幻想の白鯨

作者 しらき

海と共に生きる国イサナで生まれ育った少女有河ミサキは両親の他界により親戚が住む”理研特区”と呼ばれる地へと引っ越すことに。早く新しい生活に慣れようとするミサキだったがイサナの隣国であるにも関わらず理研特区では海や自然を愛することがタブー視されていることに気付く。それは文化の違いと言うにはあまりにも極端で、人為的であるようにも思えるものであった。

『千年放浪記』派生作品。一部『海の聲~WWX』『深海のトキソプラズマ』『蝶、燃ゆ』『青朽葉の亡霊』に登場した内容が含まれます。

登場人物

有河ミサキ(アルガ-)

両親の他界により理研特区化学研究科の親戚に引き取られ転校してきた少女。真面目で行動的、正義感の強い人物。編入試験で満点を取るほど優秀だが理研特区の常識には疎く、彼らが魔法と海を頑なに避けていることに疑問を抱いている。

金ヶ崎桃花(カネガサキ モモカ)

一文路本家が滅亡したことで理研特区の覇権を手にした金ヶ崎財閥の令嬢。社交的で華がある。転校生である有河にも友好的で、彼女に学校を案内したり、理研特区の歴史や常識を教えたりする。

名取ほむら(ナトリ-)

お団子頭が特徴の元気で愛らしい小動物のような少女。勉強が苦手で仮進級状態のため成績優秀な有河に助けを求める。フレンドリーだが落ちこぼれゆえ友達が少ない。

狩生来夢(カリウ ラム)

有河たちより1学年上のダウナー系少女。出席日数不足で留年している。理研特区近海で秘密裏に進められている計画について調べている。

ファンレター

ファンレターはありません

小説情報

幻想の白鯨

しらき  hakujo1000

執筆状況
連載中
エピソード
12話
種類
一般小説
ジャンル
SF
タグ
他作品とのリンクあり, シリアス, 海, 近未来, 女子校
総文字数
19,914文字
公開日
2022年06月02日 15:17
最終更新日
2022年11月21日 14:59
ファンレター数
0