅子だよね…どこから見ても立派なライオンちゃん2022年01月14日
  35. 第29話 〝ミシマ〟の『家』の〝恥じ〟だ‼2022年01月16日
  36. 第30話 〝何か不思議なもの〟でも見たかのような2022年01月18日
  37. 第31話 これが〝ミシマ〟の三男坊か……2022年01月20日
  38. 第32話 素敵なお召し物ですね2022年01月22日

登場人物

登場人物が未設定です

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

皇女と候補生と航宙軍艦 カシハラ号

もってぃ  motty088

執筆状況
連載中
エピソード
36話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
海洋冒険小説風, 戦争スペースオペラ, 青春群像劇
総文字数
167,065文字
公開日
2021年11月13日 12:52
最終更新日
2022年01月22日 00:00
ファンレター数
0